無意識、無自覚が差別に

民生協力員としての初めての

お手伝いは、老人会の誕生会と

ほのぼのサロンのコラボでした。

 

 

民生委員さんや協力員さんには

少年団で一緒に活動した仲間がいて

心強く感じました。

 

メインイベントのマジックショーの

前に、市政報告をさせて頂きました。

指定ごみ袋についても説明しました。

 

マジックショーは北公民館で活動されて

いる方々で、それぞれが見事でした。

 

 

その後は、みんなでお弁当やおやつを

頂いてゆっくり過ごしました。私の

席に、多くの方が相談やお話をしに

来て下さいました。有難いことです。

 

13時半から市民会館で開催されていた

「明日をひらく人権のつどい」に

参加しました。

 

講師は、大阪市立大学大学院教授で、

テレビでも大活躍の朴一(ぱくいる)さん。

「外国籍住民の人権について考える」でした。

 

 

日本に住む外国人の方は、20年前と

比較すると約2倍、263万人もおられます。

外国住民との共生のアプローチについて

話されました。

 

外国人受け入れの賛成論は、労働力。

超高齢化で介護士や看護師、五輪や

震災復興で建設業界が不足しており、

外国人の労働力が求められています。

 

反対論は、犯罪が増えるのではないか、

雇用を奪われるのではないか、賃金水準が

下がるのではないか、伝統や文化が失われる

のではないか、といった意見があるそうです。

 

反対論の意見から、日本には外国人を

受け入れるインフラが不足していると

感じるとのこと。

 

朴氏が受けた差別の一つが入居拒否。

大学を卒業して就職先が決まっても、

韓国人を理由に入居を断られたそうです。

 

法務省の調査においても、入居差別を

受けたと答えた外国人は4割を占めます。

 

朴氏は、日本国籍を取るよう勧められたことに

屈辱を感じたことや、アナウンサーがカメラ

「写ルンです」のことをバカチョンカメラと

言ったことについても触れられました。

 

どちらも、無意識、無自覚に出た言葉だった

そうですが、日本人の眼差しが変わらないと

外国人を迎えられない、と伝えられました。

 

夕方からは尾上公民館へ。5~6年前から

公民館でイルミネーションをされています。

点灯式のつもりで出かけたら、大きな

イベントになっていて驚きました。

 

点灯直後、もう少し陽が沈まないと

よく見えませんが綺麗です。玄関の

菊が立派でした。

 

 

去年から世代間交流として取り組まれて

いるとのこと。ダンスや踊っ子の演技も

ありました。

 

 

陽が落ちました。本当に素敵です。

 

 

屋台もたくさん並びました。

こちらは竹で作ったランタン。

幻想的です。

 

 


地域の課題解決に向けて

昨日から地域のポスティング。

椿でしょうか、とても綺麗です。

 

 

こちらはまだ紅葉が綺麗です。

 

 

ポスティングをしていたら地域の方に

お出会いして、ついつい長話、昨日も

今日もお宅の前で話し込んでしまいました。

 

午後からは、市役所10階で開催された

「加古川『知』を結ぶプロジェクト」の

中間報告会を傍聴させて頂きました。

 

 

行政と甲南大学と神戸新聞による、

地域の課題解決プロジェクトです。

 

今回は市の政策企画課や危機管理課が

甲南大学のゼミや学生チームと連携し、

学生らの提案や研究に助言されています。

 

政策企画課シティプロモーション係との

連携は「ICTを活用した魅力発信システム」を

構築するものでした。

 

市のHPからイベント情報を自動収集、

地図サービスと連携し情報発信機能を

持たせます。LINEアプリとビーコン

端末を活用します。

 

施設情報を適切に提供するため、市民

ニーズに即したピンポイントな情報発信を

目指しています。

 

加古川市のTwitterのフォロワーの活動時間と

総務省の統計データで分析し、時間帯による

年齢層を把握、その年代に伝えたい内容を

発信するために実証実験をされています。

 

