聴覚に障がいがある方も

今朝の朝日新聞、折々のことば。

 

 

「おじいちゃん、おばあちゃんの最後の

つとめは、孫や家族に自分が死ぬところを

みせることではないか」。この言葉はよく

せいりょう園の園長が言われます。

 

 

今日は東京都北区議会を視察。視察内容は

「ITコミュニケーションツールの活用について」。

 

 

最初にDVD「北区議会のIT化推進の取り組み」を

視聴、その後、概要説明を聞き、実際にデモを

行いました。マイクの声が文字に変換されます。

 

 

北区議会は平成22年からIT化を進めてきましたが、

27年4月に聴覚に障がいのある議員が当選、それまでに

準備はしていたものの、緊急措置として予備費で

このコミュニケーションツールを導入しました。

 

初期投資は450万円、その内訳は、タブレット8台、

パソコン、言葉をスムーズに変換するための

カスタマイズ費用、ネット環境整備などです。

 

毎年の経費は約80万円、音声と文字のタイムラグは

ほとんどなく、変換率は80%、議会運営上の支障は

ほとんどないレベルにまで達しています。

 

ただ、委員会での質疑応答などでは、誤変換する

こともあり、明瞭な発言が求められます。

 

タブレットに発言者の音声が文字変換されたものを

議員が読み、議員は、キーボードで文字を入力し、

音声変換ソフトが読み上げます。

 

議場では、パソコンを登壇席に持参して質問します。

最初の質問は準備できますが、答弁を聞いて再質問を

するのは難しいようです。

 

また、本会議や各委員会など、議会内だけでなく

委員会などの行政視察での使用も認められています。

このコミュニケーションツールの導入は全国初とのこと。

聴覚に障がいがあっても大丈夫です。

 

視察後は明日の視察先、多摩市へ移動。

スーパーで販売されていた指定ごみ袋は、

市によって値段が違います。

 

 


今後の公共交通は

市議会だよりが配布されました。

 

 

今月号で気が付いたのですが、議員の写真が

みんな笑顔です。その人らしさが出ており、

親しみを感じて下さる方もおられるのでは

ないでしょうか。ぜひ、お読み下さいね。

 

 

今日も報告会の練習、まだまだ修正が必要です。

何をどう伝えるのかが大切です。こちらも

ぜひお越しくださいね。

 

 

午後からは平成30年度第1回加古川市地域

公共交通会議を傍聴しました。

 

 

会長の冒頭のご挨拶は、公共交通は持続可能性を

キーワードに、そして、今後10年でAIによる

自動運転が現実になることが予測されるなど、

社会、経済の仕組みが劇的に変化する中で、

あるべき姿を探りたい、といった内容でした。

 

議案は、神姫バスの一部休止路線に、かこバスミニ・

山手ルートを延伸させるもので、承認されました。

一部休止路線は利用者の低迷が続いていたものです。

 

加古川市域は広く、全域にバスを走らせることは

困難です。その理由の一つには、深刻な人手不足が

挙げられます。バスの運転手さんが足りなくなったのは、

ここ5,6年の変化だそうです。


加古川市で全国初の取り組み

昨夜、安心地域劇のワーキングがあり、

今回の劇のアンケート結果が配布されました。

 

 

アンケートを見ると、次回作に期待する声や

自分自身に置き換えて考えることができた、

という意見が多くありました。嬉しい反面、

次回作に対するプレッシャーも感じます。

 

今日の神戸新聞社会面に掲載されたのは

「災害時避難所を自動開錠」の記事。

http://www.kobe-np.co.jp/news/bousai/201901/0012018279.shtml

 

予算で確認はしていましたが、この取り組みが

全国初であることを知り、誇らしく思いました。

 

災害時に避難所を迅速に開設するため、

鍵保管箱を災害対策本部が遠隔操作で

開けるシステムです。また、来月には、

屋外スピーカーの試験放送も実施されます。

 

加古川市は、見守りカメラ、見守りサービスに

加え、災害時の迅速な対応など、安心・安全の

まちづくりを着々と進めています。

 

野口公民館の横のハリマ化成の社宅跡に

保育園が建設されることに、今日初めて

気が付きました。左奥が公民館です。

 

 

夕方、加古川駅前ベルデモールを歩いていたら

桜を発見!十月桜とありました。冬桜とも

言われるそうです。

 

 


東播終活事情番外編に

神戸新聞東播版、東播終活事情の

シリーズは毎回興味深い内容です。

 

今日は番外編で「生前葬」を開いた

医師の記事が掲載されました。

http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201901/0012014626.shtml

 

記事の長尾先生は、私が社協時代から

研修などでお世話になった方です。

看取りを含め、在宅医療に力を入れて

おられます。長尾先生の日記も面白いです。

http://blog.drnagao.com/

 

