まち・ひと・しごと創生総合戦略

議会棟に活けられた秋の花、

桔梗や菊と、冬桜でしょうか。

花びらは十月桜に似ています。

 

 

第8回加古川市まち・ひと・しごと創生

総合戦略会議を傍聴しました。

 

 

まずは計画期間の1年延長についてです。

現在の総合戦略は、平成27年の策定当時

計画期間を5年とすることが示されており、

今年度末までの計画となっています。

 

市の総合計画期間は来年度末までであり、

次期総合戦略を策定するにあたっては、

総合計画と合わせて検討することが、より

効果的に取り組めるため、延長するものです。

 

1年延長しますが、重要業績評価指標

(KPI)は、目標未達成の項目は現状維持、

目標達成しているものは変更すると説明

されました。

 

例えば、出生数はKPI算定にあたり参考とした

平成26年は2,264人でしたが、令和元年度の

目標を2,300人としていました。

 

 

ところが、出生率は年々減少、平成30年度は

1,948人で目標を大きく下回っています。

 

委員から、現状の目標数2,300人でよいのか、

新たに工夫して達成できる見込みがあるのか、

目標値を見直すことはどうか、という主旨の

質問があがりました。

 

それに対して、今後の1年でどんな働きかけが

できるのか、特効薬はないが、目標に近づける

施策が必要であると考えると答弁されました。

 

目標を大きく上回ったのが「暮らしの安全・安心」

刑法犯罪・交通人身事故発生件数です。

 

 

平成26年の犯罪発生件数は4,462件、令和元年の

目標を4,016件としていましたが、平成30年度で

2,843件と激減、令和元年度の現在、昨年同時期と

比較して約300件減少しています。

 

計画を延長するに当たり、新たな目標値を

次期戦略会議で示すと説明されました。

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る