可愛いお見送り

今日も午前中は、施設回りをしてきました。

伺う先々で、困っていることや要望を聞いてきました。
介護保険や障がい者施設の課題などです。

聞いたことはすぐメモし、裏付けを取ってから
福祉部に行って確認しています。

明日は福祉環境常任委員会です。
そこで質問できるよう、準備したいと思います。

私が出掛けるところを見送っている『こたろう』を撮ってもらいました。


地域医療を真剣に考える

午前中は、『安心地域ケアつうしん』を持って施設を訪問してきました。

泰生さん、県立医療センター、こすもす園さん、地域包括かこがわ北さん、
陵南公民館、氷丘公民館、ウイング居宅介護さん、オリーブの家さん、
つつじの家ひおか工房さんなどです。

県立医療センターでは、地域連携部の方に
HCUやICU、緩和病棟など(緩和ケア病棟でない部分)を案内して頂きました。
緊迫した医療体制でした。

上の階からヘリポートの写真を撮影したかったのですが、遠慮させて頂きました。


午後からは、
平成22年度 第3回地方独立行政法人加古川市民病院機構 評価委員会の傍聴に行ってきました。
議題は、『中期計画(案)』についてでした。

川村委員長をはじめ、5人の委員の方の討議内容は、根幹にかかわるものでした。

答弁される側も、神鋼加古川病院宇高院長をはじめ、
たくさんの方が丁寧に答えられていました。


主な内容としては、 
『医師や看護師の確保が最重要で、そのために教育支援が何よりも大切であること』、
そして、
『働きやすい、働きがいのある職場にすることを重点目標におく』と言われました。

教育支援としては、就学援助(奨学金制度)や教育支援センターの設置などを、

女性医師や看護師の確保のためには、24時間保育や病児保育などを、

地域医療機関との連携に対しては、具体像がわかるようにしていくことを、

市民に対しては、新病院が安心できる医療を提供していくことと、その広報に力をいれていくことを、

そして、両病院が役割分担しながらも、同じ科に対しては、統合・再編し
熱意を持って、新病院が日本に誇れるものになるよう努力する、と力強い発言をされました。

これからパブリックコメントなどの募集があると思いますので、
みなさんも一緒に、市民病院のあるべき姿などをしっかり考えて下さいね。

にわか大家族

午前中は、会派の予算要望でした。

市長、副市長、企画部長や総務部長の方々を前に、
新政会議員全員で来年度の予算要望をしてきました。

私は、主に福祉分野で声を上げました。
まずは、地域福祉の充実です。

9月議会の最終日に市長が『地域の絆作り』を付け加えられたことに着目し、
地域の助け合いのネットワークを作りたい、と意見を述べました。

平塚市が取り組んでいる『町内福祉村』のようなものを加古川市で実現するために、
モデル地区を決め、既存の地域のグループや元気な高齢者の方たちと協力して
地域で助け合いをしながら、絆を作っていくことに行政の支援がほしいと訴えました。

市長は関心を持って聞いて下さいました。

その他に私が上げたものとしては、

 ・高齢者専用住宅の支援
 ・障がい者の就労支援
 ・障がい者専用住宅の支援(ケアホーム)
 ・介護保険外の市単独事業のサービス (病院内介助など)
 ・地域医療のネットワークの充実
 ・救急電話相談(夜間急病センターの利用のトレアージ)
 ・障がい児の夏期支援
 ・野口南幼稚園の2年保育の早期実現    

