奨学金返還支援は

今日は建設経済常任委員会。

傍聴はできませんが、会派で

しっかり読み合わせをしています。

 

 

会派で要望してきた奨学金返還

支援制度、令和2年度はさらに

拡充されます。

 

市内在住で、中小企業等に正規雇用された

人に対する支援制度ですが、市内事業所に

勤務する人は補助率1/1、上限2万円に

かさ上げされます。

 

これは現在の奨学金返還支援制度です。

https://www.city.kakogawa.lg.jp/material/files/group/2/R01_shindan.pdf

 

会派で一般質問や要望したものとして

有害鳥獣対策や、水稲に被害を与える

ジャンボタニシ駆除の助成が予算化

されました。


保育士確保策は

今日は福祉環境常任委員会ですが、

傍聴ができないので、控室では

明日の建設経済常任委員会の質問や

態度表明に向けて会派でまとめていました。

 

 

傍聴できなくても福祉関連予算は

会派でしっかり見ています。民生費では、

新年度予算で大幅に増額されたのが

保育士確保事業です。

 

待機児童解消に向けた整備を進めて

いますが、保育士確保の都市間競争が

激化し、保育士不足は深刻です。

 

新規には、保育士等宿舎借上支援や

午睡事故防止推進事業があります。

就労支援一時金は大幅拡充です。

 

午睡事故防止推進事業とは、0歳児の

昼寝時にうつぶせになっていないか等を

確認するチェックセンサーを導入する

事業者に経費の一部を補助します。

 

保育士確保については、労働費においても

奨学金返還支援事業の補助率が拡充され、

Uターンも期待できるものです。

 

衛生費では子育て世代包括支援センターの

拡充、令和2年度は妊婦さんの面談実施率

100%を達成するため、市民センターや

自宅等での面接も行うとのことでした。

 

新型コロナ感染拡大による影響で

業績悪化した企業の内定取り消しが

ニュースになっています。あっては

ならない事態です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00000034-jij-soci

 


今夜はコロナを

世界中に新型コロナの感染が拡大、

各国の取り組みは様々ですが、

ベトナムの手洗いダンスが大人気。

https://www.youtube.com/watch?v=rn9w4wm3lEU

 

ベトナム人の平均年齢は31歳、

日本人の平均年齢は48歳です。

15歳以上も若い国は活気を感じます。

 

ドラッグストアのトイレットペーパーや

ティッシュの棚が今日も空でした。

どうなっているのでしょう。

 

 

在庫は十分にあり、流通に課題が

あるということでしたが、こういう

状況が人々を不安にさせます。

 

私が最後にトイレットペーパーや

ティッシュを買ったのは年末、

そろそろ心配になってきました。

別のドラッグストアも空でした。

 

マスク不足の方が深刻です。

今日からマスクの転売禁止、

マスクの抱き合わせ販売も

処分の対象になります。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200315/k10012331981000.html

 

新型コロナの影響でコロナビールが

売れないという風評があるそうですが、

私は大好き。娘からもらったビールを

今夜頂きます。

 

 


桜を待ちわびて

市内で初めての新型コロナ感染を

確認した市長のメッセージです。

https://www.city.kakogawa.lg.jp/material/files/group/136/sityoukomennto.pdf

 

加古川市のHPはアクセスが集中

しており、トップページは臨時の

ものになっています。

https://www.city.kakogawa.lg.jp/

 

今日回ってきた回覧板は

新型コロナウイルス感染症の

注意喚起でした。

 

 

ポストに入っていたステーション4月号。

元気会代表の吉田さんが入れて下さって

いました。

 

 

元気会の記事が掲載されています。

 

 

元気会は今年で10周年、10年前の

準備会から一緒に活動をさせて

頂いています。

 

吉田さんの飾らないスタイルが

多くの人の共感を呼び、色んな

人を巻き込んで発展してきた元気会。

誇らしいです。

 

ステーションの表紙も中身も

桜が満開でした。

 

 

この春はお花見も自粛ムード、

明るいニュースが少ないので

ことさら桜を待ちわびています。


加古川でも確認

今日は総務教育常任委員会。

条例と予算審議。3月議会の

ヤマ場です。

 

加古川駅北公有地活用事業者

選定支援業務等委託料は予算

審議で確認しました。

 

委託内容は、具体的な整備手法を

確定したり、採算性の検討等で

事業者からの提案内容を審査します。

 

建築の専門家の他、公認会計士や

税理士、都市計画に精通した方々が

委員となります。

 

加古川駅周辺の活性化に向けて

駅周辺地区まちづくり構想の

パブコメが始まっていますが、

この駅北の活用はとても重要です。

https://www.city.kakogawa.lg.jp/shiseijoho/kakogawashinoseisakuzaisei/paburikkukomento/bosyutyu/18474.html

 

一般会計予算の審議が終わると

各会派が態度表明を行います。

会派の特色が出ます。

 

全て終わったのが16時過ぎ、

集中して取り組んだので、

疲れと共に達成感もあります。

 

 

姫路駅周辺の喫煙所7カ所が23日から

廃止になりました。

https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/202003/0013190793.shtml

 

加古川市在住で北播磨総合医療

センターに勤務する看護師さんの

新型コロナ感染確認の報道がありました。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202003/0013190913.shtml


加古川駅北は

今日の本会議は条例質疑と

「難病患者の医療費助成制度の

改善を求める意見書」の提出でした。

 