政策企画課政策推進係との連携では、

「どうすれば加古川市民はオリンピック

イベントに参加してくれるのか」。

 

危機管理課との連携では「防災教育」と

「郷土学習」を兼ねた防災交流事業で、

どちらも興味深い内容でした。

 

加古川市の地域課題の解決に若い人が

協力して下さることに感謝です。


Uターン促進施策は

今日は2人が登壇。会派の議員からは

「Uターン促進施策について」でした。

 

親の所得格差が、こどもの大学進学率に

大きな差を生み、親の所得が800万以上の

進学率が60%を超えるのに対し、400万

以下の進学率は27.8%と半分に満たない

という報告があります。

 

現在は全大学生の2.7人に1人が奨学金

受給者です。私の娘たちも奨学金を返済

しています。

 

今日の質問をした会派の議員が、以前に

要望した奨学金返還支援制度が平成30年度に

創設、今年度は現段階で54人が申請されており、

徐々に認知度が高まっています。

 

この制度のさらなる周知と、新たなUターン

施策について提案しました。条件付き給付型

奨学金制度とUターン者雇用助成制度でした。

 

 

お昼は市役所ロビーで開催された障がい者

施設製品フェアへ。お弁当とお味噌、大きな

大根を買いました。お昼休みは多くの職員さんが

来られていました。

 

 


9人が登壇しました

一般質問2日目、登壇したのは9人。

会派の議員からは、「コウノトリに対する

取り組み」と「幼児教育・保育の無償化に

伴う3歳児の提供体制」についてでした。

 

「コウノトリ〜」は、兵庫県が行っている

「ため池コウノトリプロジェクトとの連携」や

「コウノトリが住める環境整備」「コウノトリを

活かしたまちづくり」などを質問、明日も

他会派の議員が同様の質問をします。

 

ここのところ近隣2市2町にコウノトリの

飛来が確認されています。この機会を捉え

コウノトリを活かしたまちづくりを進めたいと

考える議員らが勉強会を重ねているようです。

 

「幼児教育〜」については、9月にも質問を

しており、3歳児の教育、1号認定の受け入れ

体制が整っているかの確認でした。

 

これについても、他の会派の議員も質問を

しており、公立幼稚園での3歳児の受け入れに

ついて検討する方向であると答弁されました。

 

「万里の道秋号」が完成しました。10~11月が

安心地域劇や視察研修、ツーデーマーチへの出店など

多忙を極めていたためかなり遅れての発行です。

 

 

明日から地域にポスティングをしようと思います。


1時間6分の攻防でした

今日の質問者は7人。私以外の質問は、

ドライブレコーダーによる防犯活動、

こどもの貧困対策、住居荒廃対策、

6次産業化の取り組み、公共下水道

事業等でした。

 

ドライブレコーダーを搭載した車は急増

しています。平成29年度は15.3%でしたが、

平成30年度では31.7%も設置されています。

 

ドライブレコーダーを「動く防犯カメラ」と

考え、運送会社やタクシー等に搭載されている

企業との連携を進めていくことで、安心・

安全に繋がることが期待できます。

 

質問席からの風景です。

 

 

小児インフルエンザの予防接種について、

その効果を確認しましたが、厚労省が

示す、重症化予防の目的が高く、発病

予防効果は他のワクチンより期待できない、

とされました。

 

私は市の見解を質したので、加古川市での

現在の予防接種状況とインフルエンザ発症

状況を確認する必要があるとしました。

 

感染情報や65歳以上の接種人数は、加古川

医師会でデータ収集をしていますが、全世代の

接種人数は把握していないとのこと。

 

医師会には、小児インフルエンザ予防接種助成を

求めていくため、医師会感染症部会において、

小児に対する予防接種件数の把握について

検討してもらいたいと求めています。

 

効果について答弁するには、予防接種件数と

インフルエンザに罹った場合の医療費を

明らかにすることが必要だとしました。

 

3週間ほど前の新聞、痛みがなく、感染予防

効果が高いと期待される国産ワクチンの承認

に向け、阪大が申請しました。

 

