善意ゆえに

今日は私の元職場である、加古川市社会福祉協議会に行ってきました。

兵庫県災害対策支援本部が救援物資として防寒着を募っています。

防寒着の受付は、三木総合防災公園陸上競技場ですが、
その窓口の一つとして、加古川市社会福祉協議会でも預かって下さっています。
明日の正午まで受付してくれます。


防寒着は、新品か新古品です。

募集時にそのようにお願いされていますが、クリーニングに出されたものや、
他の衣類などを持って来られる方が時々あるようです。
善意の品だけにお断りするのが非常に心苦しい中、お持ち帰りいただくようです。

新古品は、新品のタグが付いたままでお願いします(試着したのみ)。

テレビなどでも伝えられていますが、個人の物資を受け付けていないのは、道路事情やガソリン不足などで、
限られた物資しか運べないなど、現地までのルートが充分確立されていないからです。

その為、各県で分担し救援物資を限定して募っています。それ以外のものは、今は混乱を招くことになってしまいます。
過去の災害では、無計画に集められたものは、大量に廃棄せざるを得なかったこともあるそうです。

葛藤しているのは、支援物資を受け付けているところだと思います。
せっかくの善意なのに受付ができず、説明に時間を要することもしばしばあるようです。

今日の神戸新聞に精神科医の香山リカさんが、こう書いておられました。
“「あなたの力が必要」と言われるその日に備え、自分の生活と健康を守る。それが今、私たちにできる
最大限のことなのではないだろうか。”

他にも、震災支援などに詳しい方が、
世間は自粛ムードですが、関西は普通どおりの暮らしをし、経済活動を停滞させないことが大切と
テレビで話されていました。名前を忘れましたが、義捐金の配分委員もされた方です。

地域を歩いていたら沈丁花の香りがしてきました。まもなく春の訪れです。


私たちができる支援はまだまだこれからです

大震災から9日ぶりに救出されたお二人のニュースに、日本中が喜び、希望を見出しました。
生還した高校生を見て涙し、犠牲になった方たちを見て涙する日々です。

力になりたいとボランティアが続々集結しています。報道される部分を見れば、ボランティアの力が
まだ活かせない状況です。もうしばらく待つ、その気持ちを持続させていくことが大切です。

兵庫県が被災された方の受け入れを始めます。こちらに来られた方に精一杯の支援をしたいと思います。

16年前の阪神大震災の時、私は特別養護老人ホームせいりょう園に勤めていました。
震災後1週間もしないうちに、被災した老人ホームなどから、毎日少しずつ受け入れが始まりました。
急だったことと、その頃は介護保険制度ができていなかったので、要介護度もなく、どんな状態か
わからないまま受け入れていました。

廊下までベッドが並び、現場は混乱を極めていました。介護職員の急な増員は困難でしたから、
十分な介護ができていなかったように思います。あの頃は無我夢中でした。加古川市が介護が必要な
高齢者や障がい者を受け入れられる時、今の私にできる精一杯のことをしたいと思います。

今日はお彼岸。雨が上がった時を見計らって、庭に咲いている水仙を切ってお墓参りに行きました。
一昨日妹と母がお花を持ってお参りしてくれてるので、水仙はおまけです。


たくさんの仏さまに会いました

今日は、家の近くの白助池で、地域の人たちと『芝貼り』をしました。ため池を地域の人たちと守っていくのです。町内会、消防団、少年団、老人会、婦人会の人たちと力を合わせて貼りました。


お昼頃からは、古法華(ふるほっけ)自然公園へ行き、笠松山に登りました。山に仏様が彫ってありました。
ロッククライミングをしている人の姿も見えました。誰かが作った笹舟を集めて撮りました。


いろんな石仏の横に住所と名前が彫ってありました。県外からの人もおられます。
亡くなられた方の供養でしょうか。それぞれ個性的な石仏です。


古法華で石仏を見たら、五百羅漢に行きたくなり、連れて行っていただきました。
加西の五百羅漢は、笑うがごとく、泣くがごとく、佇んでいます。
いつ頃、誰が、何のために造ったのか、史実も資料もないそうです。


石仏は稚拙で素朴ですが、純粋な信仰心を感じます。
仏様を拝むように、手を合わせると争いが起こらないと、同行した友人に聞きました。

たくさんの仏様に出会えたよい日でした。


勉強会情報更新しました。3/23(水)です。

詳細は、勉強会のお知らせページをご覧下さい。


若者を支援する

今日は、PAK(フィリピンエンジェルキッズクラブ)の総会でした。
なぜ、フィリピンの支援なのかと思われるでしょうが、これもご縁です。
会員は145名ですが、総会の参加者は16人でした。


