若者を支援する

今日は、PAK(フィリピンエンジェルキッズクラブ)の総会でした。
なぜ、フィリピンの支援なのかと思われるでしょうが、これもご縁です。
会員は145名ですが、総会の参加者は16人でした。


私たちが関わっているところは、シキホール島というところです。
自然豊かで、今はホタルがたくさん飛んでいるそうです。日本人夫妻がこの島でホテルを営んでいます。

シキホール島の学校には、トイレすらありません。PAKは昨年、一つの学校にトイレを作りました。
また、学用品やスポーツ用品などを寄贈しています。古着も持っていきます。
そして、来年度はいよいよ奨学生に対する助成を実施します。6人の高校生を選抜して、学費と生活費を支援します。


来週日曜からフィリピンに飛んで、市長や地元のロータリークラブのほか、
選ばれた奨学生や家族、推薦した高校の校長先生などにお会いして交流する予定でした。

ですが、東日本大震災が起こり、市議会議員という立場上、行くべきではない、という声が周囲で高まり、
今回は見送ることにしました。

夜は、明石で『ソーシャルワーカーが未来を語る会』の集まりがありました。
今回は、40歳位までの若手のメンバーの交流会でした。私はとうに年齢を過ぎているので非該当なのですが、
政治の世界にいるソーシャルワーカーとして参加してみてはというお声があり、お邪魔しました。
東播磨地域の若き社会福祉士(ソーシャルワーカー)が、40数名集まりました。


こだまでしょうか

今日は幼稚園の卒園式に行かせて頂きました。私が「ご卒園おめでとうございます」というと、
「ありがとう〜」と園児たちから返ってきました。嬉しかったです。
『思い出』の歌を力いっぱい歌ってくれました。子どもたちの一生懸命な姿を見るとじーんときます。


最近の私の好きなAC(公共広告機構)のコマーシャル、
『心は見えないけど、心づかいは見える、思いはみえないけれど、思いやりは誰にでも見える』というのと、

「遊ぼう」っていうと 「遊ぼう」っていう。
「馬鹿」っていうと 「馬鹿」っていう。
「もう遊ばない」っていうと 「遊ばない」っていう。
そうして、あとで さみしくなって、
「ごめんね」っていうと 「ごめんね」っていう。
こだまでしょうか、いいえ、誰でも。

金子みすゞさんの詩は、哀しみを含んでいるものが多いように思います。

子どもたちの姿を見て、今日感じたことです。



市民病院統合・再編調査特別委員会でした

本議会も終わりに近づき、今日は病院特別委員会でした。4月からは独立行政法人に移行するので、
条例や予算を審議しました。

今日はとても寒かったです。加古川でも雪が降りました。大地震の被災者の方の安否が気になります。


3月半ばを過ぎたというのにまだまだ寒い日が続いています。そんな中モクレンのつぼみを見つけました。


春よ来い、早く来い、ですね。


福祉環境常任委員会でした

今日は一日委員会でした。予算審議が主だったので、積極的に手を挙げ、質問しました。

障がい者の医療費助成制度では、病院などでの医療費助成はあるのですが、訪問看護の助成はありません。
何故できないのかを質問しましたが、納得できる回答は得られませんでした。

障害福祉施策の中に県事業として重複障害がある場合は助成制度があるのですが、身体障害だけでは
助成されません。どちらかの制度で助成できるように検討して頂きたいと要望しました。

また、高齢者のための生活支援ハウスのことや、増え続ける生活保護費の今後の見通しについて
質問しました。今日は20回以上は質問したと思います。予算書にたくさん書き込みしています。


23年度予算に対し、地域子育て創生事業や児童虐待防止対策の強化、環境面では、ゴミの再資源化を
進めるための取り組みなどを評価し、新政会を代表して、予算に賛成の態度表明をしました。

今日は本当にヘトヘトになりました。小さいですが、テーブルの上で桜が咲きました。


夜遅くにパフェ食べました

今日は条例審議でした。
明日は常任委員会で、予算審議です。議場で聞けなかった事を細かく聞きたいと思います。
そのために色々調べていて今日もほとんど控室で過ごしました。

夕方友人とウォーキングをしました。途中に環境部長と出会いました。『eco通勤』をされています。
先週紹介した、「ecoがわ宣言!」で自転車通勤をすることを目標にして、実践されています。
梅が満開でした。


夕食後に甘いものが欲しくなり、チョコレートパフェを食べました。せっかく歩いたのに台無しですね。


予算審議でした

今日は議場での予算審議です。最初は特別会計条例の一部改正する条例や、補正予算などの
委員会報告があり、その後予算審議がありました。

一般会計予算では、多くの議員が手を上げ、活発に質問しました。予算審議は初めてですので、
手を上げるタイミングがよくわからず、一度しか質問できなかったのが残念です。
委員会で詳しく確認していきます。午後から、福祉部や市民部に行ってわからないところを聞いてきました。