 

近い将来承認される見込みです。このワクチンの

接種助成ができるよう、今から準備を始めて欲しいと

しました。

https://www.sankeibiz.jp/econome/news/191126/ecb1911260500001-n1.htm

 

気が付けば質疑答弁合わせて66分、真剣に

向き合いました。


インフルエンザ予防接種を

今日から議会が始まりました。

補正予算、条例など議案説明後

質疑がありました。

 

明日は一般質問、質問内容は

「ウェルネス都市加古川の実現について」と

「小児インフルエンザ予防接種について」です。

 

ウェルネス都市宣言は平成12年6月、

年が明けた平成13年3月に加古川市

総合計画を策定、その計画にはまだ

「ウェルネス都市加古川」の文言は

ありませんでした。

 

平成23年に策定された総合計画から

「いつまでも住み続けたいウェルネス

都市加古川」とし、平成28年の後期

総合基本計画もそれを継承しています。

 

ウェルネス都市加古川を目指して様々な

取り組みを進めていますが、市民に十分

浸透していないのではないか、今後も

ウェルネス都市を進めるのかも確認したいと

思います。

 

小児インフルエンザ予防接種については、

その効果と助成についてです。質問するに

あたり、今日予防接種を受けてきました。

 

 

1歳の孫は高砂市で接種。1回4,500円も

掛ったとのこと。2回必要なので、経済的に

厳しいと話していました。

 

保育所での集団生活では感染しやすく、

罹ってしまうと自分の仕事にも影響が

出るため予防接種は欠かせないのです。


英語力は学力とは別物

毎週月曜日は会派定例会。

明日から始まる議会で審議する

内容について話し合いました。

 

その後は各々が一般質問の準備。

提出したものの、再度確認が必要な

ことや、答弁を想定してさらに

質問を深めていきます。

 

16時半過ぎ、廊下にでてみると夕陽が

当たって各部屋が赤く染まっていました。

あまりに綺麗だったので撮りました。

 

 

2週間前の政経週報。文科大臣の失言で

英語民間試験の導入問題が「見送り」に

なったことから、東京大学名誉教授の

武田晴人氏が「誰のための英語力か」と

執筆されています。

 

 

民間試験の導入が不公平さに対する

認識不足だけでなく、大学入試で

「聞く力」「話す力」を試験することの

必然性が不明確だとしています。

 

大学で学ぶために必要な英語力を試験

するのであれば「話す・聞く」以上に

読む力が重要で、専門書や論文を読まずに

英語で議論はできないと。

 

英語力とは、コミュニケーションに関わる

スキルに過ぎず、試験の対象となる学力とは

別物で、スキルがあっても、考える力が

無ければ、表現する内容は意味をなすものに

ならないとされました。

 

スキルだけが優れた、考えることができない

人間を育てることが優先されるなら、この

国に未来はないと断じています。


早くもロスです

昨日の安心地域劇の記事が神戸新聞

東播版に大きく掲載されました。

 

 

頑張ったのは役者さんだけでは

ありません。場面ごとの音を探したり、

抜群のタイミングでの音出しを

してくれた音響さん。

 

小道具から大道具の制作、出し入れを

担当した道具さん、安定感のある

ナレーション、劇を盛り上げて下さった

バンドの皆さん、当日の進行管理や

受付をして下さった方々にも感謝です。

 

演技指導をして下さった劇団ここからの

田口さん、演出にこだわった座長、総合的な

運営管理や関係機関とのネットワークを広げた

事務局の藤田さんの頑張りは誰もが認めています。

 

そしてワーキングメンバー、テーマを

絞り込むのに1ヵ月、原作が出来上がって

シナリオ作成に3カ月、細部までこだわり、

10月後半になってもセリフの追加、修正を

重ねていました。

 

この劇は誰が欠けてもできませんでした。

みんなが力を合わせて作り上げました。

この過程がチームを作りました。

 

劇が終わってホッとした反面、週に

何度も顔を合わせた頼もしいメンバーと

会えなくなることに寂しさを感じます。

 

