パラスポーツに挑戦

午前中は代表質問の原稿に

向かっていました。ようやく

目途が立ってきました。

 

教育行政の諸課題について3項目、

「教育行政に市民の意見を反映させる

仕組み」「教職員が児童生徒と充分に

向き合える時間の確保」「エアコン

設置後の夏休みの短縮」の予定です。

 

11時からはコミュニティカフェ

「ノット」へ。昼食は野菜たっぷり

カレーでした。

 

 

加古川社協の実習生5人も参加、ノットの

アイドルと一緒にゲームをしてくれました。

 

 

飛び入りで歌って下さる方もあります。

参加者全員がボランティアのようです。

 

 

13時からは総合体育館で開催されていた

「かこパラスポーツ王国」へ。北京五輪

陸上女子5000m日本代表で加古川の観光

大使の小林祐梨子さんの挨拶です。

 

 

当日参加OKということで、様々な

パラスポーツを体験させて頂きました。

 

まずは、ブラインドサッカーです。

アイマスクを付けて介助者の声を

聞きながらボールを蹴ります。

 

 

アイマスクを付けたまま、この上を

一人で歩きます。点字ブロックの

疑似体験のようで難しかったです。

 

 

次に挑戦したのはフライングディスク。

私はコントロールが下手で1枚しか

通過できませんでした。

 

 

風船バレーボールは楽しかったです。

明日はきっと筋肉痛になると思います。

 

 

チャレンジはしてませんが、左は

卓球バレー、右はシッティングバレーです

 

 

ゲームには参加しませんでしたが、

車いすバスケットの体験もさせて

頂きました。

 

 

小学生たちは覚えるのが早いです。

ちゃんとゲームになっていました。

 

 

夜は野口自治会の夏季大学に

参加させて頂きました。

演題は「教信さんのものがたり」。

 

講演の前に今夜初公開の紙芝居が

ありました。講師の高松武司氏が

台本を作り、中部中学校の美術部が

絵を描きました。

 

 

紙芝居を読んだのは、野口まちこんの

永田さんです。ふるさと野口をもっと

知ってもらいたいと企画されました。

 

高松氏のお話はとても分かりやすく

引き込まれました。

 

 

教信上人は、浄土宗を開いた法然より

300年も前に称名念仏を実践した先駆者で

浄土真宗の親鸞や一遍が手本とした上人です。

 

「なむあみだぶつ」を唱えながら民衆と

共に働き、野口で生涯を終えました。

 

日本の新仏教の源流は野口にあったのです。

教信さんについて、毎年9月の”念ぶったん”で

絵解きとして語り継がれています。

 

 

これは江戸時代の観光パンフレットです。

 

 

現在の教信寺は、江戸時代のこの図と

ほぼ同じです。9月13~15日は地域の

こどもたちも楽しみにしている念ぶったん、

夜店もたくさん並びます。ぜひお越し下さいね。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る