加古川市でもエンディングノートが

今日から19日までの日程で令和

第1回定例会が始まりました。

 

東神吉こども園新築工事請負変更

契約締結の専決処分の承認に対し、

厳しい意見が出されました。

 

1週間ほど前の神戸新聞にも掲載

されましたが、こども園の工事が

大幅に遅れているものです。

 

議案質疑後は一般質問。

私は午後一番、休憩時間に撮った

質問席です。

 

 

3つの質問の内、一番こだわったのが

「生活困窮者自立支援について」で、

市の相談に対する姿勢を問いました。

 

市役所の中でも、生活困窮の窓口に

来るには相当の覚悟だと思われます。

 

やっとの思いで相談に来られた方に

寄り添った支援が出来ているのかを

問いました。

 

市の対応が、相談者が制度に合うか

合わないか、給付できるかできないか、

という視点が中心になっているように

見えるからです。

 

高齢者にはケアマネジャー、障がいの

ある人には相談支援専門員がいるように、

生活困窮の方に対してもケアマネジャーの

ようなコーディネーターが必要です。

 

支援で重要なことは、本人の意思、意欲を

引き出すこと、その気にさせることです。

制度に当てはめる前に、本人と一緒に悩み、

考えることが大切です。

 

再質問に対する部長の答弁は、相談しやすい

体制にしっかり取り組むとされました。

 

2つ目の質問「人生の終末期の備えについて」は

”もしも”のときのために、元気なうちに自分の

意思を明らかにする終活や、エンディング

サポート事業を提案しました。

 

高砂市が作成したエンディングノートも

紹介しました。これは企業の広告で

作成されています。

 

 

これについては、加古川市でも空家対策と

併せて同様のものを作成しているとの

答弁がありました。

 

配布先や配布方法についてはもう少し検討が

いるようですが、そう先ではなさそうです。

 

公共施設に置くというよりは、終活の啓発と

セットにするなど、有効に活用して頂きたいと

思います。

 

在宅医療・介護連携支援センターの今後の

取り組みとして、ACP(人生会議)の研修を

するとのことでしたので、対象者について

再質問しました。

 

ACPの研修の対象者は専門職ですが、市民に

対しては「安心できる地域ケアを考える会」と

市が共催で啓発劇に取り組んでいくとされました。

 

私たちの取り組みを議場で発言されたので、

そこで質問を留めました。


市政報告『万里の道も一歩から』第37号

市政報告『万里の道も一歩から』第37号が完成しました。

    
なお、こちらのサイトでは、PDFファイルで公開しています。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanimari/

 

※システム更新の都合上、URLを変更しています。

※更新が遅れており、誠に申し訳ございません。

web管理者


意思決定支援のポイントは

県民だよりの表紙は加古川の

靴下「IDATEN」でした!

 

 

加古川市の(株)ユニバルが、

足の速い神様「韋駄天」にあやかり、

昨秋に自社ブランド「IDATEN」を

立ち上げました。

 

このランニング用の靴下が評判となり

品切れ状態でしたが、量産体制を整えて

7月中旬から販売を再開するとのこと。

 

 

加古川在住で、北京五輪陸上5,000誕緝修

小林祐梨子さんが監修されたとのことでした。

 

加古川の靴下製造の歴史は古く、日本一の

生産を誇った時期もあります。

 

現在でも兵庫県は日本の三大靴下産地、

兵庫県内の靴下の半分を占めています。

千代治さんの靴下も有名ですね。

 

中部中学校の校長室に今日掛けられた

「中庸」の書。3月まで美術を指導されていた

先生の作品。書家としても活動されています。

 

 

こちらは校長先生の教育方針でしょうか。

「正しく かしこく たくましく」

「律する 考える 鍛え合う」と

ありました。

 

 

 

夜は中央市民病院で開催された

東播臨海地区認知症連絡会へ。

 

 

今日のテーマは、私が提案した

「認知症の人の意思決定支援」です。

 

認知症があって、意思決定が困難と思われる

場合であっても、実は「自分もはっきり

意思表示がしたい」という気持ちを持って

いることを、意思決定支援者が認識する

ことが大切です。

 

意思決定支援者とは、医療・介護・福祉の

専門職や成年後見人、自治体職員、家族、

地域の人など認知症の人に関わる周囲の人のこと。

 

支援の在り方としては、認知症の方が

意思を表明できるような環境と信頼関係を

作ることが重要です。

 

明日は一般質問。最も力を入れているのが

「生活困窮者支援」。支援の在り方として、

本人が相談しやすい環境や関係作りが大切で

あることを伝えたいと思っています。

 

明日6日の午後のトップバッターです。

見て下さると嬉しいです。


80歳以上運転、4人に1人

毎日のように高齢者の運転による

事故の報道が続いています。福岡市で

今夜発生した事故も80代の方の逆走に

よるものでした。

http://www.asahi.com/articles/ASM646G7JM64TIPE03B.html

 

神戸新聞夕刊には、「80歳以上運転

4人に1人」の記事がありました。

http://cdn.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201906/0012393908.shtml

