今どきの老人ホーム

前日のアクセス数はちょうど

500、キリのいい数字を見ると

なぜか嬉しくなります。

 

今週末から入居開始になる、介護付き

有料老人ホームを見学させて頂きました。

 

 

玄関では赤外線サーモグラフィで

検温、居室フロア入口は防犯や事故

防止の出入管理システムを設置。

 

こちらは1人部屋、緊急呼び出し

ナースコールシステムが設置されて

います。

 

 

特に見守りが必要な方のサービスで、

ベッドセンサーとスマホが連動、

事故を未然に防止することが可能になる

システムで、5機あるとのこと。

 

プライバシーを保護しながら見守り、

異常があればスマホが音で知らせます。

 

 

ドライブレコーダーのように自動的に

録画され、介護が必要な人だけでなく、

職員にとっても安心です。

 

こちらは2人部屋、夫婦だけでなく、

姉妹、親子でも入居可、どちらかが

介護認定を受けていることと65歳以上で

あることが条件です。

 

 

生活費は1人部屋で介護費や食費含めて

月額約20万円、2人部屋では約30万円です。

 

見晴らしの良い4階が食堂、今年は観る

ことができませんが、ここから花火が

見えるとのこと。

 

 

入居予定の方の中には、鉄道マニアの

方もおられ、窓から見える列車をずっと

眺めていたいと楽しみにされているとのこと。

 

1階はデイサービスや保健室、理美容室も

あります。右はお掃除ロボット、人の

動きに反応して停止するので安全です。

 

 

 

夜は孫の2歳の誕生日会へ。庭に

テーブルを並べてお祝いしました。

孫が気に入ったのは流しそうめん、

練習箸ですがうまく使います。

 

 

私からのプレゼントは上の孫にも

贈ったストライダーです。

 

 

ちょっと偉そうな態度です。

 

 

派手なシャツは、妹さんがベトナムで

買ってきたものを、おばあちゃんが

綺麗に仕立て直してくれたそうです。

孫から見ればひいおばあさんでです。

親子お揃いです。

 

 

ケーキはトイストーリー、孫が

大好きな映画です。

 

 

誕生日を祝うために、昨夜2人で

飾りつけをしたとのこと。孫は

恐竜も大好きです。

 

 

風船や恐竜を膨らませるだけでも

大変です。素晴らしい出来栄えです。


一般質問は6月10日

今日は一般質問通告期限、提出順から

質問順のくじを引きます。

 

 

今回の質問は12人、予備抽選を

経て、私は10番目、6月10日の

3番目、10時半〜11時頃からです。

 

 

今回の質問はほとんどがコロナ対策、

私と同様に避難所の質問をする議員が

他に2人おられます。

 

昼食は久しぶりにこのセット。

安定の味にホッとします。

 

 

加古川市版オンライン申請が1万件を

超えたとのこと。このうち6月4日に

9,001件が口座振込予定です。申請から

入金まで1週間という速さに驚きです。

https://www.facebook.com/citykakogawa/

 


コロナ禍の災害対策は

初めて登園する孫の写真が

送られてきました。

 

 

上の孫は入園式後に保育室に入った

途端に泣き出しましたが、下の孫は

あっさり保育室に入ったとのこと。

 

保育室では歌ったり、踊ったり

ノリノリで過ごしたそうですが、

帰り道はお腹が空いたと泣いたそうです。

新しい環境で頑張ったんだと思います。

 

明日は一般質問の通告期限。

今回は新型コロナウイルス禍での

災害対策を予定しています。

 

3密になりやすい避難所の感染防止対策、

避難所運営マニュアルの見直しや、更新

される防災マップの状況、避難勧告等の

情報伝達について確認します。


明日から6月

九州に続き、四国でも梅雨入りの

ニュース。早い梅雨入りです。

https://www.fnn.jp/articles/-/47699

 

5月も今日で終わり、あっという間に

月日が過ぎていきます。

 

今日は母の四十九日の法要と納骨でした。

朝から雨が降り続いていましたが、お墓に

いる間は雨が上がりました。守られていると

感じました。

 

 

孫が着ているのは幼稚園の制服、

明日からやっと登園します。

 

何はともあれ、今日で一区切り、

明日から気持ちを新たに歩みます。


1年以上ぶりに

広報かこがわ6月号が届きました。

 

 

新型コロナウイルス感染症対策の

支援事業が整理されています。

しっかり確認して下さいね。

 

裏表紙は加古川市の統計ですが、

お気付きになったでしょうか。

 

 

人口が前月比で342人増!

減がずっと続いていたので嬉しいです。

 

いつから減少しているのか、かこがわ

アプリのデジタル本棚で広報かこがわを

全て確認しました。

 

 

本棚にある一番古いのが平成31年3月号で、

先月まで人口はずっと減少していました。

なんと1年以上ぶりの人口増です。

 

地域ではビワが実を付けました。

 

 

アジサイも一斉に咲き始めました。

 

 

今日は26℃まで上がり、暑い一日でした。

 

 


6月議会では

今日は議員協議会、議会運営委員会

代表者会が開催されました。

6月議会の資料です。

 

 

補正予算では中学3年生のオンライン

学習が行えるような環境整備や、全ての

児童・生徒への1人1台の端末の整備等が

盛り込まれています。

 

6月議会は、緊急事態宣言が解除されたので

3密を保ちながらほぼ通常通り開催されます。

一般質問も予定しています。

 

市のHPで更新されたのは市民税等の減免。

新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し

市税等の納付が困難な方への対応です。

https://www.city.kakogawa.lg.jp/soshikikarasagasu/zeimubu/shiminzeika/oshirase/28251.html

 