などです。2時間があっというまでした。

午後からは
木曜日の常任委員会と金曜日の特別委員会に向けての打ち合わせです。

常任委員会については、今日資料を頂いたものがあり、
これから目を通さなければなりません。

『加古川市配偶者からの暴力対策基本計画』です。

配偶者からだけなのが気になります。
親子の暴力対策がありません。
高齢者虐待、児童虐待なども、これに含まれません。

常任委員会までにざっと目を通します。

明日は
午前は、『安心地域ケアつうしん』を持って施設を訪問し、
午後から市民病院の中期計画に向けた評価委員会を傍聴に行く予定です。

市民会館大会議室で14時から評価委員会がありますので、
関心のある方は来て下さいね。

今日は久しぶりに三木市に住んでいる長女が帰ってきました。
ウサギも一緒です。



うちの家にはやんちゃなフレンチブルドッグ『こたろう』がいます。
なんでもかじってしまうので、家があばら家になりつつあります。
これは私の椅子をかじっているところ。
もう怒るのをあきらめました(泣)。


その他、観賞魚のベタ、「よしこ」がいます。
うちは昔から動物と一緒に暮らしています。

今日は友人も交えて、久しぶりににぎやかな夕食でした。


小さい秋見つけた♪

今日もいいお天気。

加古川市民会館で、平成22年度『兵庫県母子・寡婦福祉大会』がありました。

私は、夫を二十一年前に亡くし、その後三人の娘を一人で育てて来ました。

無我夢中で育ててきたので、特別に苦労したとは思いませんでしたが、
振り返れば、本当に色んな事がありました。
特に、親をはじめ、色んな方に助けられました。

今日の大会では、お二人の方が体験発表をされました。
子どもを一人で育てていく覚悟を決めた時の思いに共感しました。

現在は、母子だけでなく父子家庭も増えています。

子どもが健やかに育つことが出来るよう、
さまざまな支援が必要だと感じました。

大会に参加したあと、ふらっと出かけてみると、紅葉をみつけました。


こっちは本物です。


もう、季節は秋ですね。                  


女は金 男は鉄

地域包括支援センターのぐち主催の
『介護者の集い』(於 陵南公民館)に参加しました。

今日の内容は、
おもいやり訪問看護ステーションの
理学療法士 川邊さんが講師で
『人にやさしいケアについて学びましょう』でした。

私が介護の世界に入った時も、『ボディメカニクス』といって
人の動きを利用して、安全に安楽に行う方法を習いましたが、
今日学んだものは、もっと進化していました!



福祉用具を上手く使い、力を使わない介護でした。
関心のある方はご連絡下さいね。

夜は、『みなの会』という
野口南小学校と中部中学校PTAのOBさんたちが中心になって、
このエリアの子どもたちの育成を支援しているグループの例会に参加しました。

このグループは、
地域の幼稚園、小学校などに出向いて、研修を企画・実践しています。

例会では勉強会を行い、今の親御さんたちにお伝えしたい事や
子どもたちの教育環境について考えています。

最近どこかで見聞きしたことですが、
実際には両親と子どもという家族構成なのに、状況は、母親と子どもだけか、
家族全員が子どものような家庭であると言われています。

実際、よく耳にする言葉にも、
ご主人の事を『大きな子どもに手がかかる』といいます。

親が、本来の親の役目に気づいていないのかもしれません。

また、今の教育の中では、『自分を大切にする』ことを教えますが、
他人を大切にすることを教える機会が少ないのかもしれません。

『人権』の定義には様々ありますが、
『人権教育』を自分の権利を主張することのみと、勘違いする人もあるように思います。
自由な発言は保障されなければなりませんが、それだけではいけないように感じます。