私たちが関わっているところは、シキホール島というところです。
自然豊かで、今はホタルがたくさん飛んでいるそうです。日本人夫妻がこの島でホテルを営んでいます。

シキホール島の学校には、トイレすらありません。PAKは昨年、一つの学校にトイレを作りました。
また、学用品やスポーツ用品などを寄贈しています。古着も持っていきます。
そして、来年度はいよいよ奨学生に対する助成を実施します。6人の高校生を選抜して、学費と生活費を支援します。


来週日曜からフィリピンに飛んで、市長や地元のロータリークラブのほか、
選ばれた奨学生や家族、推薦した高校の校長先生などにお会いして交流する予定でした。

ですが、東日本大震災が起こり、市議会議員という立場上、行くべきではない、という声が周囲で高まり、
今回は見送ることにしました。

夜は、明石で『ソーシャルワーカーが未来を語る会』の集まりがありました。
今回は、40歳位までの若手のメンバーの交流会でした。私はとうに年齢を過ぎているので非該当なのですが、
政治の世界にいるソーシャルワーカーとして参加してみてはというお声があり、お邪魔しました。
東播磨地域の若き社会福祉士(ソーシャルワーカー)が、40数名集まりました。


こだまでしょうか

今日は幼稚園の卒園式に行かせて頂きました。私が「ご卒園おめでとうございます」というと、
「ありがとう〜」と園児たちから返ってきました。嬉しかったです。
『思い出』の歌を力いっぱい歌ってくれました。子どもたちの一生懸命な姿を見るとじーんときます。


最近の私の好きなAC(公共広告機構)のコマーシャル、
『心は見えないけど、心づかいは見える、思いはみえないけれど、思いやりは誰にでも見える』というのと、

「遊ぼう」っていうと 「遊ぼう」っていう。
「馬鹿」っていうと 「馬鹿」っていう。
「もう遊ばない」っていうと 「遊ばない」っていう。
そうして、あとで さみしくなって、
「ごめんね」っていうと 「ごめんね」っていう。
こだまでしょうか、いいえ、誰でも。

金子みすゞさんの詩は、哀しみを含んでいるものが多いように思います。

子どもたちの姿を見て、今日感じたことです。



市民病院統合・再編調査特別委員会でした

本議会も終わりに近づき、今日は病院特別委員会でした。4月からは独立行政法人に移行するので、
条例や予算を審議しました。

今日はとても寒かったです。加古川でも雪が降りました。大地震の被災者の方の安否が気になります。


3月半ばを過ぎたというのにまだまだ寒い日が続いています。そんな中モクレンのつぼみを見つけました。


春よ来い、早く来い、ですね。


福祉環境常任委員会でした

今日は一日委員会でした。予算審議が主だったので、積極的に手を挙げ、質問しました。

障がい者の医療費助成制度では、病院などでの医療費助成はあるのですが、訪問看護の助成はありません。
何故できないのかを質問しましたが、納得できる回答は得られませんでした。

障害福祉施策の中に県事業として重複障害がある場合は助成制度があるのですが、身体障害だけでは
助成されません。どちらかの制度で助成できるように検討して頂きたいと要望しました。

また、高齢者のための生活支援ハウスのことや、増え続ける生活保護費の今後の見通しについて
質問しました。今日は20回以上は質問したと思います。予算書にたくさん書き込みしています。


23年度予算に対し、地域子育て創生事業や児童虐待防止対策の強化、環境面では、ゴミの再資源化を
進めるための取り組みなどを評価し、新政会を代表して、予算に賛成の態度表明をしました。

今日は本当にヘトヘトになりました。小さいですが、テーブルの上で桜が咲きました。


夜遅くにパフェ食べました

今日は条例審議でした。
明日は常任委員会で、予算審議です。議場で聞けなかった事を細かく聞きたいと思います。
そのために色々調べていて今日もほとんど控室で過ごしました。

夕方友人とウォーキングをしました。途中に環境部長と出会いました。『eco通勤』をされています。
先週紹介した、「ecoがわ宣言!」で自転車通勤をすることを目標にして、実践されています。
梅が満開でした。


夕食後に甘いものが欲しくなり、チョコレートパフェを食べました。せっかく歩いたのに台無しですね。


予算審議でした

今日は議場での予算審議です。最初は特別会計条例の一部改正する条例や、補正予算などの
委員会報告があり、その後予算審議がありました。

一般会計予算では、多くの議員が手を上げ、活発に質問しました。予算審議は初めてですので、
手を上げるタイミングがよくわからず、一度しか質問できなかったのが残念です。
委員会で詳しく確認していきます。午後から、福祉部や市民部に行ってわからないところを聞いてきました。

写真は9日の一般質問の時のもので、事務局から頂きました。最初の挨拶の場面だと思います。
写真は落ち着いているように見えますね。登壇の時に笑顔を見せるのは私だけかもしれません。


大震災の惨状がずっと伝え続けられています。何もできないことがもどかしいです。
明日からぐっと寒くなるそうです。まだ安否の確認できない人たちが心配です。


こたろうの面白い顔を撮りました。






calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る