 

6日から始まる議会の一般質問でも、

高齢者の運転による事故対策を

テーマにした議員が数名います。

 

加古川市でも都心部と北部では状況が

大きく違い、車がないと仕事や生活に

支障がある人がたくさんおられます。

 

免許返納も有効な対策ではありますが、

交通政策と共に、高齢者が安全に運転

出来るような施策も検討すべきでは

ないでしょうか。

 

広報かこがわが届きました。

 

 

会派で提案した奨学金返還支援制度、

今年度から社会福祉法人に拡充されます。

介護士さんや保育士さん、ぜひ申請して

下さいね。

 

 

こちらも要望を重ねてきたものです。

福祉タクシー利用券が1回あたり

1枚から3枚に拡充になります。

 

 

こちらは姫路の広報。

 

 

気になったのがこれです。在宅重度

身体障害者訪問診査。寝たきりなどの

理由で外出できない方に、整形外科医が

家庭へ訪問して診査する制度です。

 

 

もう一つは裏表紙。主なイベントと

休日夜間の救急診療の電話番号が

ありました。これがあると慌てなくて

いいですね。

 

 


早や1年経ちました

今日は下の孫の1歳の誕生日。

早や1年経ちました。当時のブログです。

http://blog.kitanimari.com/?day=20180603

 

去年は選挙直前だったこともあり、

娘や孫の世話ができず、婿さんの

親御さんに甘えっぱなしでした。

 

可愛らしい誕生日ディスプレイです。

 

 

誕生日会は、敷地内の婿さんの実家へ。

1歳の誕生日は一升餅を背負わせて

色んな職業を書いた紙を選ばせるのが

高砂流(?)です。

 

 

お食い初めよろしく、赤飯と鯛を

食べさせました。

 

 

ショベルカーの操作も上手くなりました。

 

 

娘の手作りのケーキ、スポンジは

米粉、クリームは1歳でも食べられる

安全なものらしいです。

 

 

こっちはまだ食べられません。

 

 

眠くなって機嫌が悪くなった孫を

囲んで集合写真です。

 

 


「介助」と「介護」の使い分け

午後から社会福祉士会東播ブロックの

総会へ。記念講演は昨年1月に北播磨で

設立された「オールフリーの会」代表の

藤本あさみさんです。

 

 

小野市生まれ、健康優良児でしたが、

小6の時に進行性筋ジストロフィーの

診断が確定、徐々に進行していきました。

 

現在45歳、車いすの操作はできますが、

移乗をはじめ、日常動作のほとんどに

介助が必要です。

 

重度障害のある人に必要な「重度訪問介護」

サービスが充実していれば、一人での地域

生活は可能ですが、自治体によって大きな

格差があります。

 

各自治体の障害福祉計画をみると、小野市の

重度訪問介護は、1人あたり平均40時間ですが、

西宮市は336時間となっています。

 

その地域でパイオニア的な地域生活者が

現れると社会資源が作られていくとして、

北播磨の福祉サービス活性化に向けた活動を

始められたのです。

 

印象的だったのが「介助」と「介護」の

使い分けです。

 

「介護」には、庇護の対象というニュアンスが

付きまとい、障害者の主体性が奪われるという

意味合いから、障害分野では意識的に「介助」を

使うのだそうです。


聖火リレー、加古川にも

今日は地域の小学校の運動会。

スローガンは、「気持ちで勝つんだ 

限界こえて 勝利をつかめ」です。

 

 

開会式前の入場行進が好きです。

こどもたちの生き生きしたエネルギーが

伝わって来るようです。

 

 

幼稚園と5年生の演技、ユニットの

活動が活きています。

 

 

南小ソーラン、力強かったです。

 

 

午前中の最後は5,6年生の組体操。

広い運動場を十分活用した素晴らしい

演技でした。

 

 

神戸新聞夕刊で知った聖火リレーの

ルート。兵庫県内は14市を通ります。

http://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201906/0012385654.shtml

 

加古川市へは24日、鶴林寺を巡って

最終地点の姫路三の丸広場で聖火の

到着を祝うイベントがあるようです。

今からワクワクします。


ばんたん親善運動会に

今日は陸上競技場で開催された

「第31回ばんたん親善運動会」へ

ボランティアとして参加しました。

 

 

兵庫県知的障害者施設協会播淡地区の

主催で、40施設から選手、スタッフ

合わせて848人が参加されました。

 

 

ケガのないように見守ったり、競技の

応援をするボランティアです。楽しくて

毎年参加させて頂いています。

 

 

大規模改修が終わった陸上競技場の

トイレはユニバーサルデザインになって

います。右の写真は、介助が必要な方の

おむつ交換や衣服の着脱のためのシートです。

 

 

陸上競技場の改修に合わせて、トイレも

ユニバーサルデザインにして頂くよう

お願いしていたので嬉しかったです。

 

夜のニュース、加古川の電子部品メーカーの

大真空が車の自動運転に対応した水晶発振器を

開発したとのこと。素晴らしいです。

http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201905/0012383784.shtml

 

