とうとうあの人も

一般質問の原稿を出し終えたので、

次は委員会視察報告書の作成、

明日までに仕上げます。

 

午後からはせいりょう園の運営推進

会議。地域代表として参加させて

頂いています。

 

 

18時からは加古川駅前で会派の

市政報告。本当に寒かったです。

 

 

19時からは安心地域劇の練習でした。

バラのアーチも素晴らしかったですが、

これもすごいです!1人で制作した

事務局の藤田さんに脱帽です。

 

 

今日は最後の練習、いつにもまして

気合が入ります。

 

 

欠席メンバーの代役に、とうとう

あの人が登場です。これまで頑なに

拒否していましたが、今日ばかりは

仕方ありません。右端の彼です。

 

 

とはいっても、彼は第1作目では

主人公の息子役、最後のシーンの

セリフが感動的でした。(笑)

 

いよいよ明後日です。皆さんの

参加をお待ちしています。

 


教育格差は「放課後」で生まれている

一般質問通告期限、提出順に

抽選で登壇順を決まます。

 

 

今回は18人が質問、私は7番目、

12月4日水曜日15時半頃でしょうか。

 

 

それぞれの質問要旨です。

http://www.city.kakogawa.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/137/ippanshitumonR1-4day1.pdf

http://www.city.kakogawa.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/137/ippanshitumonR1-4day2.pdf

http://www.city.kakogawa.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/137/ippanshitumonR1-4day3.pdf

1日目が7人、2日目が9人、

3日目は2人です。

 

私の質問と重なっているのが2人、

インフルエンザの予防接種助成の

質問をする議員が私の前なので、

答弁をしっかり聞きたいと思います。

 

コウノトリを活かしたまちづくりが2人、

幼児教育・保育の無償化に伴う3歳児の

提供体制について質問するのが2人です。

 

お昼は東播懇話会11月例会。講師は

「チャンス・フォー・チルドレン」の

(CFC)代表理事の今井悠介氏です。

 

 

神戸市生まれの33歳、関西学院大在学時に

NPO法人「ブレーンヒューマニティー」で

不登校児の学習支援等に携わり、東日本

大震災を機にCFCを設立されました。

 

すべてのこどもたちに”チャンス”がある

社会を目指しています。

 

経済的な困難を抱える子供たちに、

塾や習い事、体験活動等に利用できる

スタディクーポンを提供する支援です。

 

公教育は全国どこでも誰でも等しく

教育を受けられますが、自然体験や

文化、スポーツ等、多様な教育ニーズに

応えるのは学校外教育です。

 

「教育格差は『放課後』で生まれている」

という言葉に深く納得させられました。

 

困窮家庭に提供される無料の「学習支援」、

こどもらはスティグマ(貧困の烙印)を

押されたことに気付いてしまいます。

 

所得格差が教育格差を生み、スティグマから

意欲の低下、学力や進路への影響が生じます。

 

スタディクーポンは、学校教育に限定、

クーポンを使って地域にある塾や習い事に

行くことができます。スティグマも払拭できます。

https://cfc.or.jp/wp-content/uploads/2019/09/press_release_190829.pdf

 

「放課後の教育格差」を無くすこの取り組み、

草の根的な活動から始まり、個人や企業の

寄付金を原資に運営していますが、今後は

全国の自治体の政策に反映させる考えです。

 

大阪市、渋谷区、千葉市、佐賀県上峰町等が

既に導入されています。素晴らしいです。

http://www.alterna.co.jp/22813

https://cfc.or.jp/wp-content/uploads/2018/02/annnai_0214.pdf

http://studycoupon.hatenablog.com/entry/report190701

 

 

小雨の中、ライトアップされた紅葉を

観に行きました。

 

 


小児インフルエンザの予防接種は

今日はもっぱら一般質問の原稿作り。

小児インフルエンザの予防接種の質問は

その効果と助成について質します。

 

インフルエンザの年齢別発生数で最も

高いのが5~9歳、続いて10~14歳です。

 

最近のデータでは保育所での発生数が

増えています。11月現在は発生件数が

少ないので今年のお正月明けのデータです。

https://www.mhlw.go.jp/content/000469923.pdf

 

