議会の存在意義を問う

大阪大学中之島センターで開催された

議会事務局研究会設立10周年記念

6回議会事務局研究会シンポジウムに

参加しました。

 

 

テーマは「今、改めて議会の存在意義を問う〜

二元代表制の空洞化への懸念から〜」でした。

 

基調挨拶はこの研究会共同代表で立命館

大学法学部教授の駒林良規氏。駒林氏は

大阪府庁にも勤務されていました。

 

 

地方議会改革は、自主的な取り組みも

本格化していますが、改革を支える

条件整備として、議会事務局の体制

強化が不可欠です。

 

こうした状況で、地方議会事務局が

どうあるべきかと実務面から探るため、

議会事務局のあり方に関心を持つ人が

集まって、議会事務局研究会を発足

されました。

 

会員には、議会事務局職員、研究者、

地方議員、首長等で構成されています。

 

研究会共同代表で近畿大学教授の

辻陽(あきら)氏からは「地方議会の

岐路~交わらない議会改革論」。

 

 

同じく共同代表皺秀宣氏の発表は

「大規模自治体の議会改革について」。

 

皺氏は、三重県庁の議会事務局で

9年間議会改革に取り組まれた方です。

 

議会改革とは何を改革するのか、

議会の存在意義を高めるのは、首長と

政策競争することではない、議会の

審議能力を高めることだと言われました。

 

京都市職員の岡田博史氏からは、

「第二議会構想について」。

 

 

政治をより身近にするために、現行の

議会に加え、条例により第二議会という

新たな議会を設けるというユニークなもの。

 

パネルディスカッションも面白かったです。

コーディネーターは湖南市長の谷畑英吾氏。

 

 

パネリストは西脇市議会議長の林晴信氏、

北海道月形町議会議員の宮下裕美子氏、

大阪府、大津市、寝屋川市の議会事務局

職員の方々で、大変濃い内容でした。

 

一つ一つ紹介したいのですが、ブログでは

長くなりすぎるのでやめておきます。(笑)

大いに刺激を受けた3時間半でした。

 

夜は元町で大学時代の友人と濃い時間を

過ごしました。

 

 

 


広報9月号は

今日は一日会派で勉強会。

3日から始まる議会に備えて

補正予算と30年度の決算資料を

チェックしました。写真は資料の

一部です。

 

 

昼食は久しぶりにカレー丼セット。

美味しかったです。

 

 

18時からは加古川駅前で市政報告。

主には9月議会の代表質問や一般質問、

議会事業評価についてでした。

 

 

広報9月号が届きました。特集記事は

「認知症の人と共に生きる」です。

 

 

表紙から4ページまで、掲載されている

全ての方々と普段からお付き合いを

しているので、嬉しくなりました。

 

 

内容も充実しています。ぜひお読み

下さいね。


代表質問は9月5日

代表質問の原稿を提出しました。

今回代表質問を行うのは2名です。

質問要旨を見ると、重なっている部分は

ないようです。

http://www.city.kakogawa.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/137/daihyousitumonn%20R1-3%20all.pdf

 

私は9時半過ぎからです。教育行政に

ついての質問が多いですが、教育委員の

任命は市長が提案されるものですので、

お答え頂けると思います。

 

一般質問は13人、質問要旨です。

http://www.city.kakogawa.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/137/ippannsitumonn%20R1-3%20day1.pdf

http://www.city.kakogawa.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/137/ippannsitumonn%20R1-3%20day2.pdf

http://www.city.kakogawa.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/137/ippannsitumonn%20R1-3%20day3.pdf

 

原稿を出し終わったら、決算審査に

向け、資料を読み込みます。

当分忙しい日々になります。

 

午後からライオンズクラブ国際協会の

第1回ガバナー諮問委員会へ。

 

 

この地区の5クラブの会長、幹事らが

諮問事項に回答します。私は奉仕委員長の

立場で出席、発言しました。

 

各クラブのアクテビティを見ると、

少年サッカー大会、こども将棋大会、

ミニバスケット新人大会、少年柔道

大会等を開催されています。

 

