会派新聞も空も秋色

会派新聞が出来上がりました。

今日の新聞折り込みに入っていた

ところもあると思います。

 

 

志政加古川秋号は紅葉色。

ポスティングでお届けする地域も

あります。ぜひお読み下さいね。

 

午後からは元気会。今日の内容は

「全員で語り合うトークショー」。

 

コーディネーターは、元兵庫県保健師、

元兵庫県社協若年性認知症相談センターの

相談員で、現在は高砂市の家族会

「つなぐ手と手」の事務局をされている

清水美代子さん。

 

 

各テーブルで日常の介護についての悩みを

話し合い、発表、意見交換を行いました。

こんなスタイルで行うのは初めてです。

 

テーブルごとの発表、一つとして

同じ課題はありませんでした。

 

 

 

清水さんの最後のメッセージは、

これまでの「認知症介護」から

「地域ケア(地域づくり)」への転換。

 

認知症の人が住み慣れた地域の良い環境で

自分らしく暮らし続ける「共生」です。

 

その活動の中心になるのが当事者の声。

地域や社会を変える最大の力は「家族会」

だと言われました。

 

 

17時半過ぎの空。夕焼けが綺麗でした。

 

 

夜は安心地域劇のワーキング。

主には、人生会議のための

「もしバナゲーム」のシーンに

ついて話し合いました。大詰めです。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る