50歳と還暦の2回「生前葬」を開催、

死んだときは来なくていいと伝えたと

あり、先生らしいと感じました。

 

今日は会派定例会。控室に行くと、昨日の

鍋グランプリで賞を頂いたと、担当された

職員さんが賞状を見せに来て下さいました。

 

 

取り組んで来られた職員さんや関係者の

方々、本当にお疲れさまでした。

 

会派定例会はもっぱら報告会の練習です。

まだまだ修正が必要です。指摘する方も、

される方もしんどいですが、これが私たち

会派のやり方です。もうひと頑張りです。

 

 


誰もが少数派に

午前中は地域にポスティング。その最中に

交通事故に遭遇。地域の方と協力して救出を

手伝いました。

 

救急通報後まもなく消防車と救急車が到着、

そのスピードに驚きました。事故に遭われた

方は大事には至らない様子でホッとしました。

 

お昼はコミュニティカフェ「ノット」。

腹話術や手品を披露して下さいました。

 

 

今日のメニューは温まる粕汁です。

 

 

ハーモニカ演奏をされている方は、

半年前に体調を崩して入院されていた

時期がありましたが、ノットや元気会で

演奏をすることで元気を取り戻しています。

 

 

ノットではいつも折り紙のおみやげが

あります。今日は「やっこさん」。

孫のお土産に頂きました。

 

 

各テーブルにはこんなメッセージも

飾られました。素敵な言葉が一杯です。

 

 

その後は、ウェルネスパークで開催された

奥山佳恵さんの講演会、「生きてるだけで

100点満点」を聴きました。

 

奥山さんは女優、タレントとして活躍中、

ダウン症がある次男の美良生(みらい)くんの

子育てを楽しそうに語られました。

 

 

以下は主な内容です。

 

出生前診断で陽性があると9割の人が

出産を諦めています。妊婦さんがその

判断をすることは大変辛いことです。

 

健常で生まれても、一生リスクを避ける

ことはできません。

 

出生前の準備に費用をかけるよりも、

全ての子供がサポートを受けられる

仕組みにお金をかける方がよい、

そうすれば安心して出産できます。

 

障害があることは少数派ですが、誰もが

いつ少数派になるかわかりません。明日

事故に遭って障害を持つかもしれません。

 

人生において、誰もが少数派になります。

何もできない赤ちゃんとして生まれて、

高齢になって最後は要介護になります。

 

少数派の人が生きやすい世の中を、

多数派の人が作る、出来ない人が

いるから、出来る人が輝くのです。

 

生まれるまでに死んでしまう命があります。

生まれてきたこと自体が奇跡であり、価値が

ある、生きているだけで100点満点です。

 

最後は美良生くんの動画を観せて頂きました。

タイトルは「次男のギャグ」。ユーモアの

センス抜群、本当に癒されます。

http://www.youtube.com/watch?v=-Mo9O210PH0

 


極寒でした

午前中は地域でポスティング。

寒い朝でした。空を見上げると黒い雲が

出現。ほどなく雪が舞い始めました。

 

 

午後からは孫のところへ。

極寒にも関わらず、孫たちは外遊び。

雪が舞うのを見て、孫たちは大喜びでした。

 

 

雪が降るほどの寒さなのに、下の孫は

ベビーカーで寝てしまいました。

 

 

そのまま姫路城大手前公園で開催されていた

全国鍋グランプリへ。西日本初の開催です。

加古川市からは恵幸川鍋が出場しました。

 

 

知名度が低いこともあって、会場での

宣伝はひときわ目立っていました。

スタッフの一人、メーテルがベビーカーを

押してくれました。

 

 

全国の珍しい鍋が出店しています。

明日日曜日も開催されますので、

ぜひお越しくださいね!


こどもたちから学ぶ

昨日の神戸新聞明石版に掲載された

映画館で障害児への理解を促す啓発

映像の上映へ奮闘されている記事。

http://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201901/0012003588.shtml

 

障がいのある人への偏見を持つ人は

少なくありません。映画上映前のCMとして

流すのは多くの人に知って頂くには効果的です。

 

知的障害や発達障害のあるこどもたちの

生き生きとした表情に、メッセージが

添えられているそうです。CMを観に

イオンシネマ明石に行きたいです。

 

こどもの生き生きとした表情と言えば、

孫の写真、一番下の孫はパパに散髪して

もらいました。7か月の孫ですがキリッと

して見えます。

 

 

ラインで送られてきたこの写真を見て、

女の子の孫が「ジョージ」と言いながら

似顔絵を描きました。きれいな大きな円が

描けます。

 

 

