秋まつりと平和祈念式に

今日は地域の神社の秋まつり。

風が強いため、提灯を括り付けます。

 

 

小さな神社ですが、由緒は正しく、

長年地元の住民で守っています。

 

後継者不足は深刻で、継続していくには、

新しい住民の方にも入って頂けるように

しなければなりません。来年は当屋です。

 

 

午後からは加古川市平和祈念式に出席。

戦没者追悼式から姿を変えて2回目です。

休日に開催するのは初めてです。

 

 

各地で秋祭りがあったためか、来場者が

少ないように感じました。

 

祈念式に合わせて、公民館などで折り鶴を

折って頂いたのですが、昨年の倍の23万

6千羽も集まったそうです。

 

平和コンサートは、野口北小学校の合唱。

これが本当に素晴らしく、思わず涙が

こぼれそうになりました。こんな曲です。

 

http://www.bing.com/videos/search?q=%e3%81%93%e3%81%ae%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%ab+%e4%b8%ad%e5%b1%b1%e7%9c%9f%e7%90%86&view=detail&mid=301E1162AD980160EE47301E1162AD980160EE47&FORM=VIRE

 

一番の歌詞はこんな出だしです。

♪おじいさんはむかし飛行機に乗って戦いにでかけたよ

何の疑問ももてずに 時がかわっておじいさんは

帰ってきたけれど たくさんの友達がいのち落したよ・・・

 

ロビーには平和学習作品も展示されていました。

 

 

こどもたちに戦争の悲惨さと平和の大切さを

伝えていくことが大切です。

 


門真モデルとは

朝日新聞『折々のことば』、

「借りを返せば、恩が返せるわけじゃない」。

深い言葉です。受けた恩をどう返すのか、

この言葉を胸に刻みます。

 

 

控室では、もっぱら会派新聞、予算要望書等に

向き合っています。市長に対する予算要望は

今月29日。加古川らしさを盛り込んだ内容を

考えています。

 

文化センターでは、いなみ野学園の絵画作品展。

力作が並んでいます。見事な紅葉は講師の作品。

 

 

尊敬する女性の一人、稲垣さんの作品は

ピエロ。色使いや質感がいいですね。

 

 

昨日の朝日新聞の夕刊に「門真モデル」が

掲載されていました。市民参加型のこどもの

貧困対策です。

 

 

昨年10月から始まった「こどもの未来

応援ネットワーク事業」です。

 

元教員やスクールソーシャルワーカーらの

「応援チーム」を役所内に作って、児相や

生活保護の関係部署等と連携して対応されています。

 

特徴として、研修を受けた市民らが

「見守り役」としてボランティアで

参加していることです。千人以上の

方が登録されています。

 

参考にしたい取り組みです。

 


クオリティがすごいです

久しぶりに安心地域劇の練習でした。

1回休んだだけなのに、役者さんも

道具も既に来上がりつつあります。

 

 

後ろの祭壇、段ボールで作っています。

骨箱は本物と見紛うほどで、始まる前

テーブルに置いてあったのを見てドキッと

したほどです。クオリティが高いです。

 

遺影は江利チエミさん。今回の役者さんの

名前は、昭和のスターの名前をもじっています。

 

高倉健さんは高倉健二、石坂浩二さんは

石坂浩一という風な感じです。

 

高倉健二さんの奥さんということで、

チエミさんが遺影というわけです。

 

登場人物の名前で「クスッ」と笑って

頂けるようなパンフレットも作りますが、

まずはポスターが完成しました。

 

 

ポスターや骨箱を作ったのは、事務局の

藤田さん、素晴らしいですね。


運動会日和でした

私の母校、野口幼稚園の運動会に

行ってきました。

 

運動会のテーマ(?)は『忍者』。

プログラムもこのように巻物です。

 

 

のぐちのちびっこ忍者修行の巻の

演技、「印」を結び、忍術で動物に

変身するところです。

 

 

全園児のよっちょれ、躍動感がありました。

 

 

野口幼稚園では竹馬に取り組んでいます。

コツを覚えるとどんどん高くなります。

竹馬でジャンプしたり、後ろ向きに歩く

演技もありました。すごいです!

