世の宝は

地域を歩くと様々な花に出逢います。

この可愛らしい花の名前はシラー、

帰宅してから調べました。

 

 

牡丹もあちこちで咲き始めました。

 

 

見事なモッコウバラです。こんな風に

花木の手入れをされる方を尊敬します。

 

 

NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」を

楽しみに観ていて、光秀の従弟の

明智左馬之助にも注目しています。

 

左馬之助のことを知ったのはこの本、

松下幸之助氏の「道をひらく」です。

 

 

光秀の重臣として活躍、本能寺の変の

後の戦いで、城を完全に包囲されて

観念した時、先手大将の堀直政に城内に

あった秘蔵の名器を贈ったとありました。

 

「かかる重器は命あって持つべき人が

持つ間こそその人の物なれ、決して私人の

物でなく、天下の物、世の宝と信じ申す・・」と。

 

私心にとらわれることなく、いまわの

際まで公の立場に立って判断し、処置を

誤らなかった左馬之助の態度を範としたい、

とありました。

 

また、世の宝は秘蔵の名器だけでない、

お互いに与えられている日々の仕事は、

すべて世の宝であるとされています。

 

新型コロナで厳しい状況が続いていますが、

今こそ真価が問われるのではないでしょうか。

私心にとらわれることのない働きを進めて

いくために今一度自身を戒めます。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る