孫の成長に驚きます

今日の神戸新聞、明石市の中核市

移行の全面広告に驚きました。

 

 

中核市になると、保健衛生・福祉・

教育分野を中心に約2,000の事務が

移譲されます。

 

あかし保健所、明石動物センターが

今月からオープンするようです。

神戸新聞ネクストの記事です。

http://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201804/0011124351.shtml

 

今朝は、松風会の月1回の清掃日。

朝はどんよりした天気でしたが、

雪柳が綺麗です。

 

 

その後は、写真を撮るためにスタジオへ。

年齢を隠せなくなり、写真を撮られるのは

嫌いですが、ライトをうまく当てて頂くと

ずいぶん違います。この写真は未修正です。(笑)

 

 

 

午後からは上の孫の誕生日パーティの

準備。誕生日は3日ですが、みんなが

集まりやすい日曜日にしました。

 

 

友人にオードブルを作って頂きました。

可愛らしくて美味しいお料理に脱帽です。

 

 

孫へのプレゼントは欲しがっていた

トランポリン。保育園ではいつも順番

待ちで思う存分跳べないようです。

 

 

今日だけでも軽く100回以上飛びました。

よく疲れないものだと感心します。

下の孫も興味津々です。

 

 

3歳にもなると誕生日パーティのことが

よくわかってきて、色々自分で段取りを

します。ケーキを置いたら、ろうそくを

点ける前に部屋の電気を消していました。

 

 

私の娘たちや妹からもたくさんの

プレゼントをもらってゴキゲンでした。


充実した一日

安心地域劇でご縁を頂いてから、

ファンになった劇団「ここから」の

小劇場「森の迷路」を観ました。

開始直前の写真、満員でした。

 

 

 

森林公園にある巨大迷路には、色々な

謎がありそうです。そこに登場する

人物も様々な問題を抱えています。

 

道に迷った時、立ち止まってみたり、

元に戻ったり、違う道を選んだり、

人生も同じです。あの時違う道を

選んでいたら・・・。

 

4月1日は11時と14時半の回があります。

物語にぐんぐん引き込まれます。

ぜひ、ご覧下さいね。協賛券は千円です。

 

夕方からは姫路へ。姫路駅から南へ徒歩5分の

ところに市営住宅の募集の案内がありました。

 

 

姫路の市営住宅は、定期募集と随時募集が

あります。定期募集は年4回、3月募集は

9日までとなっていたので、ここは随時募集

でしょうか。

 

加古川の市営住宅ももう少し募集回数を

増やして、空き住戸を作らないように

して頂きたいものです。

 

外堀川の城陽大橋周辺の桜並木、見事でした。

 

 

姫路城にも足を伸ばしてきました。

桜が似合うお城です。

 

 

加古川出身のそえんじさんのライブを

聴きに行きました。小学校時代は私の

家からすぐ近くにお住まいだったようです。

 

 

シンガーソングライターだけでなく、

講演活動もされています。最近では

幼稚園歌や企業の社歌も創られたそうです。

 

中・高校時代は高砂市に在住、毎年年末は高砂市

文化会館でコンサートを開催、高砂市の人権ソング

「誰もが誰かのたからもの」も歌われました。

 

 

その後は、娘たちと4人で妹のお店へ。

鶏料理のお店で、メニューにはデザートは

ありませんが、私たちのためにホットケーキを

焼いてくれました。充実の一日でした。

 

 


地域の拠点である公民館は

春は別れの季節です。今日で定年を

迎えられた皆さま、お疲れさまでした。

 

朝一番は議会控え室にいたので、

福祉部長時代からお世話になった

議会事務局長にはご挨拶できましたが、

その他のお世話になった方々に直接

ご挨拶できなくて申し訳なく思います。

 

午前中は、つうしんを持って市内を

回りました。つうしんは公民館にも

置かせてもらっていますが、担当者の方が

ほとんど代わられます。

 

公民館長を含めて3人とも変わるところも

あると聞き、大変驚いています。地域の

絆作りの拠点を目指すなら、地域との

信頼関係を作る時間が必要です。

 

道中の桜を撮りました。

左から、新神野、ニッケパークタウン、

市役所前のバス停付近です。

 

 

 

兵庫大学のエクステンション・カレッジ、

現在募集中の講座です。一番近いのが

来週6日の「こどものアレルギー最新知識」。

無料で参加できますので関心のある方はぜひどうぞ。

http://www.hyogo-dai.ac.jp/research/extension/lecture/index.html

 


本場イタリアの味を

連日の陽気で、一気に桜が満開になりました。

普通なら1週間掛かるそうですが、2,3日の

間にこんな状態です。

 

 

今日は清流ライオンズクラブの体験例会に

向けた予行演習、本場のイタリア料理を

作って試食しました。

 

イタリア料理を教えて下さるのは、

イタリア語講師やオリーブオイル

ソムリエの繁田モンディーニ陽子さん。

 

 

予行演習は、陽子さんのお店、

イタリアサローネで行いました。

 