今朝は松風会の清掃からスタート、

寒い朝でした。気温は5℃でした。

 

 

今日初めて気付いたこのマンホールは

のじぎくの模様、兵庫県の設置です。

 

 

その後は孫のお守りのため姫路へ。

結婚記念日で夫婦でゆっくりランチや

雑貨店に行きたいからと頼まれたのです。

下の孫も合流して賑やかになりました。

 

 

2歳9カ月の孫、カタログ雑誌を

真剣に見ています。自分はこれ、

ばぁばはこれと選んでくれます。

 

 

夜は高砂市文化会館へ。そえんじさんの

10周年コンサート。1部はそえんじさんの

母校、高砂高校のジャズバンド部とのコラボ。

ジャズバンド、カッコよかったです。

 

 

後半はピアノやギター、ヴァイオリンとの

セッションでした。そえんじさんの音域の

広さ、声量、歌声にしびれました。

 

 

最後はまだ結婚指輪を渡していない

奥さんにサプライズで贈りました。

素敵なコンサートでした。

 

 


大盛況でした

今日は安心地域劇。9時に集合して

メイクや衣装をつけて10時から

リハーサルでした。

 

照明が当たると顔がぼやけるため

男性もお化粧します。

 

 

私が出演する2幕はデイサービスの

シーン、デイサービス仲間です。

 

 

劇は14時からでしたが、13時過ぎには

こんなに長い行列ができ、開場時間を

10分早めました。

 

 

フィナーレは会場の方も一緒に

歌いました。

 

 

当初は岡田市長が出演予定でしたが、

公務が重なり、叶いませんでした。

 

市長は劇の最後に挨拶され、そのセリフを

言って下さったのはサプライズでした。

 

お客様のお見送りでは、多くの方から

本当に良かったと声を掛けて頂きました。

目を赤くして出てこられる方もありました。

 

友人からも泣いてしまったというメッセージを

頂きました。心を動かせるような劇が出来て

本当に良かったです。

 

600人以上の方が来て下さったとのこと。

直接声を掛けていないのに、ブログを

見て来て下さった方々もありました。

本当に有難うございました。


いよいよです

今朝は本当に寒かったです。

気温を見ると3℃でした。

 

 

中学校の恩師で鶴林寺の元住職だった

幹栄盛先生からお電話を頂き鶴林寺に

向かいました。

 

先生は現在82歳、数年前は少しお体が

すぐれなかったことがありましたが、

今はすっかりお元気の様子でした。

 

先生は新たな目標に取り組まれています。

この鶴林寺の本の第5巻を発行するため

太子堂で赤外線写真を撮るところを

見ないかと声を掛けて下さったのです。

 

 

鶴林寺には国宝の太子堂があります。

平安時代の貴重な建造物で、その中に

描かれた壁画を赤外線撮影で発見されました。

 

 

その写真の一つがこの涅槃図です。

 

 

それを東京藝術大学の学生だった方が

復元模写され、現在は鶴林寺の宝物館に

展示されています。

 

 

そして今再び、赤外線撮影をされています。

本に掲載する論文も書かれているとのこと。

本当に素晴らしいことです。

 

 

先生のお住いの宝生院です。

「宝石は地から生まれ、徳は善から

現れ、智慧は静かな清心から生れる」と

ありました。イチョウが綺麗でした。

 

 

14時からは福祉会館で開催された

保護司会の犯罪予防部会研修会に

出席しました。

 

 

講師は加古川警察署刑事第2課長で

警部の中村定治氏、「特殊詐欺の

現状とその対策について」でした。

 

夕方から市民会館へ。明日の準備です。

道具を設置して、立ち位置を決め、

照明や音響のチェック、受付準備等です。

 

 

ホールにデイサービス等で作られた

作品の飾りつけも完了しました。

解散したのは22時前でした。

 

 

後はお客様を待つばかりです。

皆さまのお越しをお待ちしています。

14時から市民会館中ホールです。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る