生死一如とは

義父の十七回忌法要のため、

昨夕から長女と広島へ。

 

ご住職が来られる前にお墓参りへ。

この場所から見える景色が好きです。

 

 

ご住職と4月に93歳になる義母と

義兄夫婦、私たちだけの法要です。

ご住職からマスクを付けるように

促されました。

 

お経の後の法話は「生死一如」。

生と死は、「一つの如し」。

 

生と死は表裏一体、隣り合わせ、

生と死を分断しない、どちらも

大切である、といった内容でした。

 

義母の庭には春の可愛らしい山野草が

たくさん咲いています。

 

 

特に可愛かったのがこのお花、

ペチコートスイセンです。

 

 

土日の移動でしたが、山陽自動車道も

サービスエリアも空いていました。

観光バスがすっかり姿を消しています。

 

観光どころでない状況が続いています。

関連事業は死活問題です。


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る