 

体験例会は、かこむの調理室で行います。

イタリアのお話を聴きながら、料理して

食べるという企画です。

 

当日も使用する食材は、シチリア産の

カラスミや松の実、ピスタチオなどや

様々な種類のオリーブオイル、調理

方法もイタリア式でした。

 

 

出来上がった料理の数々、どれも

美味しかったですが、ブルスケッタと

カラスミのパスタが最高でした。

 

 

体験の参加費は1,000円程度で検討中、

美味しくて、楽しいこと間違いなしです。

ぜひ一度お越し下さいね。

 

イタリアサローネのすぐ東側にある

胴切れ地蔵に横の桜も満開でした。

 

 

地元に戻って、桜の名所教信寺へ。

ほぼ満開ですが、一番の見頃は明日か

明後日ではないでしょうか。

 

 

野口と言えば、オークラ桜も忘れては

いけません。大きすぎて全体を撮るには

かなり引かなければなりません。

 

 

帰宅して初めて気付きました。家の前に

設置されていた見守りカメラの下に、

設置エリアと表示されました。

いよいよ作動したようです。

 

 


5年ぶりの再会

昨日のアクセス数は久しぶりの

2,000超え!嬉しいです。

 

さて、今日もケアつうしんを持って

市内を回りました。春爛漫、一斉に

桜が開きました。桜の名所、日岡山公園は

昼間でも満車になっていました。

 

 

午後からは、はぐるま福祉会の臨時評議員会に

出席しました。補正予算、平成30年度事業計画と

予算の審議でした。

 

 

帰り道、山手中学校の桜を撮りました。

もうすぐ満開です。

入学式まで持ちそうになりませんね。

 

 

議会に戻ったら、踊り場にいつもの

あの人の手による生け花がありました。

いつまでも活けて下さって感謝です。

 

 

夜は、第21回障がい者海外派遣メンバーの

同窓会。15歳だった生徒が成人したのを

機に計画しました。

 

 

5年前の写真。総勢16人でしたが、

今日集まったのは半分の8人でした。

 

欠席の一人は、先週からアメリカの

ホープ大学に留学中です。海外派遣を

きっかけに、英語教師を目指して勉強中です。

 

今夜のメンバーもそれぞれ頑張っています。

京都で寮暮らしを始めたばかりのメンバーも

今夜のためにわざわざ来てくれました。

 

関西を中心に30店舗以上出店している美容院で

4月から働くとのこと。3年後には加古川店で

働きたいと話しました。

 

女子2人は、4月から新しい環境で働くとのこと。

今回参加できなかったメンバーも活躍されている

ことを信じています。

3年後の再会を約束して別れました。


汗ばむ一日でした

昨日に引き続いて汗ばむ陽気でした。

一日ケアつうしんを持って市内を

回りました。

 

気温は20℃を超え、窓を開けて運転を

していましたが、15時頃は思わず

エアコンを入れてしまいました。

 

西市民病院跡地に姿を現したのは、

フェニックス加古川記念病院、

4月5日の開院を待つばかりです。

 

 

加古川駅南、ベルデモールから南へ

繋がる道路には、自転車専用レーンが

設置されました。馴染みが薄いことや、

不安感から、歩道を走る自転車の方が多いです。

 

 

ベルデモールの桜は5分咲きでしょうか。

 

 

夜は、安心できる地域ケアを考える会の

定例会。久しぶりに参加された方もあり、

今夜の話し合いも深いものでした。

 

市における障害福祉サービスの課題や、

川崎市の有料老人ホーム転落死事件、

殺人罪に問われた元職員の死刑判決に

ついて話し合いました。

 

それ以外にも、副代表の杉山さんが

医療や介護に関わる様々な資料を

用意して下さり、多くの刺激を受けます。

 

 

会場のリバティは、お花もいっぱいです。

可愛いこの花の名前は何でしょう。

 

 


議会が終わりました

3月議会が終わりました。条例のうち、

「加古川市避難行動用支援者名簿情報の

提供に関する条例」について意見を付けました。

 

条例は、新たに「推定同意」が規定されましたが、

推定同意が増えると町内会等に新たな負担を求める

ことが懸念されます。

 

現在の避難行動要支援者制度は手上げ方式で、

支援を希望した人の情報を町内会等に提供し、

避難行動や支援方法等を本人と計画して(個別計画)

災害に備える地域住民の助け合いの制度ですが、

あまり進んでいません。

 

今回の条例で、同意をしない意思を明示しない人は

同意したものと推定され、その基本情報を町内会等に

提供されますが、かなりの数になると予想されます。

 

まずは、本人が同意をすること、同意をする上で、

本人らが個別計画を立てられるような支援が必要で

あるとして、その具体的な方法を提案しました。

 

 

予算では、会派が要望していた保育士確保や

産後ケア事業、奨学金支援事業の創設、

日岡駅舎の老朽化対策に向けた調査などを

高く評価しました。

 