私のもっぱらの楽しみは孫の成長ですが、

本を読むのも大好きです。最近読んだのは

住野よるの「また、同じ夢を見ていた」。

 

 

「君の膵臓を食べたい」で一躍有名に

なりましたが、作者が男性と知って

驚きました。どちらの作品も女の子の

気持ちが描写されているからです。

 

1年前に読んだこの本もとてもよかったです。

教育と家族がテーマです。こどもたちの姿を

通じて学ぶことの楽しさが伝わってきます。

ドラマ化されると知って嬉しいです。

 

 

明日から始まるNHKの土曜ドラマ、楽しみです。

もう一度本を読み返したいと思います。

http://dorama9.com/2018/06/27/mikazuki-cast-2/

 


日本のタミフル消費量は世界全体の8割

万里の道冬号が届き、秋号と併せて

今月末に発送できるよう準備中です。

 

 

発送先は後援会にお名前を頂いている

方で、私の地域の方には頑張って

自分でポスティングします。印刷費も

郵送費も政務活動費は使いません。

 

 

午後からはせいりょう園の30年度第4回

運営推進会議に出席しました。レジュメと

一緒に興味深い新聞記事も頂きます。

 

 

ターミナル報告はいつも感動します。

最後まで自分らしく生き切ることを

支援する、そんなケアが提供されています。

 

亡くなられた方は、クオリティ・オブ・デス、

「満足できる死」であったと思うと報告

されました。

 

介護は、人の人生の最期を支える素晴らしい

仕事であることを、現場から発信することが

必要ですね。

 

運営推進会議には、地域の医師も参加されます。

淡路の養護老人ホームでインフルエンザの集団

感染があったことから、タミフルの予防投与に

ついて質問が出ました。

 

医師は、インフルエンザは予防が大切で、

ワクチン(予防接種)は望ましいと考えるが、

タミフルの予防投与は、副作用を考えると

望ましくないと言われました。

 

また、日本のタミフル消費量が世界全体の

8割、新薬も日本のみで使用されていると

言われました。

 

海外では、インフルエンザは自然治癒する

ウイルス感染症であり、安静にすることが

何よりの治療と考えられているそうです。

 

医師は、高熱やさむけ、関節の痛みがあれば

インフルエンザと考え、わざわざ痛い検査を

受ける必要はなく、休養することが一番の

薬だと言われました。

 

とはいっても、仕事の事情でなかなか休めない方も

おられます。体調が悪い時に休養できる、そんな

職場環境を作ることが大切です。

 

お薬に関しては、日本の常識は世界の常識では

ないことも知っておく必要があります。

こんな記事を見つけました。

http://blogos.com/article/100602/

 


プロ棋士へ期待が掛かります

今日の神戸新聞「わがまち」に、母校の

中部中学校の生徒がプロ棋士へ最終関門

挑戦の記事が掲載されました。

 

 

野口南小の3年生の時に全国小学生

倉敷王将戦低学年の部で優勝、小6から

「関西奨励会」に入会していました。

 

プロ入りの最終関門「奨励会三段リーグ」で

しのぎを削っているとのこと。現時点の

三段リーグでは全国唯一の中学生です。

 

上野君は、私が大変お世話になっている

方のお孫さん。小学生時代から活躍する

姿を遠くから応援していたので誇らしいです。

 

加古川は「棋士のまち」を標榜しています。

上野君のプロ入りに大いに期待が掛かります。

 

今日もケアつうしんを持って市内を

回ります。久しぶりのつうしんは劇の

写真も掲載した拡大版です。お近くの

公民館で手に取って頂けると幸いです。

 

 

議会棟には久しぶりの生け花、華やかです。

 

 

一番下の孫がつかまり立ちができたと

娘からラインが届きました。可愛い

後ろ姿です。

 

 

 


協力的な兵庫大学生

ケアつうしんを持って市内を回りました。

野口公民館ではこんな講座が始まります。

「目指せ!スーパーイクメン」です。

 

料理をしながら子育ての話をしましょう、と

ありました。5回コースで3千円、申し込みは

今週金曜日まで、お急ぎ下さいね。

 

 

陵南公民館では「キッズプロジェクト」。

紙粘土で作るおひなさま、楽しそうです。

 

 

午後からは清流ライオンズの活動で

兵庫大学へ。たくさんの方が献血に

協力して下さいました。

 

私は骨髄バンク登録の説明、25人もの

学生が登録してくれました。保育科の

学生には、卒業後は市内での就職を

お願いしておきました。(笑)

 

 

併せて、古着チャリティショップ、

「フリーヘルプ」に提供する衣類も

持ち込みます。軽トラック一杯に

なりました。

 

 

夜は安心できる地域ケアを考える会の

定例会でした。

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る