ちょうどいいまち加古川

毎週月曜日は会派定例会でした。

その後は第17回会派報告会で

頂いたアンケートの回答の整理に

向き合っていました。

 

次回報告会は、5月10日19時から

八幡町の農村環境改善センターです。

 

 

控え室に配られたのはこの冊子。

加古川+育む+ハグで「かこはぐ」です。

 

 

子育てがしやすい、住みやすい「まち」

やっと巡りあえた”ちょうどいい”まち

加古川と紹介されています。

 

 

子育てにちょうどいいまちのページ。

 

 

加古川ええとこ自慢のページ。

 

 

田舎過ぎず、都会過ぎないのが加古川。

姫路に住む娘が「車でちょっと走ったら

自然豊かな風景が広がるのがいい」と言います。

 


お祝い続きでした

今朝は松風会の清掃からスタート。

雪柳が綺麗です。

 

 

今日は大安、下の孫の鯉のぼりを

初めて上げる日に選びました。

絶好の日和です。

 

 

鯉のぼりを上げるまで小一時間

掛かりました。上がった頃には

眠くなってこの表情です。

 

 

鯉が泳いでいるところを撮るのは

難しいです。天気がいいので孫を

おんぶして散歩しました。

 

 

夜は上の孫の誕生日会。誕生日は

3日でしたが、都合がつかず今夜に

なりました。オードブルはライオンズの

メンバーに頼みました。

 

 

プレゼントは、孫が好きなおばけの

仕掛け絵本。この絵本は娘たちも大好きで

ボロボロになるまで読んでいました。

 

 

この絵本は1冊ずつ手作りされています。

もう何十年も作り続けられています。

 

 

23時頃、県議選の結果が出ました。

市議会で同じ会派で頑張ってきた

仲間が無事当選しました。

 

 

今回の投票率は34.84%とかなり低く、

市民の関心の低さを物語りました。

 


子育て世代の安心はどこに

明日は県議選の投開票ですが、市民の

関心は低いように感じます。

 

政治の力で暮らしは変わります。

ぜひ、候補者の訴えを見て、聞いて

選んで頂きたいです。

 

全国、全ての候補者が掲げているのが

子育て施策の充実です。大変重要ですが、

子育て世代が真に安心して暮らせるまちとは

どんなまちか、真剣に考えなければなりません。

 

子育て世代支援として、10月から3~5歳の

保育料が無償になります。そのことによる

影響が心配されます。

 

これは4日の神戸新聞の記事。

http://news.goo.ne.jp/article/kobe/nation/kobe-20190404018.html

 

明石市は先行して第2子以降の保育料を

無償化、それにより待機児童が制度導入

前から倍増、より不公平感が募る結果に

なりました。

 

保育園に「運よく」入園できる人が

「得」をする仕組みです。こんなことが

あっていいのでしょうか。

 

本当に必要な人が入園できない事態が

起こっています。加古川市でも秋からの

無償化を見込んだ入園希望者は増えています。

 

加古川の中心部や南部では、落選したり、

決定しても3人のこどもが3人とも別々に

なることもあり、多くの嘆きを聞きました。

 

こどもの数は減っているのに、保育所や

保育士が足りない、異常事態です。

また、保育所整備や運営に莫大な費用が

掛かります。

 

保育費(コスト)は、0歳児で月20~30万、

1歳児で15〜20万円程度ですが、保護者負担は

最高額でもその半分以下です。

 

産休・育休復帰できる人を除き、0~1歳児を

在宅で保育している人に「在宅育児保育」を

導入することを本気で考えて頂きたいです。

 

そうすることで本当に必要な人が保育所を

利用することができる、待機児童解消に

繋がると考えます。

 

先行して実施しているのが和歌山県。

兵庫県でも取り組んで頂きたいです。

そのためにも明日の投票は大切です。

http://www.city.wakayama.wakayama.jp/kurashi/kosodate/1001105/1021120/1022237.html

 

桜、桜、桜です。

 

 


桜の花の生き様を

今日は地域の保育園の入園式。

お祝いの桜茶を頂きました。

 

 

保育園の桜は早咲き、散り始めていますが

とてもきれいな濃いピンクです。

 

