無事任務終了

8時から実家のお盆のお参り。

ご住職を待つ間、妹弟と将来の

話し合いをしました。

 

10年先は見通しが立ちますが、

20年先はわかりません。私と妹は

認知症になると思っています。

 

その時に備えるための生命保険や、

住まい、お墓などの話題になりました。

人生会議そのものです。子供に託す前に、

妹弟でも話し合っておくことが大切です。

 

その後は三女の家へ。保育園はお盆

休みですが、娘も婿さんも仕事なので

子守りを頼まれたのです。

 

敷地内に住む婿さんの実家から孫を

引き取った後は一人で子守りです。

 

これまでは数時間程度でしたが、

今日は9時半から18時までの預かり、

少々不安でした。

 

1歳2カ月の孫はじっとしていません。

一緒に全力で遊びます。

 

 

プール遊びは定番です。

 

 

ぐずり出したら、毛布を持たせて

おしゃぶりをくわえさせます。

数分で寝てくれました。

 

 

椅子から落ちそうになったり、

紙を食べたり、ヒヤヒヤすることも

ありましたが無事任務を終えました。

何とかなるものです。


認知症の人の心の中は

今日の元気会は公開講座。

新聞で掲載されたこともあり、

100人以上の方が来られました。

 

 

初めての方も合唱して頂きます。

会はいつも合唱で始まります。

 

予想以上の人出で、資料が足りなかったり

エアコンがきかなかったり、運営側として

本当に汗をかきました。

 

講師は大阪大学大学院人間科学研究科、

臨床死生学・老年行動学研究分野の

教授、佐藤眞一先生です。

 

 

写真は錯視の一つ、赤という文字を

黄色、緑を黒で表示していますが、

表示している色を早く読むテスト。

 

これが意外と難しく、つい文字を

読んでしまうのです。脳内で情報処理を

行う認知機能のメカニズムは複雑です。

 

また、人は人の顔に大きく反応します。

認知症があっても、表情で気持ちを

読み取ります。

 

表情や声、行動等で人の気持ちを理解する

ノンバーバル(非言語)コミュニケーション、

笑顔の大切さを伝えられました。

 

認知症の人を幸せにする「テレノイド」も

紹介されました。人型コミュニケーション

ロボットです。

 

 

重度の認知症の方が、このロボットを抱いて

わが子のように話しかけ、遠隔操作で人が

答えます。ほとんど話をしなかった人でも

会話が弾んだそうです。

 

見た目はちょっと不気味ですが、適度な

重さがあり、体験すると愛着がわくようです。

http://ai-robot.jp/telenoid

 

講演後の質疑にも丁寧に答えられ、

多くの気付きを頂きました。

 

印象に残ったのは、認知症の人の心は

結局はわからない、けれども、わかろうと

努力することが大切であるということと、

「ケア」が「コントロール」に変わっていないか、

ということです。

 

例えば、入浴を嫌がる人を「介護拒否」として

問題行動と捉えがちです。これがケア側の

コントロール、支配になるのです。

 

その理由を知り、良い方法を考えることや、

「解決」しなくても受け入れることが必要です。

 

先生が接した方の中には、10年以上入浴を

しなかったのに、臭いが全くしない人が

おられたとのことでした。


認知症と騒がないで

最新版のプレジデントは

「認知症の全対策」でした。

 

 

阿川佐和子さんの「毎日が楽しくなる

”ゆる介護”実践法」や、困った時の

対処法、要介護認定の裏ワザなど、

盛り沢山で参考になるところはたくさん

ありました。

 

要介護認定の裏ワザは8項目ありましたが、

その内3つを紹介しますね。専門職なら

誰もが知っている裏ワザです。

 

「主治医の意見書の内容を充実させる」

介護認定を受ける前に、主治医に家での

様子の詳細と、認定を受けることを伝えて

おくとしっかり書いて下さいます。

 

「ありのままをスマホなどで撮影しておく」

認知症があっても、訪問調査の時はしっかり

受け答えされるので、普段の行動を撮影し、

調査員に見せると伝わりやすいです。

 

「訪問調査前に掃除はしない」

普段どおりの姿を見て頂くことが

大切です。

 

認知症の完全な予防策はありません。

長生きすれば誰にでもなると考えて

いいと思います。老化は病気でしょうか。

 

誰にでも死が訪れます。老化はその

準備段階です。目が見えにくくなり、

耳が遠くなり、足腰が弱くなり、認知

機能も落ちてきます。それが自然だと

受け止めて欲しいです。

 

認知症があっても、子や孫を可愛いと

思う気持ちはちゃんとあります。

 

母に会いに行って、孫の写真をiPadで

見せました。母が思わず手を伸ばして

触ろうとします。

 

 

母とはほとんど会話ができませんが、

話しかけると笑顔で返しくれます。

それで十分ではないでしょうか。

 

認知症の人が地域で安心して暮らすには、

認知症は老化の状態であり、騒ぐほどの

ことではない、と受け入れるところからです。


意思表示シートの活用で

今朝の神戸新聞朝刊のトップは、

「延命意思 事前にデータ化」の

記事でした。

http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201908/0012598107.shtml

 

神戸市医師会が市に提案したもので、

意思表示シートを活用して、望まない

搬送や蘇生を防ぐ狙いもあります。

 

平成30年第1回定例会の一般質問で

取り上げていたので関心を持って

読みました。

 

今日は孫たちと神戸動物王国へ。

下の孫は動物は苦手のようで、

ちょっと距離を置いています。

 