写真は9日の一般質問の時のもので、事務局から頂きました。最初の挨拶の場面だと思います。
写真は落ち着いているように見えますね。登壇の時に笑顔を見せるのは私だけかもしれません。


大震災の惨状がずっと伝え続けられています。何もできないことがもどかしいです。
明日からぐっと寒くなるそうです。まだ安否の確認できない人たちが心配です。


こたろうの面白い顔を撮りました。





今私たちができること

新聞やテレビで悲惨な状況が伝え続けられています。
津波に巻き込まれ、水中に沈み、がれきの中でもがき、握りしめていた娘の手が離れてしまったと
涙を流す母親の姿が映し出されていました。そんな姿や、町中ががれきの山になった有様を見ると、
胸が押しつぶされそうになります。

いろんな人からどんな支援をしたらよいのかとか、物資をどこに持っていったらよいのかと尋ねられます。
陸路が寸断され、空路や海路といっても一般国民が物資を直接届けることは現時点では難しいです。
何かしたいと思ってる人はたくさんいます。けれども、今は自衛隊や消防隊、医師などの専門チームによる
救命などが最優先だと思います。もう少し待ちましょう。今できるとしたら、被災者救援のための
募金でしょうか。

今日は私が所属する『加古川清流ライオンズクラブ』の5周年と『加古川中央ライオンズクラブ』の
30周年の合同記念式典がありました。写真は加古川市出身の講談師「旭堂南海」さんです。
加古川で生まれたとされる「ヤマトタケル」の講談でした。


今日の記念式典でも、『東日本大震災』の犠牲者の方のご冥福を祈って黙とうを捧げ、被災者救援に
協力いたしました。


根こそぎ破壊された街

このような大災害を誰が予想したでしょう。避難の間もなく、津波が襲い街ごと水没したところもありました。
原発も放射能を放出しているニュースも届いています。車で逃げているところに津波が襲いかかっている
映像に向かって「早く逃げて!」と叫んでも届きません。

こんな日には何も書くことはできません。私たちは今目の前にあることしかできないのです。
どんな支援が出来るか、どこが集約するのかさえわかりません。

こんな写真だけ撮りました。お地蔵さんが20体並んでいます。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。


大災害です

宮城県で国内最大の震度を記録し、ずっと大津波の映像が映し出されています。
今は福島第一原発で異常が発生したニュースが流れています。犠牲者の数が増え続けています。
こんなに恐ろしい映像は初めて見ました。ニュースから目が離せません。


今日は地域の中学校の卒業式でした。私の母校です。娘たちもこの学校を卒業しました。
卒業式をこんな前から見せて頂くのは初めてです。いい式でした。


生徒が卒業式歌を4曲も歌ってくれました。この学年は合唱コンクールで賞を取ったということで、
素晴らしい歌声でした。泣きながら歌っている子もたくさんいました。
校歌斉唱は私も歌いました。父兄代表で挨拶されたのは私の同級生でした。


最近ハードなスケジュールが続き、ひどい肩こりや足の疲れを感じていたので、友人が最近始めた、
『アーユルヴェーダ』のサロンに行ってきました。スリランカのオイルでマッサージをしてくれます。
オイルが体に浸透し、汗などと一緒に毒素が出るそうです。してもらっている間ずっと眠っていました。
オープンしたところなので無料体験です(笑)気持ちよかったです。


加古川の未来は明るい

午前中は昨日からの引き続きで一般質問でした。
中でも「男女共同参画」についてのテーマは、すごく深くて、色々考えさせられました。

「男女共同参画」という言葉が、女性の権利が侵害されているところから始まったような解釈があります。
本来は、互いの性を尊重するという事です。そう考えると「男らしさ」とか「女らしさ」というのは、大切に
したいと私は思います。最近はあまりそういう事を言わなくなったように感じます。

午後は来週の予算審議の勉強会でした。議場で聞くことと、委員会の中で確認する事と振り分けていきます。

18時からは、若手職員の自主研究グループの企画を聞かせて頂きました。8名の方たちが
『ecoがわ宣言!』と名付けて、加古川市をエコのまちにしたいと色んな企画をされています。
自分たちで、エコタウンである水俣市や北九州市に行って、研究されたそうです。


エコでまちを元気にしたい、という熱い思いを持っておられます。
エコは面倒だったり、やらされ感があったり、「CO2削減」といわれてもよくわからないというイメージがあります。
それを『簡単、おもしろい、お得』と、軽い気持ちで、楽しく、自分でできる活動に変えていきたいと考え、
PRのために『ゆるキャラ』や『ecoがわ音頭』を創られました。可愛らしいキャラです。


他の職員さんにも声かけて『ecoがわ宣言!』をしてもらって、それぞれが実行しています。
今日一緒に聞かせて頂いた議員仲間も早速宣言しました。明日から彼らの行動をチェックしましょう。


色んなアイディア満載でした。その内容だけでなく、若手職員たちが、部課を超えて加古川市を
よくしたいと研究されておられたことに感激です。加古川の未来は明るいです。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る