 

こちらは地域のオークラ桜。樹齢80年、

枝ぶりが見事です。もう少しで満開です。

 

 

教信寺の桜も見頃になってきました。

 

 

各地の桜に思わずシャッターを切ります。

 

 

桜の時期になると斎藤一人さんの

「仁義」を思い出します。

 

『たった一度の人生を 

 世間の顔色うかがって

 やりたいこともやらないで

 死んでいく身の口惜しさ

 

 どうせもらった命なら

 ひと花咲かせて散っていく

 桜の花のいさぎよさ

 

 一度散っても翌年に

 見事に咲いて満開の

 花の命の素晴らしさ

 

 ひと花どころか百花も

 咲いて咲いて咲きまくる

 

 上で見ている神様よ

 私の見事な生き様を

 隅から隅までご覧あれ』

 

桜のように潔く、そして一度散っても

翌年に花を咲かせる、そんな生き様を

子や孫に見せていきたいです。

 

夜は県会議員候補の個人演説会の応援へ。

候補者の地元開催ということもあり、

大勢の人が駆け付けて下さいました。

 

 


県議選も終盤です

今朝も加古川駅からスタート。

県議選も終盤です。

 

 

日中は少し暖かくなりましたが、朝は3℃と

とても寒く、毛布にくるまった孫の写真が

届きました。毛布を離さなかったそうです。

「千と千尋」に出てくる妖怪?みたいです。

 

 

9時半頃の教信寺の桜の写真。

5分咲きくらいですが、綺麗です。

 

 

夜は2か所で集会。たくさんの方が応援に

来て下さり、候補者の演説も一層力が

入ってきました。

 

 


4月3日の恒例行事は

4月3日は、孫の4歳の誕生日と、

お世話になっている山田家の

山田君の誕生日、毎年プラザホテルで

誕生日会が開催されます。

 

 

恒例の誕生日会は今年で18回です。

入口には、これまでのパーティの

写真が飾られていました。

 

 

山田君はダウン症があります。女性ですが、

山田君です。その理由を昨年の誕生日会で

初めて聞きました。昨年のブログです。

http://blog.kitanimari.com/?eid=2900

 

山田君はダウン症があるので、40歳くらい

までしか生きられないと言われたそうですが、

今日で67歳を迎えました。

 

パーティ主催者の山田君のお姉さんにがんが

見つかり、昨年で最後だと言われていたことと、

山田君自身も体調を崩し、今年の開催はないと

思っていたので、入場の時は涙ぐむ人もありました。

 

 

去年よりずいぶん痩せて、足元も頼りないのに、

踊りは得意です。沖縄の踊りをアレンジして、

3曲も踊られました。扇子遣いも上手いです。

 

 

ウェディングケーキの入刀は、奥さん役の

洋子さんの娘さんも加わります。

 

 

山田君を中心にしていることで、山田家の

兄弟姉妹は結束力を高め、発展しています。

 

素敵な家族とその仲間たちに、6年前から

入れて頂いています。6年前の今日のブログです。

http://blog.kitanimari.com/?eid=1004

 

最後はいつも総踊り。来年も山田君の

誕生日をお祝いできることを祈ります。

 

 

夕方は市民会館で開催された集会へ。

チューリップがきれいです。

 

 

今日は加古川市総合体育館で大相撲の

春巡業が開催されました。加古川での

開催は実に33年振りとのことです。

http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201904/0012209149.shtml

 

高砂出身の妙義龍は婿さんの友達で、

楽屋(?)で孫と撮ってもらった写真が

娘から届きました。

 

 


4月なのに震える寒さでした

午前中は選挙カーの助手席でマイクを

握りました。窓を全開にして、左手で

手を振り続けていると氷のような

冷たさになっていました。

 

夜は集会で応援弁士を務めました。

私の演説はこんな風に、にこやかに

始まります。

 

 

会派で共に頑張ってきた仲間です。

この4年間、本当に様々な事に真剣に

取り組んできました。

 

議会ごとに開催する会派報告会、年2回

発行する会派新聞、毎週の定例会、様々な

議論を重ねて政策提言、実現されたことも

数多くありました。応援にも力が入ります。

 

