若い力と感激に

1時間遅れで開催された陵南中学校の

体育大会。昨夜降り続いた雨のため

今朝からグランド整備されたとのこと。

 

先生方のご尽力で見事に整備された

グランドで堂々とした入場行進です。

先頭の旗手は女生徒です。

 

 

開会式の最後は「若い力」を斉唱。

「♪若い力と 感激に 燃えよ若人

 胸を張れ 歓喜あふれる ユニフォーム

 (中略) 競え青春 強きもの♪」

いい歌ですね。

 

演技は全校体操からスタートです。

 

 

1年生の「背渡り上手」。このレースでは

トップになったクラスです。

 

 

2年生は「百足走業」、3年生は大縄跳びです。

 

 

地区対抗リレーは、応援の方々も力が

入りました。

 

 

無事に開催されてよかったです。

中部中学校は17日に延期になりました。


雨に濡れながらも

今日は福祉環境常任委員会を傍聴。

議会事務事業評価は、病児・病後児保育、

看護師配置事業でした。

 

現在利用できる病児保育は、加古川市に1か所と

高砂市の1か所のみです。子供の急病時に仕事が

休めない保護者にとっては心強い存在です。

 

加古川市の人口からすれば、もう1か所は

必要です。特に、こどもの多い南東部に

欲しいところです。

 

看護師配置事業は、現在3園で実施ですが、

園に対する補助金は150万円しかありません。

 

看護師配置を実施しているのは、県内では

2市のみ。市単独で先進的に取り組んできた

ところは評価できます。

 

国、県が1/3ずつの補助を受けることが

できるので、この事業もしっかり進めて

頂きたいです。

 

この事業は、全員拡充という結果でした。

予算に反映されるよう、議会から市に

意見書を提出する流れとなります。

 

 

今夜も「ねんぶったん」ですが、19時前から

雨が降り出しました。雨でも賑やかです。

 

 

雨足が強くなってきましたが、生歌での

盆踊りにはたくさんの人が参加しました。

私もこの後すぐに踊りの輪に入りました。

 

 

市内では、「ねんぶったん」が最後の盆踊り。

多くの方が名残を惜しむように雨に濡れるのを

ものともせずに踊られました。

 


長かった委員会

所属する総務教育常任委員会。

議会事務事業評価と決算審査です。

 

今日の神戸新聞にも掲載されましたが、

市の公開事業評価は終了しましたが、

議会事務事業評価は継続しています。

http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201809/0011633605.shtml

 

決算審査委の一環として行うもので、

次年度の予算への提言を行うことで、

予算と決算の審査に連動性を持たせます。

 

総務教育常任委員会は「提案推進事業」。

市職員の提案事業で、業務改善の促進、

職員の意識改革を図るためのツールです。

 

29年に寄せられた提案は55件、素晴らしい

提案がいくつもありましたが、表彰は

されても、政策に繋がることは少ないです。

もったいないことです。

 

この事業の目的が人材育成、モチベーションを

上げる、職場風土や組織力を高めることと

しており、私たちが求めるものと少し

ズレがあるようです。

 

委員間討議の時間が足りなく、採決の際に

混乱がみられました。議会事務事業評価は、

予算に着目します。「現行通り」が多い結果に

なりました。

 

決算審査が全て終わったのが17時、集中力を

保つのが大変でした。今日の日程表です。

 

 

夜は野口っ子の大事なおまつり、「ねんぶったん」。

雨が上がって盆踊りが始まりました。

もちろん、この後すぐに踊りの輪に入りました。

 

 

 


面白い質問でした

今日の一般質問は2つ、「事業を広げる話と

たたむ話など市民の『コスト意識』について」と

「持続可能な地域社会の構築を目指して」でした。

 

「事業を〜」は、新規事業(広げる話)を

説明する時は、事業を廃止する(たたむ)時と

同じように、「コスト」を市民が理解できるように

するべきである、といった内容でした。

 