昼食は今日で最後となるテイクアウト応援です。

 

 

5月29日は「かつめしの日」でしたが、

それを忘れていて違うお弁当を購入しました。

 

夜は母のお参りに従兄が来てくれました。

従兄と会うのは6年振り、母との思い出話に

花が咲きました。

 

 


高い評価の加古川市版オンライン申請

特別定額給付金の加古川市版

オンライン申請のご案内をFBや

ブログ、LINEで届けたところ、

簡単で5分でできたと嬉しいお返事を

多く頂きました。

 

テレビニュースで取り上げられたことも

あり、多くの方が関心を寄せられました。

ちょっと鼻が高いです。

 

今日は母の六逮夜。次の日曜日に

四十九日の仕上げをするため、

新しいお花を飾りました。

 

 

日曜日に納骨もするためみんなでお墓の

掃除へ。掃除を終えた18時前でも24℃、

暑かったです。

 

 

5月25日号の政経週報。表紙の

写真は軍手がピースをしています。

 

 

気になったコラムが『コロナ渦の棄民たち』。

特別定額給付金の対象にならない方のことです。

 

海外には日本人が約140万人在住、長期滞在者は

住民票を抜いている人が少なくありません。

 

基準日の令和2年4月27日に住民基本台帳に

記録されている人が対象なので、海外在留

法人は実質対象外です。

 

総務省はホームレスやネットカフェ難民も

「住民登録している市区町村で給付申請が

可能」としていますが、東京・山谷地域で

取材を重ねている記者は、この条件が実態に

即しているとは言い難いとしています。

 

住民票を持っていないから申請できない、

身分証明書もないから住民登録もできない、

そんな人が多く存在します。

 

政府の支援の網の目にも引っかからない

「棄民」とも言える現実があります。


全国初の

控室のデスクに配布されたのは

加古川市再犯防止推進計画。

 

 

パブリックコメントで意見をあげて

いたことや、保護司としても大いに

関心を持っています。しっかり進めて

いきます。

 

特別定額給付金の申請がスマホやPCで

できるようになりました。

「加古川市版オンライン申請」です。

YouTubeで申請手順を紹介しています。

https://www.city.kakogawa.lg.jp/soshikikarasagasu/kikakubu/seikatusien/28101.html

 

今日申請書類が一斉に郵送されましたが、

申請書に印字された照会番号、本人名義の

口座番号を入力して、本人確認書類と口座

確認書類の画像データを添付するだけです。

マイナンバーカードは不要です。

 

全国初の取り組みとしてNHKの

ニュースでも取り上げられました。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202005/0013375964.shtml

 

申請書に添付する書類のコピーや

郵便ポストへの投函の手間が省けます。

また、申請書のデータ化に要する処理時間が

短縮、振込までの期間が短縮されます。

 

給付金を口座に振り込むためには、

口座番号などの記入内容を管理システムに

データとして入力する必要があります。

 

申請書の総数は約11万件、データ入力作業に

2週間以上の期間が必要となりますが、皆さんが

「加古川版オンライン申請」を利用すると、

入力作業が軽減され、処理が早くなるのです。

 

マイナンバーカードからのオンライン

申請状況確認サイトも全国初でした。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200521/k10012439631000.html

 

この仕組みを作られた市職員の方に脱帽です。


独自支援続々と

神戸新聞東播版に掲載されたのは、

経済的な理由で就学援助を受けている

児童・生徒を対象に1人最大2万円を支給

するもので、加古川市独自の支援です。

http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/202005/0013370705.shtml

 

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、

臨時休校で家庭学習を実施したことにより、

様々な負担が生じ、殊に経済的に大きな負担が

生じている準要保護世帯などを対象にする考えです。

 

6月に学校から児童・生徒に配布される

就学援助の申請を提出すると、自動的に

この支援金が支給される事業です。

 

養護学校の児童・生徒に対しては、24時間の

介護が必要な方も多く、学校ではNSや教員が

いますが、家庭では負担が重く、児童デイ

サービス等の利用が増加したため、支援

しようとするものです。

 

6月議会にはこのように新たなコロナ関連の

支援策が補正予算で上がってきます。

 

昼食は加古川市内飲食店応援テイクアウト

販売を利用しました。

 

 

今日更新された災害時の備えです。

ご確認下さいね。

https://www.city.kakogawa.lg.jp/soshikikarasagasu/somubu/kikikanrisitsu/bosai/hinansho_hinanshien/28106.html


住まいは「尊厳」で「自由」

会派控室の書棚にあった本を手に

取りました。3年前の研修で購入した

本をもう一度読み直そうと思いました。

 

 

ブログのタイトルは、この本の著者、

稲葉剛氏の言葉で、住まいから始まる

支援、ハウジングファーストを

提唱されています。

 

住まいは社会保障の基本です。様々な

支援に繋げるには、「どこに住むのか」

「その住まいは適切か」が重要ですが、

それが軽視されることがあります。

 

「ハウジングプアという体験」には、

『死ぬかホームレスになるしかなかった』

『いつも無理して働いてきた』『この家に

いるよりホームレスになった方がまし』と

様々な問題に巻き込まれた人々がいます。

 

繰り返しますが、人に「問題」があるのでなく、

「問題」に巻き込まれた人々です。

 

新型コロナ感染拡大による影響で住まいを

失う人がいるかもしれません。

安心して暮らせる住まいを全ての人に

保障する施策が必要です。

 

帰宅すると加古川うまいもん応援クーポンが

ポストに入っていました。

 

 

6月1日からこちらのお店で金券として

使えます。登録店は随時追加されます。

http://kako-navi.jp/media/c331a9d7dde3aea4079e79c7a65f8302.pdf



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る