集会後は鶴林寺へ。世界自閉症啓発デーで

加古川で初めてブルーにライトアップ

されました。

 

 

コンサートも開催され、最後の篠笛の

音色が冷たい夜に冴え渡りました。

 

 

本当に寒い1日でした。咲き始めた

桜もちょっと一休み、入学式まで

持ちそうです。


お祝いづくしです

今朝7時過ぎのJR加古川駅前です。

 

 

4月1日、真新しいスーツや制服に身を

包んだ人をたくさん見かけました。

思わず、「おめでとうございます」と

声を掛けました。

 

そして11時40分頃、待ちに待った

新元号の発表を見守りました。

日本中が注目していたと思います。

 

発表後の街頭インタビューを見ましたが

お祝いムード一色で、国民の気持ちが

1つになったように感じました。

http://mainichi.jp/articles/20190331/k00/00m/040/166000c

http://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201904/0012202481.shtml

http://www.sanyonews.jp/article/885690

 

午後からはヤマトヤシキで開催された

加古川駅南子育てプラザリニューアル

オープン記念イベントへ。

 

 

これまでの倍以上に拡張されました。

新しくできた調理室。離乳食講座や

子育てサークルの方々の交流の場に

使われるそうです。

 

 

こども広場は、これまで赤ちゃんから

2歳くらいまでが中心でしたが、3~4歳の

兄姉が遊べるスペースができました。

 

 

左の奥にはボルダリングのコーナーが

あります。0~4歳の3人の孫を連れて

きても充分遊べそうです。

 

オープニングは西高の吹奏楽部の演奏です。

 

 

雨が降る寒い日でしたが、たくさんの

親子連れが来られました。

 

同じフロアに将棋プラザも移転オープン、

賑わいのある空間になることを期待します。

 

 

今日はお祝いづくしの日でした。


明日はいよいよ

今日はリバークリーンエコ炭銀行の

研修旅行で赤穂大石神社へ。

 

 

エコ炭銀行とは、加古川上流域に繁茂する

竹材や間伐材を使って炭を作り、川の中に

埋設することで水質浄化を行うとともに、

環境に配慮したまちづくりを進めています。

 

竹炭は水の浄化だけでなく、脱臭や除湿

効果もあり、東日本大震災の仮設住宅に

届け、その後もずっと交流を続けています。

 

エコ炭銀行のメンバーのほとんどが私が

所属する松風会のメンバーなので、毎年の

ように研修旅行に誘って下さいます。

東北の仮設住宅にも連れて行って頂きました。

 

娘たちは母の住むグループホームの花見へ

孫たちを連れて行ってくれました。

ポケモンを説明する孫、母も嬉しそうです。

 

 

何でもやりたがりの孫、車いすも

押します。

 

 

桜はまだ5分咲きくらいですが、

いい写真です。

 

 

選抜高校野球大会、明石商業が

初のベスト4!素晴らしいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000027-senbatsuf-base

 

3月が終わります。明日から4月、

いよいよ新元号が発表されます。

 

予想されている中では、「仁愛」や

「安始」がいいです。「あ」の音が

明るい感じがします。楽しみです。


次世代をみんなで応援

4月号広報が届きました。

「START」ラインに立った写真は

河川敷のマラソンコースでしょうか。

いい写真です。

 

 

特集記事は平成31年度予算、4ページに

渡っていますが、とても見やすいです。

 

 

「次世代をみんなで応援」とあって、

教育と子育てに係る予算の説明が

紙面の3割以上を占めています。

 

明日31日に新聞折り込みに入る

私たちの会派の新聞もご覧下さいね。

写真は校正中のものです。

 

 

午後から、氷丘公民館で開催された

劇団ここからの第15回小劇場公演

「林の中のナポリ」を観に行きました。

 

 

とある高原にあるペンションの名前が

「林の中のナポリ」、ネーミングも

素敵ですね。

 

この舞台だけで様々なドラマが繰り

広げられました。2時間出ずっぱりの

田口陽子さん、どうやってセリフを

覚えておられるのでしょう。

 

 

大変面白かったです。31日は

10時半からと14時からです。

ぜひどうぞ!



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る