インフルエンザの流行は学童が集団生活

する学校園が増幅の場となり、家庭や

地域社会に広がっていきます。

 

逆に言えば、学校園での感染を防ぐことで

家庭や地域社会への感染拡大を防ぐことに

繋がります。

 

兵庫県内で小児に対するインフルエンザ予防

接種助成を行っているのが、多可町、丹波

篠山市、神戸市、赤穂市などです。

 

多可町と丹波篠山市は生後6カ月から中学校

3年生までで、多可町は1回千円、丹波篠山市は

1回目2,500円、2回目は千円です。

 

赤穂市は生後6カ月から、神戸市は1歳から

12歳まで2,000円を助成しています。

 

全国では受験生の中学校3年生や高校3年生に

助成を行っている自治体があります。

 

インフルエンザの予防接種の効果については

様々な情報がありますが、高齢者に対する

インフルエンザ予防接種は定期接種であり、

効果があると考えます。

 

私たち会派はせめて卒業式や受験に影響が

出ないように小6と中3に予防接種助成を

求めてきました。

 

予防接種を受けさせたくても、兄弟が多い

場合は費用負担が大きいため控える一方で、

受験生に予防接種を希望する家庭は多くあります。

 

毎年インフルエンザによる学級閉鎖、学年閉鎖が

話題になりますが、受験や卒業式に影響が出た

平成27年は、3月だけで小学校が47学級、中学校が

45学級、学年閉鎖8校、卒業式の2日前に学校閉鎖に

なった中学校がありました。

 

一般質問の通告書を出して控室を出ると

階段の踊り場に新しい生け花がありました。

花があるだけで華やぎます。

 

 

夜は安心できる地域ケアを考える会の

定例会。安心地域劇直前ということもあり、

今夜の参加者はこれまでで一番少なかったです。

 

 

 

 


安心地域劇まであと5日

今日は12月議会の議案説明会。

条例や補正予算などの概要説明が

ありました。

 

議会運営委員会の後は、一般質問の

原稿に向かいました。ようやく大項目の

タイトルが決まりました。

 

「ウェルネス都市加古川の実現について」と

「小児インフルエンザ予防接種助成について」の

2項目を予定しています。

 

7月に会派で静岡県藤沢市を視察、健康・予防

日本一に取り組んでおり、特定健診やがん検診の

受診率は全国トップレベルでした。

 

国は病気予防に積極的に取り組む自治体を

支援する交付金を大幅に拡充する一方で、

消極的な自治体への交付金を減らす考えを

示しています。

 

加古川市の特定健診やがん検診の受診率は

大変低く、がん検診については県から重点

市町として指定されています。3回も指定を

受けるのは加古川市のみです。

 

加古川市は平成12年にウェルネス都市宣言を

しており、福祉部だけでなく、様々な部が

連携して推進していく必要があると考えて

質問を作りました。

 

市役所近くの桜並木の紅葉、16時半過ぎの

風景です。

 

 

夜は安心地域劇の練習でした。大道具も

手作り、素敵なバラのアーチです。

 

 

本番まであと5日、司会の練習から

始まります。

 

 

左はカンファレンス、右は最後の

シーン、真に迫る演技でじーんと

きます。

 

 

11月30日はいい看取りの日。

ぜひ、ご覧下さいね。

 

 


かつめしは6位

市役所前で開催されていたのは、

若い夢フェスティバルFORZA2019。

野菜や果物を載せた軽トラ市もありました。

 

 

オープニングで教育長のご挨拶です。

いつもオシャレです。

 

 

会場で薬物乱用防止街頭キャンペーンを

実施、私は清流ライオンズクラブとして

出席しました。

 

 

その後はコミュニティカフェ「ノット」へ。

今日のメニューはおでんでした。

 

 

ノットのアイドル、今日は「魔女の宅急便」の

キキと同じスタイルです。

 

 

彼女の歌は、この本から選んでいます。

野口南小学校で1年生から6年間使うそうです。

 

 

最初のページは校歌、続いて季節の歌、

入学式、卒業式の歌、遠足・キャンプ等の

歌の他、英語の歌や、アイウエオ順に新旧

色々な歌が入っています。「涙そうそう」や

「スマイルアゲイン」もありました。

 