 

 

参観中に地域の方と色々な話ができます。

幼稚園のブロック塀が夏休み中に撤去された

ことを聞いたり、エアコン設置の質問を受けたり、

市政に関心を持って下さることは有難いことです。

 

夕焼けとうろこ雲が綺麗です。

 

 


街頭演説3回目

街頭演説、会派報告会の準備のため、

インターネット録画中継を改めて

見直しました。

http://www.kensakusystem.jp/kakogawa-vod/cgi-bin4/Result.exe?Code=mqisjiss7ji8y5qylj&dMode=0&KeyWord=&searchMode=1&keyMode=10&speaker=%96%D8%92J%81@%96%9C%97%A2&speaker1=%96%D8%92J%81@%96%9C%97%A2&kaiha=&x=33&y=19

 

私自身は、この8年間でずいぶん貫禄が

出てきたなぁと感じます。(見た目も)

 

市長の最初の答弁は、主には担当課と

調整されたものかもしれませんが、

再質問に対する答弁は、ご自身の言葉で

語られ、その声には力があります。

ぜひ、ご覧下さいね。

 

今日も行政視察がありました。ここのところ

「ICTを活用した見守りカメラ」の視察が

多いとのこと。安心・安全の取り組みの先進地として

関心を持って頂いているのは嬉しいことです。

 

 

18時からは加古川駅前で街頭演説。

3回目となります。通り過ぎる方に

対しては重要なキーワードだけを

伝えるような内容にしています。

 

 


26人目のノーベル賞!

午前中は娘の家で孫たちの子守り。

こども園の入園申し込み日でした。

上の孫、入園資格を頂いて一安心です。

 

 

13時から会派定例会。明日の街頭演説、

会派報告会、会派新聞、予算要望書を

同時並行で進めるため、気がつくと

17時になっていました。

 

夜のニュースで知ったノーベル賞受賞の

快挙!日本の受賞は26人目です。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6298658

 

がんの治療薬の開発に貢献されました。

「オプジーボ」という薬は、あまりにも

有名です。

 

 

姫路城がピンク色に染まりました。

10月1日はピンクリボンデー。乳がんの

正しい知識を広めたり、乳がん検診の

受診を勧めるものです。

 

 

日本では乳がん患者が増えています。

女性のがんのトップで、日本女性は

生涯で12人に1人は罹ると言われています。


万里の道を休まず歩む

台風24号の影響で、様々な行事が中止に

なりました。JRの予告運休や、店舗等の

早めの閉店など、安全を最優先する判断が

住民の意識にも浸透してきたように感じます。

 

気象状況を確認しながら、午前中は、地域へ

ポスティング。もうすぐ収穫時期を迎える

稲穂。台風の被害が出ないよう祈りました。

 

 

10月15日号のプレジデントは、ビジネス本

総選挙。読者1万人が投票した結果、1位は

松下幸之助氏の「道をひらく」でした。

 

2位は「君たちはどう生きるか」、3位が

稲盛和夫氏の「生き方」です。

 

「君たちは〜」は以前に読んでいたので、

1位と3位の本と、部門別「勉強・自己啓発」で

1位の「伝え方が9割」を購入しました。

(政務活動費は使っていません。)

 

 

「道をひらく」の初版は、1968年です。

最初のページは『道』、「自分には自分に

与えられた道がある・・・」と始まります。

 

最後は「それがたとえ遠い道のように思えても、

休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。

深い喜びも生まれてくる。」とありました。

 

私は「万里の道も一歩から」と歩みを進めています。

通じるものがあるような気がして嬉しくなりました。

 


見守りカメラ効果?

広報かこがわが届きました。

広報と一緒に市の関連する様々な

チラシが入ります。

 

その一つ、シルバー人材センターの

会員募集の中に、見守り親孝行代行

サービス事業が掲載されていました。

 

 

必要に応じて親御様のご様子を

お知らせいたします、とあります。

 

ゴミだしは、加古川市のふるさと

納税の「お礼品」対応とありました。

 

広報の一番最後のページの下の欄、

加古川市の統計が掲載されています。

 

 

人口減少も気になるところですが、

犯罪数がかなり減少しています。

 

平成30年累計で前年比、自転車盗難は

−126件と大幅減。昨年の8月末と比較

しての減少です。

 

念のため、HPで兵庫県下の犯罪認知件数を

確認、平成30年8月末、東播磨版です。

http://www.police.pref.hyogo.lg.jp/seikatu/gaitou/statis/data/touban.pdf

 

