舞台は気持ちいい!

午前中は、控室で調べ物をしたり、環境政策課にお邪魔して新エネルギープランについて聞いてきました。
新エネルギーとして太陽光発電を公民館や小中学校、JR加古川駅、東加古川駅前広場などで導入されて
います。学校などは主に環境教育の一環です。

その他バイオマスや木質燃料などについても聞いてきましたが、安定供給が難しい事やコストが高く、
導入は困難であるとのことでした。加古川市は新エネルギーというより、省エネルギ―を推進していきます。


今日から踊っこまつり前夜祭です。今日から3日間、踊り続けるため接骨院で入念に治療をしてもらいました。
少し不安でしたが、舞台に上がると足の事などすっかり忘れていました。「舞台は気持ちいい!」

今回の踊りは衣装に工夫を凝らしているのですが、途中衣装が乱れてしまい(踊りが激しすぎて?)
失敗しました。帰宅してから1時間かけて衣装の補修をして万全の準備を整えました。


初めての針治療

捻挫の痛みはほとんどないのですが、違和感があり、びっこをひくようにしか歩けませんでした。

朝一にいつもの接骨院に行ってきました。踊れるようにしてほしいと懇願し、針治療をすることにしました。
足首周辺はあまり脂肪がないためか、針を刺す痛みがありました。仰向けの状態で10本程で電気針でした。
うつ伏せになってからは普通の針を10本近く。辛かったけれどこれも踊るためです。

治療が終わってテーピングをすると普通に歩けるようになりました。感激です。
今日は踊ったらダメだと言われましたが、確認程度に踊りました。何とかなりそうです。

写真はチームメイトです。新しい鳴子が届いて喜んでいます。


明日の前夜祭は市役所前で19時少し前、3日は二ッケパークタウンで12時頃、市役所前で13時半頃、
東加古川駅前パレードが14時半頃、ロックタウンで16時頃踊ります。『綵花(さいか)』というチームです。
4日も踊ります。GWは13年前からずっと踊っこまつりと共にあります。

練習の帰り道、牡丹の大輪を見つけました。綺麗でしょう。


哲学に触れてみる

今日は安静に過ごす予定でしたが、隣保長の用事をしたり、『みなの会』の役員会に出ていました。

『みなの会』は9日に総会をして、今年度の事業などについて協議しましたが、それを具体的に進めるための
会議です。今年で10周年を迎えるので記念事業も考えなければなりません。

私はまだ入会して1年足らずなので、この会について十分理解していませんが、
『親が変われば子も変わる』という考えで、子どもを持つお母さんたちと一緒に話し合いをしています。

「今の親は」とか「今の若者は」といった発言はあまりしたくありませんが、今はみんながそれぞれの
役割や特性を見失っている気がしています。男性と女性、父親と母親、家族、地域の人たち・・・。
『みなの会』が、その見失っているものを取り戻すようなことができたらいいと思っています。

捻挫した足を休めるため、昼間でも横になっている時間を作りました。横になって新聞や本を読んでいると
いつのまにか眠ってしまいます。最近好んで読んでいるのが『金子みすゞ』さんの童謡集です。
『水と影』という好きな詩を紹介します。

お空のかげは、水のなかにいっぱい。
お空のふちに、木立ちもうつる、野ばらもうつる。

水はすなお、なんのかげもうつす。
水のかげは、木立ちのしげみにちらちら。

明るいかげよ、すずしいかげよ、ゆれてるかげよ。
水はつつましい、自分のかげは小さい。

金子みすゞさんの詩は声に出したり、深く読むといいです。哲学的だなと思います。
というわけで、今日は本屋に行き、『ニーチェの言葉』を買ってきました。



年寄りの冷や水と言われて

早起きしてウォーキング。久しぶりに晴れて風も爽快でした。八重桜が綺麗です。


空気も気持ちよくて、リフレッシュしていたんですが・・・・。

平坦な道で、左足をぐねってしまったのです。しばらくは痛みで動けませんでした。
足を固定して休日診療所へ向かいました。レントゲンの結果は、骨折もヒビもなく、捻挫とのこと。

『踊っこまつり』が直前に迫っているのに、何ということでしょう。とにかく、今日、明日は安静にして、
前夜祭の前日に練習ができるようテーピングしてもらいます。


先日練習帰りに中学校の同級生に会ったので、「踊っこまつり見に来てね」と宣伝したら、
「年寄りの冷や水ちゃうん。無理したらあかんよ」と言われたばかりでした(泣)

今夜はもう一回湿布を貼り換えて、お薬飲んで早めにベッドに入ります。


デイでのお泊まり

今日は一日議会控室で過ごしました。田園まちづくり制度のことや、ハザードマップについて各課に
質問に行きました。

今日で大震災から四十九日です。国は防災基本計画を改定することを決めました。
加古川市も国や県の動向を見ながら、ハザードマップの見直しをするとのことです。

一昨日の『安心できる地域ケアを考える会』で、『福祉避難所』のことを話し合いましたので、加古川市の
現状を確認しました。兵庫県内では14市町が未指定で、加古川市がその中に入っています。平成20年に
厚労省が福祉避難所に関するガイドラインが示されているので、設置をして頂きたいと申し入れしました。

今日は母がデイサービスで泊ります。制度化されてないので自費です。いつも一緒に過ごす方が
宿泊されるので、母も便乗させてもらいます。私も夕食を一緒にさせて頂きました。食後は母が洗い物を
します。調理も手伝います。認知症があっても声かけと見守りがあれば大抵のことはできます。