親には、親の役目があります。特に、父親が今の家庭で不在です。

『みなの会』の会長がこんな言葉を言われました。

『女は何もしなくても金のように輝いていますが、男は鉄です。
手入れをしないと錆びてしまいます。
鉄は、叩いて、焼いて、鍛えると刀になります』

日本の父親を取り戻したいですね。

失敗は美徳

今日の午前中は、加古川プラザホテルに行ったり、議会控室で過ごしました。

来週の常任委員会の準備にかからなくてはならないのですが、
少しも進んでいません。

なんだかんだしているうちにお昼になり、会派の人たちと昼食をとりに出ました。
今日は、カレー丼です。



午後からは、フル回転でした。

まず福祉部に行き、
身体障がい者のケアホーム建設の現況について聞きに行ってきました。

身体障がいがある場合は、居室を広くとる必要があり、大きな敷地がいります。
市街地には大きな土地がないのと、費用がかかります。

また、地域住民の理解も必要で、簡単には進みません。
近いうちに、都市計画部にも聞きに行こうと思います。

福祉部に行くと、話題に事欠きません。
地域医療の連携体制の整備や
無縁死の問題(加古川市でも増えています)などなど。

無縁死の場合は特に深刻です。
亡くなった人の家族に連絡が取れるまで安置しておくところが無いことや、
無縁仏を祀るところがないことなど、絆がなくなった現代ならではの問題です。

議会最終日には、樽本市長から今後の加古川市が目指すこととして、
『地域の絆を作る』ということを新たに付け加えられました。
絆の再生は、加古川市でも急務です。

その後は、あすなろ会(不登校を考える会)に参加しました。
参加者は、不登校の保護者の方やメンタルサポーター、教育センターの方々です。

最近不登校が始まって、心身ともに疲れていると言われた方に、
具体的な方法や、気持ちの持ちようなどをアドバイスされていました。

今日のタイトルは、その中から出てきたものです。
『失敗は美徳』
勝間和代さんの言葉だそうです。

引き続いて、教育センターと育成課、保護者の方たちとの懇談会でした。

懇談会は、新政会新人仲間の森田議員の協力のもと実現しました。

内容は、子どもが不登校になった時に、
具体的にどうしたらいいかわからなかったという質問に対する
加古川市としての取り組みと現状の報告でした。

教育センターに寄せられる相談は、昨年度が約2700件、
近隣の明石市では約800件であるとのことでした。

加古川市に問題が多いというよりは、
相談窓口が周知されている結果と考えられます。

教育センターは、
学校と保護者のコーディネーターをしていく存在であるということが理解できました。

参加された保護者の方から、
「懇談会を持てたことがすごくよかった」という声を頂きました。

おまけです。
1000万ドルの夜景です。
今日は晴れて、遠くの灯りまで見えました。


夢に日付を入れると目標になる

すっかり遅くなりました。
今夜は速読を勉強しに三宮まで行っていたので、
帰宅が10時になりました。
それから、軽い夜食を作って食べて(だから最近太り気味)
明日のおかずを作ってました。

さて、今日の一日の報告です。
今日は野口幼稚園の運動会。
子どもたちの一生懸命な姿を見ると、
この子らが健やかに育つようにと願わずにはおれません。



野口幼稚園の運動場は芝生です。
子どもたちは裸足で演技していました。
1対1の帽子取りは、真剣勝負です。
これは引き分けになりました。なかなか見応えがあります。


色んな演技の中で、子どもたち同士の助け合う姿を見ました。
そして、個性豊かでした。

このまままっすぐに成長させていくために、
まず、教育の現場が今どうなっているのかを知る必要があります。
明日、不登校の問題について、
教育指導部と不登校児の親の会の方たちと
懇談会をする予定です。

午後からは都市計画審議会でした。
16年度からの変更部分の説明を受けました。
内容には特に問題なく、審議会で承認されました。
加古川を大きく3つに分けた全体像と、
各町のそれぞれの特色を活かした都市計画を確認しました。