 

上の孫は動物好きで、エサをあげたり

触ったり、汗だくで楽しんでいました。

 

 

孫たちと夏休みを堪能しました。


夏休みらしい一日

今日は毎年恒例、お盆のお参りの日。

今年は本当に賑やかでした。

 

 

ご住職は家族が揃うまで待っていて

下さいました。仏さまは子や孫が

集まって賑やかにしていることを

喜んで下さるとのこと。

 

 

お参りが終わったら、下の孫たちは

プール遊びに興じます。

 

 

上の孫はプールよりスズムシの観察の

方が好きなようです。昨夜は1匹だけ

でしたが、今夜は数匹が鳴きだして

賑やかです。

 

 

夜は隣の地域の夏まつり。昨年から

復活、賑わっていました。

 

 

一番人気は射的、長い行列ができました。

 

 

こちらも大人気、1時間足らずで

売り切れたタピオカドリンク、

飲みたかったです。

 

 

カラオケも始まりました。

 

 

帰り道、昨日と同じくらい綺麗な

夕焼けでした。

 

 

帰宅して孫と花火大会(?)。

上手に持てるようになりました。

 

 

夏休みらしい一日でした。

 

 


原爆は人の意志で無くせる

今日は清流ライオンズクラブに

名誉顧問をはじめ、地区役員の

方々が例会訪問して下さいました。

 

 

12人のゲスト全員から温かい

スピーチを頂きました。

 

 

今日は長崎原爆の日。長崎市長の

平和宣言を聞きました。

 

原爆は人の意志で無くすことができる、

核兵器はいらないと声をあげましょうと

呼び掛けました。

 

19時過ぎてからポスティング。

夕日がとても綺麗でした。

 

 

真夏の暑さですが、夜は虫の声が

聞こえるようになりました。我が家の

スズムシも今夜初めて鳴きました。

 

 


播磨臨海道路が前進!

今朝の神戸新聞でトップを飾ったのは

播磨臨海道のルート案でした。

こちらは東播版の記事です。

http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201908/0012587919.shtml

 

加古川バイパスの交通量は過密状態で、

交通事故が多発しています。

 

また、加古川沿岸部には大手製造業者が

集積しており、播磨臨海道路は長年の

要望でした。一歩前進したことに大きな

期待が掛かります。

 

 

加古川東郵便局の南側の池に群生する

ハスの花。ものすごい規模です。

16時半頃の写真、花は閉じています。

 

 

 

今週末は3人の孫が集合するので、

お揃いの食器を用意しました。

ケンカになるので全員同じものです。

 

 

孫たちと夏の思い出を綴ります。

 


満員御礼の報告会

19回目の会派報告会、氷丘公民館は

満員御礼、約100名の方が参加して

下さいました。

 

 

前々回から報告会に来て下さっている

参議院議員の加田氏から、力強いお言葉を

頂きました。いろんな分野で国としっかり

連携して進めていきたいと思います。

 

 

今夜は時間が足りなくて、最後の私の報告は

3分30秒、ポイントは伝えられたと思います。

 

 

最後の挨拶は地域代表の松本裕之さん、

今夜来て下さった方に感謝を伝えました。

 

 


74回目のヒロシマの日に

神戸新聞朝刊に掲載されたのは

「認知症 AIで早期予防」の記事。

http://news.goo.ne.jp/article/kobe/world/kobe-20190806000.html

 

先月の常任委員会で報告があった

ものですが、NTT西日本が自治体と

共同で実証実験を実施するのは

全国初です。委員会当日のブログです。

http://blog.kitanimari.com/?day=20190719

 

今日は74回目のヒロシマ原爆の日。

8時からの平和祈念式典を見つめました。

 

広島市長の平和宣言では、インドの

独立に貢献したガンジーの言葉を

引用されました。

 

世界では自国第一主義が台頭し、

国家間の排他的、対立的な動きが

緊張関係を高めていることに、

憂うものです。

 

その言葉は、「不寛容はそれ自体が

暴力の一形態であり、真の民主的精神の

成長を妨げるものです」。

 

市長は、平和で持続可能な世界の実現には

一人一人が立場や主張の違いを乗り越え

「寛容」の心を持たなければならない、と

されました。

 

また、唯一の被爆国として、核兵器禁止

条約への署名・批准を強く求めました。

 

7日19時から氷丘公民館で報告会です。

皆様のお越しをお待ちしています。

 


ツバルを知ろう

毎週月曜日は会派定例会。主には

7日の報告会資料の確認でした。

 

 

また、議会事務事業評価の質問項目や、

評価の方向性について話し合いました。

 

今日更新された市のホームページに

「もっとツバルを知ろう講演会」の

案内が掲載されていました。

http://www.city.kakogawa.lg.jp/soshikikarasagasu/kikakubu/kikakubukohoka/tokyu_olympics_paralympic/1563272423890.html

ツバルは、地球温暖化がもたらす

海面上昇などにより”水没する恐れの

ある国として関心を集めています。

 

そのツバルから選手団が8月12日から

1年前合宿として来日されます。

 

ツバルには十分なスポーツ施設がないため、

加古川での合宿は選手らにとって貴重な

経験になると期待されています。

 

17日には小林祐梨子さんとツバル選手との

交流イベントが陸上競技場で開催されたり、

24日は「ツバルと地球温暖化について」の

講演会が開催されます。この機会にぜひ、

ご参加下さいね。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る