その他、献血・骨髄バンク登録や

薬物乱用防止、糖尿病予防啓発など

本当に様々な活動をされています。

 

夜は、安心地域劇のワーキング。

配役を決めるのに時間がかかりました。

来週から本格的に練習が始まります。

 

 


総合教育会議で

雨の朝、カタツムリの赤ちゃんが、

玄関からアプローチを進んでいました。

カタツムリを見たのは久しぶりです。

 

 

議会棟の生け花、今日も素敵でした。

 

 

午前中は代表質問の原稿に向かって

いました。明日は通告期限、何とか

完成しましたが、明朝冷静な目で

確認してから提出します。

 

午後から総合教育会議を傍聴しました。

 

 

協議事項は、「いじめ防止対策改善5か年

計画に基づく命を大切にする教育の推進」と

「市立小学校・中学校の学校規模適正化及び

適正配置」についてでした。

 

市長から「いじめ防止〜」に関して、多くの

質問がありました。中でも、いじめ認知

件数の推移に注目されました。

 

平成30年度は29年度の2.3倍増の676件、

いじめに対する感度が上がっています。

 

痛ましい事件が起きたのは平成28年、

それ以前のいじめ認知件数を確認されました。

 

驚くことに、平成27年では小中合わせて

わずか23件でしたが、事件が起きた28年は、

約100件に増え、29年度は290件と3倍に

増えていたのです。

 

いじめの認知については、小学校では、

保護者からが最も多く、中学校では本人の

申し出が約50%でした。教員の気付きは、

小中とも15%前後でした。

 

教育委員から、教員が児童生徒を見る目を

養うこと、気付く力を育てることが

必要だとされました。

 

そのためには、教員の負担を減らし、児童

生徒と向き合う時間を増やし、クラス全体の

様子を把握できるようにすることです。

 

今回の代表質問にも、「教職員が児童生徒と

充分に向き合える時間の確保について」を

入れていますが、先生は本当に多忙です。

 

代表質問では、解決するための特効薬は

見つけられず、現状確認にとどまっています。

地域全体、社会全体で一緒に考えなければ

ならない大きな課題です。


獲得形質は遺伝する

今日は議員協議会。9月3日から

始まる議会の共通理解です。

配布された資料に目を通すのは

もう少し先になりそうです。

 

 

夜は安心できる地域ケアを考える会。

会場のリバティのディスプレイも

楽しみです。一昨日のノットの時は

阿波踊りでしょうか。

 

 

今日は秋の風物詩。秋の味覚や、

虫たちが迎えてくれました。

 

 

レジュメと一緒に配られたのは研修会の

案内です。10月19日の研修会は、福井県

おおい町の診療所の中村伸一先生。

 

 

日常生活の場で息を引き取ることは

本人のためだけでなく、子供や孫に

命のリアリティーを伝える大切な儀式だと

して、在宅看取りに取り組まれています。

 

26日は鳥取県の野の花診療所の徳永進先生。

在宅医療とホスピスケアをされています。

優しい語り口で、ホンワカします。

 

今夜のテーマの一つ、生物学者の

福岡伸一氏の「揺らぎ始めた常識」は

興味深かったです。

 

「獲得形質は遺伝しない」は、生物学の

基本的原則、常識でしたが、ある生物の

行動によって揺らいだというものです。

 

獲得形質とは、親世代が経験や学習に

よって得た記憶や行動のことで、こどもは

その経験を生まれつき持って誕生することは

ありません。

 

けれども、その生物は、親世代の危険な

経験を知っていたかのように、危険を

回避したのです。

 

親世代の獲得形質が、微小な情報粒子に

乗って、生殖細胞に伝達されていることが

わかったというものです。

 

デジャブのような感覚、一度も体験した

ことがないのに、以前どこかで体験した

ことのように感じる現象は、親世代の

記憶や行動だったかも知れません。

 

生物学にロマンを感じます。


人生会議のヒントに

1週間ほど前からセミの声が

聞こえなくなり、朝夕は涼しく

過ごしやすくなってきました。

 

毎週月曜日は会派定例会。主には

議会事務事業評価についてでした。

 