夕方、教育長のお話を聞く機会を頂けました。
その中で、これからの議員活動に大変役立つお話をして下さいました。

教育長は、年間200回以上もご挨拶をされるとのこと。
そして、その挨拶の記録を全てファイルされていました。
何でも記録に残すことが大切だと教えて下さいました。

それから、挨拶やスピーチのコツも伝授して頂きました。
スピーチの中に、数字、たとえ話、そして夢のある話で終わるという
三原則を守ればうまくいくとのことです。

今日の私の日記のタイトル
「夢に日付を入れると目標になる」という話はその一つです。
この続きは・・・

夢あるところに 目標あり
目標あるところに 計画あり
計画あるところに 実行あり
実行あるところに 成果あり  

この言葉を復唱して覚えようとしていましたら、
ファイルの中からすぐ引っ張り出してコピーをして下さいました。
本当に脱帽です。

他にも色々教えて頂きました。
また後日、ネタが尽きた時にお知らせします。
では、明日も頑張ってきます。

実りの秋

今日は、朝から『安心できる地域ケアを考える会』の会報誌を市内に持って回りました。

ハピネスさつまさんから始まって、鶴林園さん、ウェルネスパーク、市立少年自然の家、
つつじ園、さくら園さん、コープこうべさん、デイサービスこころさん、JAふぁ〜みんさん、
加古川西公民館などにご挨拶に伺いました。

ウェルネスパークでは、
以前お願いにいった障がい者の方の更衣室の件への対応として、
受付に表示をして下さっていました。関係各位に感謝します。




遅い目のお昼ご飯を宝殿駅の北側にある『雅食堂』というお店でいただきました。
こちらのお店は、議員になる前からお世話になっています。

いつもハンバーグ定食をいただくのですが、絶品です。
今日もおいしくいただきました。

その後、北西地域を目指しました。
グループホームくに林さん、おむすびさん、ゆうかり園さん、はぐるまの家さん、
はっぴいあかりさん、加古川北公民館、礒病院さん、立正学園さん、ライフガーデンさんなどに、
会報誌を持って行きながら、各施設から色々なお話を聞いてきました。

まだまだ知らない事がたくさんあります。

季節は、実りの秋です。


加古川げんき会

今日の午後は、加古川認知症家族の会でした(通称:加古川げんき会)。
副代表をさせてもらっているので、司会進行をしました。

今日のミニ講話は、バリデーションといって、
認知症の人との超コミュニケーション法というものでした。

その後は、いつものように3グループに分かれて話し合いです。
.哀襦璽廚話棒高齢者を介護しているグループ、
▲哀襦璽廚禄性高齢者を    〃
グループは若年性認知症を  〃

参加者それぞれが、介護の喜びや悩みなどを打ち明け、いい交流ができています。

4月から始まってようやく半年。最初は、暗い表情で来られた方が、
今日は輪の中心になって一生懸命話しておられる姿に感動しました。



その後は、
23日に市民会館で開催される『若年認知症、本人の思い、家族の思い』
の主催者『2市2町グループホーム協会』の打ち合わせに参加させてもらい、
『安心地域ケアつうしん』を宣伝してきました。

夕方は、運動不足で体重激増中の体を引き締めようと、
久しぶりに友人とウォーキング。

18時前だというのに、すっかり日が暮れた寺田池と兵庫大学を撮影しました。




今日は充電日

今日は、久しぶりに朝から何もない日。

最近は、休みなしで朝から晩まで走り回っているので、
何をして過ごそうかと考えてしまいました。

悩んだ結果、私の最大の趣味である温泉に決定!

どこに行くかも決めてなかったので、友人と合流してから、
日帰り温泉の本を見て、淡路島に行くことにしました。

ハイウェイオアシスで、明石海峡大橋を見ながら
コーヒーを飲むのは最高の気分でした。

ふと、傍にある観覧車を見ると、なんだか人じゃないのが乗っていました。はばタン?

 

いい気分で温泉に向かおうとしていたら、
友人がおいしい刺身を食べたい!と言いだしたので、淡路島を超えて徳島へ。

お魚料理で有名なび●び屋にいきました。
新鮮で安いので大人気。今日も大行列でした。
写真を撮るのを忘れて、はまちの刺身を食べちゃいました。




その後は、もちろん温泉です。
一つの施設なのに温泉の種類は二つ。潮崎温泉と筒井温泉があるんです。

お湯がとろーっつとしてて気持ちよかったです。
何度も温泉と水風呂に入って長時間過ごしました。

帰りに『道の駅うずしお』に立ち寄ると、
大鳴門橋からサンセットが見えました。



ほんとにリフレッシュした旅でした。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る