 


空家を活用したシェアハウスが誕生

今日は一般質問の通告日。

令和第1回定例会の質問者は

19人です。通告した順です。

 

 

予備抽選後、本抽選。

私は6月6日、議会初日です。

 

議案質疑後に一般質問になるので、

午後のトップバッターではないかと

思います。

 

 

初日の議員ごとの質問要旨です。

http://www.city.kakogawa.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/137/ippansitumonR1-1day1.pdf

2日目、3日目にも高齢者の免許返納や

公共交通政策の質問がありました。

 

午後からはせいりょう園の運営推進

会議に出席しました。

 

 

ターミナル報告はいつも素晴らしいです。

今回102歳で亡くなった女性は、100歳の

時に芦屋の有料老人ホームからリバティに

来られたそうです。

 

芦屋の有料老人ホームは安全対策を

徹底しており、リスクを避けるため

100歳のこの女性の自由な行動を制限

するようなことがあったようです。

 

この方のご家族が、せいりょう園の

機関誌を読んで、園の方針に共感され、

転居を決意されたそうです。

 

女性は最期まで自分らしく、死を

迎える準備をされ、職員は枯れていく

瞬間を感じ取ったと報告されました。

 

せいりょう園は外出も自由で、日中は

玄関に鍵を掛けることはありません。

多くの施設で施錠をされていますが、

それは拘束に当たると考えられています。

 

そのため、所在不明になることもあります。

大抵は地域の方が気が付いて警察や施設に

連絡があり、数時間で見つかります。

 

今回は稲美町や明姫幹線まで行かれた方が

ありましたが、一人は、加古川市の見守り

サービスで発見できたということでした。

 

アルソックの見守りタグを靴の中に入れており、

所在不明になった時に、警察と家族に連絡して

捜索してもらったとのことでした。

 

せいりょう園では、このサービスを2人の方が

利用されています。ご家族はせいりょう園の

方針を理解され、リスクがあっても本人の意思を

尊重しながら、安全対策も取られています。

 

もう一つ驚いたのが、空き家を活用した

シェアハウス。住居確保要配慮者専用

賃貸住宅とありました。

 

国交省が進める住宅セーフティネット

制度に基づくものに当たると思います。

http://www.jutaku-s.com/news/id/0000026016

 

高齢者や障がい者、低所得者、ひとり親

世帯など、住宅確保が困難な方が対象の

グループハウスです。

 

 

リバティの前に障がい者就労支援事業所

「おむすび」が4月オープン、そこで働く

障害のある人が近々入居されるとのこと。

 

介護や支援が必要になれば、せいりょう園が

サポート。ヘルパーや訪問看護を利用して

最期まで暮らせます。

 

敷金、礼金、共益費なし、光熱水費は実費、

家賃は部屋の大きさで3万円から3万9千円。

このような取り組みが市内に広がれば

いいですね。


いじめ認知件数は2.3倍

午前中は6月議会の議案説明会と

議会運営委員会でした。

 

今日5月29日は「かつめしの日」。

もちろん昼食はかつめしです。

 

5月末で閉店するかつめしの老舗店

「一勝」に行きましたが、1時間待ちと

いうことで別のお店に行きました。

 

 

カツとエビのミックスかつめしは

ボリューム、味とも大満足でした。

 

午後からは一般質問の原稿の仕上げに

入りました。

 

夜は「いじめ防止対策評価委員会」へ。

 

 

平成30年度取り組み状況の評価検証と

2019年度版いじめ防止対策改善基本

計画について等で、20時まで熱心に

意見が交わされました。

 

早期発見・早期対応への取り組みの結果、

いじめの認知件数が平成29年度の290件から

平成30年度は676件と2.3倍に増えました。

 

これは、いじめに対する感度が上がったためで、

些細なことでも背景にいじめがあるのではと

感じ取ることが増えたことによります。

 

委員から、何によっていじめを把握するのか、

本人や周囲の人、あるいはアセスからなのか、

いじめの認知のプロセスについて質問が

ありました。

 

認知のプロセスの詳細の分析はしていませんが

教育相談の中で、教員が認知することが

増えたのではないかと答弁されました。

 

アセスの項目の中に「教師サポート」(?)と

いう項目で、教員の信頼度で「大変良い」

「良い」が小学校5年生で98%と、高い評価で

あるとされました。

 

委員からは、どんなに教員が頑張っても

一定数(6%程度)は、教員を批判する

児童・生徒がいるのが健康的なクラスで、

高すぎるのが良いとは言えないとされました。

 

高いのは高くつけないといけないという

状況にあるのではないか、批判する児童、

生徒に対しては担任でなく、他の教員で

対応する、「チーム学校」で補うことが

大切だとされました。

 

アセスのこの評価項目に対しては、会派でも

課題があるとしており、予算審議でも意見を

上げていました。

 

その他、スクールロイヤーが対応した

事例について質問があり、部活動の

トラブルであったと答弁されました。

内容の濃い評価委員会でした。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る