安心できる地域ケアを考える会と

よってこ♥カフェ、加古川・高砂支部

保険医協会・緩和ケア連携研究会、

2市2町グループホーム協会が連携して

「人生会議」をテーマにした研修会

チラシが出来上がりました。

 

 

10月は5回も開催されますので、どこかで

日程が合う日があればと思います。内容は

それぞれ違うので全部参加して頂けると

嬉しいです。よってこ♥カフェは200円、

他は無料です。

 

人生会議とはアドバンスケアプランニング、

ACPと略して表記されることが多いです。

それをこんな風に表現しています。

Ⓐあなたの ©こころに ℗ぴったりよりそう 

 

人生の最期にどうありたいか、元気なうちに

医療やケアに対する希望を家族や親しい人に

伝えておくことが人生会議です。

 

17時頃の空は見事なうろこ雲でした。

 

 

 


パラスポーツに挑戦

午前中は代表質問の原稿に

向かっていました。ようやく

目途が立ってきました。

 

教育行政の諸課題について3項目、

「教育行政に市民の意見を反映させる

仕組み」「教職員が児童生徒と充分に

向き合える時間の確保」「エアコン

設置後の夏休みの短縮」の予定です。

 

11時からはコミュニティカフェ

「ノット」へ。昼食は野菜たっぷり

カレーでした。

 

 

加古川社協の実習生5人も参加、ノットの

アイドルと一緒にゲームをしてくれました。

 

 

飛び入りで歌って下さる方もあります。

参加者全員がボランティアのようです。

 

 

13時からは総合体育館で開催されていた

「かこパラスポーツ王国」へ。北京五輪

陸上女子5000m日本代表で加古川の観光

大使の小林祐梨子さんの挨拶です。

 

 

当日参加OKということで、様々な

パラスポーツを体験させて頂きました。

 

まずは、ブラインドサッカーです。

アイマスクを付けて介助者の声を

聞きながらボールを蹴ります。

 

 

アイマスクを付けたまま、この上を

一人で歩きます。点字ブロックの

疑似体験のようで難しかったです。

 

 

次に挑戦したのはフライングディスク。

私はコントロールが下手で1枚しか

通過できませんでした。

 

 

風船バレーボールは楽しかったです。

明日はきっと筋肉痛になると思います。

 

 

チャレンジはしてませんが、左は

卓球バレー、右はシッティングバレーです

 

 

ゲームには参加しませんでしたが、

車いすバスケットの体験もさせて

頂きました。

 

 

小学生たちは覚えるのが早いです。

ちゃんとゲームになっていました。

 

 

夜は野口自治会の夏季大学に

参加させて頂きました。

演題は「教信さんのものがたり」。

 

講演の前に今夜初公開の紙芝居が

ありました。講師の高松武司氏が

台本を作り、中部中学校の美術部が

絵を描きました。

 

 

紙芝居を読んだのは、野口まちこんの

永田さんです。ふるさと野口をもっと

知ってもらいたいと企画されました。

 

高松氏のお話はとても分かりやすく

引き込まれました。

 

 

教信上人は、浄土宗を開いた法然より

300年も前に称名念仏を実践した先駆者で

浄土真宗の親鸞や一遍が手本とした上人です。

 

「なむあみだぶつ」を唱えながら民衆と

共に働き、野口で生涯を終えました。

 

日本の新仏教の源流は野口にあったのです。

教信さんについて、毎年9月の”念ぶったん”で

絵解きとして語り継がれています。

 

 

これは江戸時代の観光パンフレットです。

 

 

現在の教信寺は、江戸時代のこの図と

ほぼ同じです。9月13~15日は地域の

こどもたちも楽しみにしている念ぶったん、

夜店もたくさん並びます。ぜひお越し下さいね。


ツバルと地球温暖化

午後から市民会館で開催された

講演会「ツバルと地球温暖化」に

参加しました。

 

オリンピックの事前合宿のため、

ツバルから選手とコーチが2週間

前から加古川市に来られています。

今日が最終日です。

 