部屋の飾りは毎月作り直しておられ、今月はさくらが満開でした。綺麗でしょう。
職員さんとデイを利用される方との共同作業です。



レガッタ市長杯に向けて

午前中は本庁内で色々教えて頂きました。資産税課と、都市計画の開発指導課にお邪魔しました。
まだまだ知らない事が多いです。

午後は5月22日のレガッタ大会に向けての練習でした。あいにくの雨風で川での練習はできませんでしたが、
室内練習場で1時間練習しました。


私はコックス(舵を取ったり、号令を掛ける役割)ですが、漕ぎ手を理解するため、2回練習しました。
昨年の市町村交流ガッタ全国大会は加古川市で開催され、Aチームはベスト8まで行きました。

練習風景はまるで部活動のようです。会派を越えて練習するので、議員間の交流もできます。


寄り合いでハワイアン

今日は午後からの寄り合いの前に、野口まっぷ作成のために近くの『与楽』へ行ってきました。
豆腐や湯葉のお料理がメインです。囲炉裏端で食べる、出来たてのお豆腐は本当においしかったです。


寄り合いとは『地域包括支援センターのぐち』でしている茶話茶笑(さわさわ)というサロンです。
高齢者の方で、ちょっと寄ってみようかなと思った人は誰でも参加できます。ケアはついてないので、
自分で参加できる事だけが条件です。お茶代、保険代として参加費が1回200円です。市内外問いません。

今日はフラダンスの方が来られ、素敵な踊りを見せてもらった後、みんなも踊りました。
『月の夜は』という日本語の歌詞で、基本的なステップのものだったので楽しく踊れました。
♪月の夜は 浜に出て みんなで踊ろう 椰子の葉かげ〜♪ 気分はすっかりハワイアンでした。

その後はお茶を飲んだり頭の体操をしました。30人以上参加されていたと思います。
地域にしっかり根付いています。自立が条件ですが、ケアの必要な人でも介助者がいれば参加できます。

夜は『安心できる地域ケアを考える会』でした。新しい参加者が2人あり、こちらも広がりつつあります。
今日のケース検討は3つで、一つ目は「介護職による医療行為について」、二つ目は「誰もが安心して暮らせる
地域とは」、3つ目は「福祉避難所の必要性」でした。


後日『安心地域ケアつうしん』を発行しますが、参加してご意見くださると嬉しいです。
次回は5月24日火曜日19時〜21時です。


「まもる君」除幕式

朝は雷が鳴り雨が降っていましたが、「まもる君」除幕式にはいいお天気になりました。
「まもる君」とは、加古川駅前交番の前に新しく設置された、安全・安心のあんけんさん(安犬さん)です。

「安全と安心のまちづくり」をテーマに活動している『交番花くらぶ』が中心になっています。
加古川署管内20交番と1駐在所に設置した大型プランターに四季折々の花を植え、地域の方々と共に
お世話をして、親しみやすく話のしやすい交番になるようにしています。

今日は、加古川、高砂のゆるキャラや、幼稚園児も盛り上げてくれました。


『まもる君』と『交番花くらぶ』代表の竹内さん、顧問の竹位さん、友人で歌手の春川うららちゃんと写真撮影。


午後からは東播懇話会4月例会へ。政治評論家の浅川博忠氏の講演でした。
演題は「大震災で真価を問われる菅政権」でした。


政界の裏話なども交えて話されました。今の菅政権の欠陥として3つ挙げられました。
かなり厳しい意見でした。

一つ目は、党としての綱領をもっていないこと。外交、防衛、教育、福祉などの中長期的な
国家ビジョンを示す必要があるのに、短期的なマニフェストしか出せていないので(子ども手当、
高速無料化など)、国際社会に通用しない。

2つ目は与党の経験がないのに、政治主導を進め、役人を排除しているところに問題がある。役人は
長年の経験や実績があり、今回のような大震災にはそのキャリアのある人を使う必要があるのに、
学識経験者などに依存している。

3つ目として、自民党の末期で国民は民主党を選んだのに、鳩山氏、小澤氏は自民党よりけた違いの
政治と金の問題で信用失墜している。菅氏は、上昇志向が強く、ドライな人間関係を持ってきたので、
本当に信頼できる人がいなく、入ってくる情報が少ない中で判断をするところに問題がある。

等、菅政権の終わりが近いといった話をされました。

勉強会情報更新!4月26日(火)

詳細は、勉強会のお知らせページをご覧下さい。

明石市長選は大激戦でした

今日は統一地方選挙の投票日でした。近隣地域の動向が気になります。

お昼頃、加古川市の職員の自主研究グループが企画している『ecoがわさん』に、踊っこで活躍している
『ちびたん』を紹介しました。以前ブログで報告しましたが、ecoを楽しく広めようと若手職員が頑張ってます。

ゆるキャラや、『ecoがわ音頭』を作っています。『ecoがわ音頭』の振付けを『ちびたん』に
頼んでいたのです。『ちびたん』は名前の通り、1〜6歳くらいまでの子供とお母さんのチームです。
若手職員と同年齢なので、わかり合える部分が多かったようです。

夜遅くから投票結果を見守りました。明石市長選は二人とも新人です。宮野氏は、県庁での経験や実績が
あることや、組織が強固でした。泉氏は、元衆議院議員で弁護士、社会福祉士で、市民派を訴えました。

私は社会福祉士つながりであることや、市民派ということで陰ながら泉さんを応援していました。
23時15分頃、当確の第一報が入り、事務所前で鯛を持ってバンザイしているところを撮りました。


泉さんの第一声は「市民が勝った!これからみんなで一緒に考えていきましょう!」と言われました。
また、「戦いは今日で終わり。敵や味方じゃない、ノーサイド。共に明石を誇れるまちにしたい」と話されました。
これから生まれ育った二見にある事務所で報告をされるようです。おめでとうございます!



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る