その後は久しぶりに母のところへ。

11月に入ってから咳や鼻づまりで体調が

万全でなかったので行けなかったのです。

 

久しぶりに会う母は穏やかでした。

西村先生の往診もありました。

 

 

今日の夕焼け、とても綺麗でした。

 

 

B-1グランプリの結果を待ちました。

かつめしは6位でした。優勝は

昨日最後に食べた「津ぎょうざ」。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201911/0012904937.shtml

 

味も美味しかったですが、応援の

パフォーマンスもインパクト大でした。


B-1グランプリin明石へ

明石城周辺で開催されたB-1

グランプリへ行ってきました。

 

お城のお堀に全国55団体の旗が

並んでいました。雲一つない青空、

ワクワクします。

 

 

会場入り口と西芝生広場です。

 

 

まず目指したのは、加古川かつめしの

ブースがある陸上競技場へ。踊っこの

メンバーも応援に来ていました。

 

 

この会場ではかつめしと岐阜県郡上市

明豊地域の「めいほう鶏ちゃん研究会」の

鶏ちゃんを頂きました。

 

次の会場では「名張牛汁協会」の牛汁、

「行田ゼリーフライ研究会」のゼリー

フライ、「瀬戸焼きそばアカデミー」の

瀬戸焼きそば。せともので作られた人形が

迎えてくれました。

 

 

ゼリーフライは、ゼリーではありません。

コロッケのようなものです。小判(銭)の

形から、もじって名付けられたようです。

 

次の会場に向かう途中、浜松市の

家康くんに出会いました。

 

 

浜松と言えば浜松餃子、長い行列でした。

 

 

こちらは「とくしま豆天玉連」の

応援に駆け付けた卑弥呼ちゃん?

 

 

こんなチラシを頂きました。

 

 

徳島と言えば阿波踊り、交代で

休みなく踊っておられるようです。

 

 

最後のブースでは、豊川のいなりずしと

津ぎょうざ。大きな餃子を揚げていて

ピロシキのような味で美味しかったです。

 

 

チケットは各会場で販売されており、

当日でも十分買えます。お城の公園が

広いので、子供連れでもゆっくり

楽しめます。ぜひお出かけ下さいね。

 

投票は「加古川かつめし」で

お願いします。(笑)


22日はショートケーキの日

神戸新聞東播版に大きく掲載された

安心地域劇の記事、嬉しいです。

 

 

無料、申し込みも不要ですので、

ぜひ来て下さいね。

 

今日は清流ライオンズの例会でした。

親睦会を兼ねて、サンドイッチとケーキを

食べながら、再来年3月の15周年の周年

事業について話し合いました。

 

 

会長の挨拶の中で、毎月22日が

「ショートケーキの日」ということを

紹介されました。

 

 

22日の1週間前は15日、カレンダーでは

22日の上の段に15日があります。15日は

「いちご」、いちごが22日の上に乗って

いることでショートケーキの日と決められた

そうです。今日の親睦会にピッタリでした。

 

今日は市民会館で加古川市小学校の

連合音楽会が開催されており、午後の

部から鑑賞させて頂きました。

 

 

各小学校の代表のクラスの合唱と

合奏だけあって聴き応えがありました。

 

夜は安心地域劇の決起集会。

本番まであとわずか。メンバーの

結束を固めました。(笑)

 


安心地域劇にも登場

県民だより12月号が届きました。

表紙は加古川パスタです。

 

 

2面には加古川パスタの説明がありました。

 

 

日本初のデュラム小麦と注目されています。

https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/4/14035.html

 

安心地域劇の後半で、主人公が

パスタを作る話をします。セリフは

「もちもちの加古川パスタ・・・」です。

 

今回の劇は、より加古川愛を感じて頂ける

セリフ(商品)が出てきます。初回から

「かつめし」、昨年から「鹿児のもち」、

今回は「加古川和牛」や「盛典」も出てきます。

 

主人公は転勤族でしたが、終の棲家に

選んだのは、ほどよく都会でほどよく

田舎、自然豊かな加古川。定年後に

庭付き古民家を改修して住んでいると

いう設定です。

 