防犯カメラの設置等による検挙率の向上から、

全国的に犯罪認知件数は減少していますが、

明石市と比較してかなり減少していました。

 

明石市は前年の8月末より−233件、加古川市は

−382件です。広報には掲載されていない、

特殊詐欺と強制わいせつ等も入れての数字です。

 

早くも見守りカメラの効果でしょうか。


市民にとって真に必要な施策を

6日から始まった9月議会が終わりました。

請願審査は、エアコン設置を求める2件。

 

私たち会派はこれまで方向性が示された

施策に対する請願を審査することは

適切でない、としてきました。

 

そういう意味では、これまで通り2件とも

反対とするところですが、今夏の記録的猛暑と

熱中症による死亡事故から、よりスピードが

必要だとして、小中学校のエアコン設置に

ついては賛成しました。

 

もう一つの請願は幼稚園も含む全ての

教室に設置を求めるものでした。

 

人口減少社会、今後も児童数の減少が

予測されます。既に空き教室が増えている

学校があることや、使用頻度の低い特別

教室もあります。

 

また、幼稚園には園児全員が入ることが

できる遊戯室にエアコンが設置されており、

必要に応じて涼を取ることができます。

 

まずは、小中学校の全普通教室と音楽室等

使用頻度の高い特別教室に早急に設置し、

その後に他の教室に設置することが望ましいと

考えての判断です。

 

加えて、近隣市町の動向から、現在の

計画より早期開始に向けて鋭意努力を

求めました。

 

決算についても、将来世代に負担を

残さないよう、各事業を見直して

市民にとって真に必要な施策を確実に

実施してもらいたい、としました。

 

このような9月議会の報告を、10月2日

火曜日18時から加古川駅前で行います。

 

30分程度ですが、代表質問や一般質問、

決算の主だったものに絞って演説します。

 

また、10月28日日曜日は17時から

平荘町里公会堂で報告会を行います。

ぜひ、お越し下さいね。

 

 


死ぬのは1回きりだから

孫と姪のこどもの初の全員集合。

首が座って寝返りができるようになった

3カ月の孫を初めてバンボに座らせました。

 

 

姪の子の1歳の誕生日や私の妹たちの

誕生日会も兼ねてます。にぎやかで

幸せな時間でした。

 

14時からはせいりょう園の運営推進会議。

 

 

様々な報告がありますが、看取りの報告は

いつもジーンときます。その人らしさを

徹底的に支えている、と感じます。

 

お1人は、腹部大動脈りゅう破裂で突然の

別れでしたが、直前までお元気だったとのこと。

 

日常生活の延長に「死」があることを

感じたと言われた言葉が印象的でした。

 

資料に、読売新聞の「時代の証言者」が

ありました。最終回は、長谷川和夫氏。

長谷川式スケールを作った医師です。

 

長谷川氏は89歳、少し前に認知症と診断

されましたが、長生きすると認知症になり

やすくなるから、自分がなったのも不自然で

ない、と言われています。

 

一番の望みは、認知症の正しい知識を

持って頂くこと、何もわからないと

決めつけて置き去りにしないでほしいと。

 

最後に、とにかく大事なのは、今を生きること、

そして人間、死ぬのは1回きりだから、その1回を

何とか上手にやりたいと思っています、とありました。

 

素晴らしいターミナル報告を受けた後だったので、

「死ぬこと」は、そんなに怖くないと感じました。

死ぬのは1回きり、上手くやりたいです。

 

その後は、兵庫大学で開催された「日の出塾」。

 

 

講師は、神戸大学名誉教授、兵庫県立

こども病院名誉院長の中村肇氏です。

 

 

テーマは「赤ちゃんの脳を知り、あたたかい

心を育む」でした。

 

脳の発達の仕組みを知り、大脳辺縁系が発達する

乳幼児期が大切であることを伝えられました。

 

三歳児神話は日本だけではありません。中国は

「三歳看老」で、3歳の子を見れば大人になった

姿が見えるといいます。

 

英語圏では、「ゆりかごで学んだものは、

墓場まで持っていく」や、アラビア語圏は

「非常に幼い時に学んだことは石に刻まれた

ようなものだ」と、紹介されました。

 

育児の基本は眼交い(まなかい)、生まれた

ばかりの赤ちゃんでも優しい気持ちでみつめて

くれる人には視線を合わせるそうです。

 

今日は子育てから、死に方まで学べた1日でした。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る