庁内にこんなポスターが貼ってありました。

 

 

加古川出身の久保王将が、挑戦者を破って

タイトル防衛を果たしたことを讃えるものです。

素晴らしいですね。

 


淡路島生田村へ

今日はエコ炭銀行研修旅行で淡路島へ

向いました。毎年恒例で、年度末の

最終日曜日に実施しています。

 

最初にバスを降りたのは、淡路花さじき。

菜の花が綺麗です。NHKの連続テレビ小説

「あさが来た」の最終回のシーンは、

ちょうどこの時期に撮影されました。

 

 

今日の研修は、そばカフェ生田村での

取り組みを聴かせて頂きました。

 

 

生田村は、堺雅人さんの「パンドラ」や

満島ひかりさんの「夏の終わり」等の映画や

CMなどでも舞台になったところです。

 

生田村は、淡路氏の北端の3集落で構成、

世帯数は約140戸、人口は約400人、

高齢化率は約40%です。

 

3集落は元々、寺も宮も違い、交流もなく、

何をしてもまとまらない地域と言われて

いましたが、過疎化の進行で、地域活性化を

始めようと生田村地域活性協議会を結成。

 

平成19年から、国の補助事業を活用して

全世帯が参加して蕎麦の栽培を始めました。

 

最初は蕎麦を食べるのではなく、花を楽しむ

イベントを開催、人口の10倍以上の方が

参加する一大イベントに発展しました。

 

そして、平成23年廃園になった保育園を

改修して「生田村交流ひろば」が誕生、

コミュニティ発展の場になりました。

 

週2回のコミュニティカフェは、隣の

小学校のグランドを借りて楽しむ

グランドゴルフや100歳体操の後は

大勢の人で賑わっているそうです。

 

そして、そばカフェと、この取り組みを

きっかけに誕生したホタルカフェや古民家

カフェに約2万5千人の人が訪れるそうです。

 

ホタルカフェや古民家カフェの経営は

東京からの移住者です。

 

交流施設に太陽光パネルで、売電収入は

年間85万円、ホタルカフェの家賃収入、

蕎麦打ち体験やレストランなどの収入で

補助金に頼らない運営をされています。

 

 

帰り道、バスから夕陽を撮りました。

 

 


やれば出来るは魔法の合言葉

暖かい春の日差しの中で、エンゼル保育園の

卒園式が行われました。

 

 

理事長が語られたのは、昨日から始まった

高校野球の話題から、愛媛県の済美高校の

学園歌を紹介されました。

 

済美高校は元々女子高、共学になって、

新設された硬式野球部がたちまち甲子園に

初出場で優勝したことで一躍有名になりました。

 

『「やれば出来る」は魔法の合言葉』という

歌詞どおり、創部3年以内で甲子園優勝という

魔法のような実績を挙げました。

 

どんな子も「やれば出来る」と、信じて

育ててほしい、育ってほしいと言われました。

 

卒園式の後は、保護者の方にお茶のお点前を

披露します。作法の先生は、40年もの長きに

渡って、教えて下さっているそうです。

 

 

清流ライオンズでお世話になっている

土屋さんに手作りの可愛い袋を頂きました。

 

以前、お昼寝布団用バックを作って

頂いたのですが、その余り布で手提げ袋と

ミニリュックサックを作って下さいました。

シマウマのバックはおまけだそうです。

 

 

早速孫に届けてきました。

似合っているでしょう。

 

 


Let's take it someday(きっといつか、わかるときがくる)

午前中は清流ライオンズクラブの例会。

ゾーン・チェアパーソンや加古川、

加古川東ライオンズの方々の来訪が

ありました。

 

 

今日は選挙会例会、新年度の役員が

発表されました。新年度は大きく組織が

変わります。

 

 

メンバースピーチは、入会式の日に

突然倒れて救急搬送され、一時は生死を

さまよいましたが、無事復帰を果たした

メンバーです。

 

支えがないと立位を保てないので、

座ってスピーチされました。

そんな彼女が語るお話は深いです。

 

 

午後からは、約3カ月ぶりにケアつうしんを

持って市内を回りました。

 

コスモス園の桜です。よく咲いています。

 

 

庭には、沈丁花や椿も咲いていました。

春爛漫です。

 

 

東神吉町神吉に1週間ほど前に開設した

半日型リハビリデイサービス。

リハビリに特化しています。

 

 

午前・午後の二部制です。ここでは、

食事や入浴といったサービスはありません。

 

トレーニングマシーンがたくさん並べられ、

機能訓練指導員さんがそれぞれの状態に

合わせたリハビリを提供されるようです。

 

安心できる地域ケアを考える会の趣旨を

説明し、今後もつうしんを配らせて頂く

ことになりました。

 

オーナーから頂いた名刺の裏には

Let's take it someday

(きっといつか、わかるときがくる)

Let's make it someday

(きっといつか叶えてやるんだ)と

書いてありました。

 

素敵な言葉だったので、タイトルに

させて頂きました。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る