公共施設が一斉に建築された時代と現在の

状況は大きく違います。超少子高齢化で

医療費など加古川市の社会保障費は35年前と

比較して6倍にも膨れ上がっています。

 

たたむ話とは、例えば、今後進める公共施設の

統廃合。コストの説明は必須です。

 

広げる話とは、今年度から開始した中3までの

医療費無料化、今後進める中学校給食、小・中

学校へのエアコン設置等があります。

 

広げる事業に関しても、係るコストを

しっかり伝えなければなりません。

 

周辺道路整備も含めた給食センター建設は

100億円、エアコン設置は33億円、一人当たりの

コストを市民の方が理解できるような説明が必要です。

 

もう1つの「持続可能な〜」は、ドイツで取り組みが

進んでいる加古川版シュタットベルケの提案でした。

地域エネルギー対策です。

 

シュタットベルケとは、地方自治体が出資する

インフラサービス企業のことを指します。

 

電力だけでなく、水道、ガス、熱、ゴミ処理、

通信、交通などさまざまなインフラサービスを

提供しています。

 

以前私も一般質問で、エネルギーの地産地消を

問うたことがありますが、こちらについても

まだまだ研究が必要な事業だと考えます。

どちらも興味深い内容でした。

 

庁内を歩いていると、こんなチラシに気づきました。

 

 

10月20日市民会館で開催される

島田妙子さんの講演会です。自身が

子供の時の虐待体験を元に講演されます。

 

私は残念ながら、同じ日程で福祉会館で

開催される障がい者啓発研修会に申し込んで

いたのです。講師は、東京都北区議会議員、

「筆談ホステス」の著者、斉藤りえ氏です。

 

 

どちらも素敵な女性です。

是非、ご参加くださいね。


2期目の貫録を感じました

昨日に引き続いて一般質問、今日は

9人が登壇しました。この席から

それぞれの質問に耳を傾けます。

 

 

私たちの会派からは、新人の大野議員と、

2期目の西村議員、松本裕之議員が質問。

 

大野議員は、加古川市の転出超過について

問いました。答弁では、転出される人のうち、

20〜30代が72%を占めているとされました。

 

その転出者に対し、この3月から5月にかけ

アンケートをとり、結婚、転勤、就職を機に

転出されていることが明らかになったとのこと。

 

こういった世代にターゲットをあてて

取り組むことが必要であること、Uターン、

Jターンに重点的に取り組むとされました。

 

西村議員は商工業の振興・発展に対して、

市街化調整区域の弊害や、教科用図書採択の

課題について問いました。

 

松本裕之議員は、災害時の対応に絞って質問。

特に災害情報トリアージは重要です。

 

災害時に寄せられる市民からの情報の優先度を

選別・整理・評価・伝達など、収集から一元管理

できる防災情報システム導入の可能性について

前向きな回答を頂きました。

 

西村議員、松本裕之議員は2期目の貫録を

感じさせる質問内容とやり取りでした。

 

議会棟を後をする時、いつものあの人の

生け花に気付きました。

 

 


代表質問、無事終わりました

今日は代表質問。今朝になってから、

原稿に少し手を入れたりしていて

バタバタしながら席につきました。

 

トップバッターです。この席から

質問するのは久しぶりです。

 

 

公共交通の拡充については、再質問で、

これまでの交通弱者対策だけでなく、

転出対策にも取り組むため、ゼロベースで

考え直す、と答弁を頂いたことは収穫でした。

 

夕方空を見上げると、うろこ雲。

秋の気配を感じます。

 

 

夜は安心地域劇、いよいよ立ち稽古が

始まりました。

 

 

座長と大道具担当のやり取りです。

今回は舞台展開をほとんどなくして

セットをしっかり作る予定です。

 

 

大道具担当は、建築関係のお仕事も

されていました。本格的な図面です。

 

 

シナリオもとりあえず完成、練習を重ねる

うちに少しずつ変化していきます。

12月1日14時から、予定を空けておいて下さいね。

 

 