条例の中で気になるのが、「加古川市

付属機関の設置に関する条例の一部を

改正する条例」で、加古川駅北土地区画

整理事業31街区1画地活用事業者選定

委員会についてです。

 

今日の神戸新聞東播版に大きく掲載

されましたが、市有地の活用について

本格的に進めていきます。

http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/202003/0013185751.shtml

 

明日の委員会の条例審査で、委員の

選び方について詳細を確認したいと

思います。

 

今月末に発行予定の会派新聞に

掲載する写真を撮りました。

 

 

午後からは控室で明日の準備。

明日は予算審査もあり、質問する

内容を控室でまとめていました。

 

14時からは教育委員会を傍聴。

通常は教育委員会室での開催ですが、

感染予防として10階の大会議室でした。

 

 

新型コロナウイルス感染症にかかる

教育委員会の対応や、両荘地区の

教育環境に関するアンケート調査

結果の報告がありました。

 

協議事項は、令和元年度3月補正予算、

令和2年度当初予算に係る意見などでした。


東日本大震災から9年

東日本大震災から9年、

神戸新聞に掲載された

記事に思いを寄せました。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202003/0013183379.shtml

 

大切な人を突然奪われた深い

哀しみと自分が幸せになって

いいのかと、亡くなった人や

その家族を想う気持ちに思いを

馳せます。

 

今日は本会議で議案質疑、開会前に

黙とうを捧げました。

 

新年度予算の中に、医療支援型

グループホームに対する補助が

ありました。

 

医療的ケアが必要な方のグループ

ホームで、複合施設の中にあるとのこと。

 

長年課題になっていたショートスティ

機能も備えています。施設の概要です。

https://junshin-recruit.jp/facility/fukushikanno.html

 

14時46分、庁内放送があり、

控室でも黙とうを捧げました。

 

この時間に虹が架かったという

ニュースがありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-00000020-kobenext-soci

 

 

夕方点鼻薬を買いにドラッグストアへ

行くと、布マスクが残っていました。

1人1点、買えました!

 

 

これで洗い替えが出来たので使い捨て

マスクを使うことが少なくなります。

時々出てしまう咳やくしゃみに備えて

マスクは持ち歩かなければなりません。

 

高野連の会見をライブで観ました。

センバツ史上初の開催中止です。

 

 


明石駅前の喫煙所は

神戸新聞朝刊の明石版に、明石駅前の

喫煙所を一時閉鎖するという記事が

ありました。

 

 

今回の一般質問に取り上げましたが、

明石駅前の喫煙所の煙や臭いの苦情が

寄せられ、撤去を検討しているという

記事が少し前に掲載されました。

2月18日のブログです。

http://blog.kitanimari.com/?search=%CC%C0%C0%D0%B1%D8

 

期間を決めて一時閉鎖をし、その

影響を調査した後、撤去を含めて

検討するとありました。

 

撤去には、市とJTによる協議が

必要です。加古川市もJTと協定を

しているため、明石市とJTの協議の

行方を見守ります。

 

様々なイベンド自粛で、無観客の

大相撲やオペラなどが開催されて

いますが、今最も気になるのが

春の選抜高校野球大会。

 

明日に最終決定するとのことですが、

どうなるのでしょうか。


「寄り添う」ということ

神戸新聞2面の「針路21」の

『人に「寄り添う」ということ』を

読みました。

 

 

1面からの続きで、客員論説委員で

関西学院大学教授の藤井美和氏の

コラムです。

 

「苦しみの中で、人との関りを求める人、

苦しむ人を前にした時、どうにかして

この人に関わりたいと思う人がいる、

この両者をつなぐものが「寄り添い」、

寄り添いとは何を意味するのでしょう」と

始まります。

 

福祉の現場で「寄り添う」とは、ただ

傍にいて同じ景色を見ることだと表現

されることがありますが、藤井氏の

「寄り添う」は深いものがありました。

ぜひ、読んで頂きたいです。

 

今日は5人が一般質問を行いました。

私が質問した駅前喫煙所の課題について

同様の質問をした議員もありました。

 

加古川駅周辺地区まちづくり構想の策定が

進められています。加古川市の玄関口と

しての加古川駅周辺のふさわしい姿を

求めるもので、思わず深く頷きました。

 

今日は暖かい一日でした。東郵便局の

ハクモクレンが一斉に咲きました。

 

 


自粛はいつまで

献血を呼び掛けるCMや数日前の

神戸新聞を見てニッケパークタウンの

献血会場へ行ってきました。

https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/202003/0013171110.shtml

https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/202003/0013168440.shtml

 

 

献血をするようになったのは、

清流ライオンズクラブで啓発する

ようになってからで、まだ13回目。

タイミングが合わなくて前回から

1年も経っていました。

 

 

普段と違い、感染症対策として入口で

アルコール消毒、額を非接触式の体温計で

測定してからの献血でした。

 

夕方、清流ライオンズクラブの

臨時理事会に出席、清流にとって

3月は特別な月。今週末に結成例会を

予定していました。

 

結成例会に向け、感染予防対策も含めて

様々な準備をしてきましたが、苦渋の

決断で中止することになりました。

 

入念に準備を重ねてきた委員長さんの

気持ちを考えると本当に辛いです。

 

受け入れるしかないと思っていても

残念です。きっと、こんなことが

日本全国で起きているのでしょう。

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る