初めにコーチから、加古川市の

ホスピタリティに感謝の言葉を

述べられました。

 

 

その後は合宿の写真を見ながら

感想を語られました。写真は加古川

西高校の陸上部との交流です。

 

 

市民提案の交流企画では、中央市民

病院の小児科を訪問されていました。

 

ツバルは太平洋地域(オセアニア)に

位置する独立国家で、面積は25.6㎢、

人口は約11,000人、気候変動等の環境

問題の影響で「沈みゆく国」として

世界から関心を集めています。

 

ツバルの紹介の後は、ツバルの歌と

ダンス、これはツバルの舞踊の衣装です。

 

 

この衣装を身に付けた参加者と一緒に

ダンスを踊られました。

 

 

環境部から「進み続ける温暖化」と

題して、ツバルの今と加古川市の

取り組みの説明がありました。

 

 

地球温暖化は待機中の二酸化炭素濃度の

上昇によると言われ、過去130年で平均

気温は世界で0.85℃、日本で1.14℃、

東京で3.3℃上昇しているとのこと。

 

二酸化炭素濃度が400ppmを超えると

加速度的に温暖化が進むそうですが、

2010年頃に400ppmを超えています。

 

危機的な状況であり、温暖化対策を

取らなかった場合、100年後には

最大4.8℃上昇すると言われています。

 

ツバルは海抜が平均2.5m、一番高い所でも

4mしかありません。土地開発や地球温暖化の

影響でさらに海面水位が上昇しています。

 

地球の海面水位は1900年から19兢緇此

100年後には最大で82兢緇此△修Δ覆襪

日本の砂浜の9割が減少すると言われました。

 

ツバルのコーチから、「同じ時に同じ地球に

住んでいる、温暖化については同じ問題として

取り組んでほしい。ツバルを救って、世界を

救ってほしい」と言われました。

 

夜は地域の夏まつり、今夏最終です。

夕方から雲行きが怪しくなり、一時雨が

降りましたが、無事開催されました。

 

 

この地域のまつりは何といっても

こどものはしご乗り演技。消防団員が

少年団のこどもたちに教えます。

 

はしご乗りに挑戦したのは小5〜6の

児童、3枚目の写真は女子です。

素晴らしい演技でした。

 

 

最後は盆踊り。今夏踊り納めです。(笑)


いつもとは違う一面を

午前中は清流ライオンズの例会。

イタリア・ミラノで開催された

国際大会に参加したメンバーから

報告を聞きました。

 

 

ライオンズクラブは200か国以上、

クラブ数は約5万、会員数は約143万人、

世界最大の奉仕団体です。

 

その国際大会には、ホスト国イタリア、

アメリカに続き、日本から1925人もの

人が参加したとのこと。

 

 

盛大な国際大会で、様々なお国柄に触れ、

多様性の理解と共に、あらためて日本の

治安の良さを感じたとのことでした。

 

夜は、STAR DANCEで開催された

加古川市職員さんのバンドによる

ライブ、サークル軽R-1に参加しました。

 

日頃はどちらかと言えば控えめな方が、

ライブでは別人のようにはじける(?)姿に

また違う一面を見せて頂き、頼もしさを

感じました。

 

 

皆さん、本当にカッコよくて大ファンに

なりました。次回を楽しみにしています。


高校野球は素晴らしい

高校野球決勝戦、ものすごい

闘いでした。両チームに心からの

健闘を讃えます。

http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/koushien/406250.html

http://mainichi.jp/koshien/articles/20190822/k00/00m/050/391000c

 

遅まきながら、今日初めて知った

甲子園の奇跡。明石商と花咲徳栄

高校の試合で起きた出来事でした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-08111087-nksports-base

 

動画で観てさらに感動しました。

神がかり的です。まさに野球の神様が

舞い降りたようで鳥肌が立ちました。

http://www.youtube.com/watch?v=2QJjgfAdV6w

 

アメリカのスポーツ誌でも

取り上げらたようです。

http://news.goo.ne.jp/article/fullcount/sports/fullcount-501065

 

高校野球は本当に素晴らしいです。

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る