そんなところにも注目しながら観て

下さいね。登場人物の名前も毎年

系統立てて考えています。

 

2年前はキャンディーズや田原俊彦など

アイドル、去年は、健さんやチエミ、

ひばりやあゆみなど、その前の世代の

俳優や歌手の名前でした。

 

今回はお笑い系、私は千里万里の

万里、本名で出ます。(笑)

市役所新館1階エレベーター前に

貼られた安心地域劇のポスターです。

 

 

街は冬支度、お店の前に飾られた

白のポインセチアが綺麗でした。

 

 


夕映えの

今朝は福祉環境常任委員会を傍聴する

予定でしたが、会派での話し合いが

長引き、10時の防災訓練の非常ベルで

ヘルメットを被って避難しました。

 

市役所前に避難者が参集します。

 

 

避難はしごや救助袋での自力避難と、

はしご車の救助訓練。

 

 

福祉部の所管事務調査は、4月から

始まった、妊娠を希望する女性と同居する

家族に助成する風疹予防接種や抗体検査の

現状についてでした。

 

広報かこがわ4,6月号や市HPで周知、

抗体検査は対象者にクーポンの送付、

全国平均より高いとは言え、15%の

状況であり、啓発を強化するとのこと。

http://www.city.kakogawa.lg.jp/fukushikenko/iryo_kenko/seijinyobousessyu/1553596698383.html

対象の方はお急ぎ下さいね。

 

市役所ロビーでは、農作物品評会。

優秀賞のサトイモ、見事です。

 

 

夕映えの紅葉とイチョウ、本当に

綺麗です。

 

 

今夕、土山駅でイルミネーション点灯式が

ありました。

 

 

 


虐待予防を兼ねた取り組みに

今朝の神戸新聞一面に明石市の

新たな取り組みが掲載されました。

来春から月1回0歳児におむつを

無償提供するものです。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201911/0012889129.shtml

 

宅配するドライバーは子育て経験の

ある女性で、親子の様子やサービスの

利用状況をチェック項目に沿って確認、

その情報から保健師を派遣したり、

相談窓口を紹介するとのこと。

 

虐待で亡くなったこどものうち約65%が

0歳児、産後うつなど、孤立感を深めた

実母による虐待が多い中で、このような

支援は大切だと思います。

 

今日は総務教育常任委員会、教育委員会から

3つの報告がありました。

 

夏季休業日の変更方針については、

学習指導要領の改訂で平成29年頃から

授業時間の確保に苦慮していたことから、

来年から夏休みを短縮します。

 

来年は7月25日から夏休みになります。

1学期を長くする理由は、年度当初は、

学年、学級開きに時間がかかるので、

ゆとりができるとのことでした。

 

兵庫教育大学との連携教育については、

県内19市町が既に連携しており、

体系的、専門的な研修を通して、教育力の

向上を目指すとのこと。

 

市内中学校教員の体罰に係る県教委の

処分は2名、内1名は5年前に市が訓告

処分した教員であり、再発防止策について

質疑がありました。

 

企画部からは報告5件。市制70周年記念

事業実行委員会の設立や、ツバルとの

オリパラ基本推進調査の実施などでした。

 

ツバルとのオリパラ基本推進調査は、

内閣官房東京オリパラ推進本部事務局に

よって実施されるもので、市の負担は

ありません。

 

地球温暖化や気候変動など地球規模の

環境課題に直面するツバルの状況を

視察研究するとのことで、市職員1名と

公募による学生等1名です。

http://www.city.kakogawa.lg.jp/soshikikarasagasu/kankyobu/kankyo_sesaku/seisaku/osirase/1573607763188.html

 

申し込みは12月2日まで、出発は

1月5日からか12日からの8日間、

あまり日がありません。HPから

どれだけの応募があるでしょうか。

 

委員会終了後にホームページで募集

するとのことでしたが、かこがわアプリの

市役所からのトピックスでは、19日の

0時0分と表示されていました。

 

 

ツバルにはそうそう行けるものでは

ありません。チャレンジしてくれる

若者の参加を期待したいです。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る