重陽の節句にお食い初め

3番目の孫の100日のお祝い。

お食い初めでした。ちょっと

オシャレして準備万端です。

 

 

お食い初めは年長者にしてもらうのが

習わしです。孫にとっての曾祖母にして

頂き、その後は祖父にしてもらいました。

 

 

孫のお膳。鯛の尾頭付きの横に置かれたのは

蛸。この辺りの風習だそうですが、ネットで

調べると珍しいことでもないようです。

 

 

いいだこは頭に(飯)を持っているので

食べるのに困らないようにということの

ようです。

 

9月9日は重陽の節句。

節句の中でも最も重要だそうです。

いい日にいいお祝いが出来ました。


かつめしバーガー美味でした

加古川市役所前で開催されている

楽市。孫に乗せたかった重機です。

 

 

お天気ならば一緒に行こうと孫と

約束していたのですが、残念です。

 

雨の中でもステージ上では楽しい

マジック。面白かったです。

 

 

その後は、モスバーガー店へ。

今朝の神戸新聞にも掲載されました。

 

http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201809/0011617946.shtml

孫たちがみんな集合すると聞いたので、

これを差し入れにしました。

 

 

正式名は「デミグラス牛カツバーガー」。

食べ応え十分の牛カツ、かつめし味も

再現されていました。美味しかったです!

 

上の孫は3カ月の孫がとても可愛いようです。

絵本も読んであげています。

 

 

2番目、3番目の孫が同時に昼寝。

 

 

上の孫が退屈していたので、カッパを

着せて近くを散歩。自転車(?)に

乗れるようになりました。

 

 

昼寝から起きた孫たちと一緒に娘が

読み聞かせ。微笑ましいです。

 

 

 


委員会の後は街頭演説です

今日は各常任委員会。

所属する総務教育常任委員会では、

条例審査から始まりました。

 

今回改正される条例は、児童クラブの

利用料金などです。

 

児童クラブは、毎年施設整備を行い、

一人当たりの嵜堯∋抉膂、補助員を増やし

てきましたが利用料は平成21年から据え置き

でした。

 

施設整備は平成31年に完了予定のため、

この機に近隣市町並みに改定しようと

するものです。

 

1ヶ月7千円から8千円に変更しますが、

2人目は半額、15分前倒しでの預かりや、

19時までの延長利用等が盛り込まれています。

 

補正予算は、JR加古川駅地区まちづくり構想

策定支援業務委託料や地域とともにある

学校づくり推進事業などを質問しました。

 

所管事務調査では、東加古川公民館等複合施設・

東消防署整備事業のスケジュール等を確認しました。

 

加古川東市民病院は現在解体中ですが、

34年から公民館と子育てプラザの複合施設に

生まれ変わります。

 

生まれ変わる公民館が、コミュニティセンター

機能を持ち、赤ちゃんから高齢者まで安心して

利用できる複合施設になることを期待しています。

 

18時からはJR加古川駅南で街頭演説。

平日のこの時間は人通りが多く、色んな方が

声を掛けて下さいます。

 

 

恒例にしていく予定です。今日のテーマは

来週からの代表質問、一般質問について

その思いを語りました。ぜひ傍聴下さいね。

 

 

 


災害大国を痛感します

台風21号が過ぎたばかりなのに

北海道で震度7の地震が発生。

今年の夏は災害が立て続きます。

 

6月に大阪で発生した地震、7月は

平成最悪の西日本豪雨災害、記録的な

猛暑、台風20号、21号、直後の地震。

災害大国日本が加速しているように感じます。

 

今日から議会が始まりました。議場では、

決算や補正予算、条例の質疑がありました。

 

明日は各常任委員会。請願審査、条例、

補正予算の審議が行われます。

 

夜は、安心地域劇のワーキングで、

シナリオの最終手直し。いい感じに

仕上がってきました。

 

そして、ポスターの原案も出来上がりました。

今年の安心地域劇は12月1日土曜日、

14時から開演です。予定しておいて下さいね。

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る