ツバルと地球温暖化

午後から市民会館で開催された

講演会「ツバルと地球温暖化」に

参加しました。

 

オリンピックの事前合宿のため、

ツバルから選手とコーチが2週間

前から加古川市に来られています。

今日が最終日です。

 

初めにコーチから、加古川市の

ホスピタリティに感謝の言葉を

述べられました。

 

 

その後は合宿の写真を見ながら

感想を語られました。写真は加古川

西高校の陸上部との交流です。

 

 

市民提案の交流企画では、中央市民

病院の小児科を訪問されていました。

 

ツバルは太平洋地域(オセアニア)に

位置する独立国家で、面積は25.6㎢、

人口は約11,000人、気候変動等の環境

問題の影響で「沈みゆく国」として

世界から関心を集めています。

 

ツバルの紹介の後は、ツバルの歌と

ダンス、これはツバルの舞踊の衣装です。

 

 

この衣装を身に付けた参加者と一緒に

ダンスを踊られました。

 

 

環境部から「進み続ける温暖化」と

題して、ツバルの今と加古川市の

取り組みの説明がありました。

 

 

地球温暖化は待機中の二酸化炭素濃度の

上昇によると言われ、過去130年で平均

気温は世界で0.85℃、日本で1.14℃、

東京で3.3℃上昇しているとのこと。

 

二酸化炭素濃度が400ppmを超えると

加速度的に温暖化が進むそうですが、

2010年頃に400ppmを超えています。

 

危機的な状況であり、温暖化対策を

取らなかった場合、100年後には

最大4.8℃上昇すると言われています。

 

ツバルは海抜が平均2.5m、一番高い所でも

4mしかありません。土地開発や地球温暖化の

影響でさらに海面水位が上昇しています。

 

地球の海面水位は1900年から19兢緇此

100年後には最大で82兢緇此△修Δ覆襪

日本の砂浜の9割が減少すると言われました。

 

ツバルのコーチから、「同じ時に同じ地球に

住んでいる、温暖化については同じ問題として

取り組んでほしい。ツバルを救って、世界を

救ってほしい」と言われました。

 

夜は地域の夏まつり、今夏最終です。

夕方から雲行きが怪しくなり、一時雨が

降りましたが、無事開催されました。

 

 

この地域のまつりは何といっても

こどものはしご乗り演技。消防団員が

少年団のこどもたちに教えます。

 

はしご乗りに挑戦したのは小5〜6の

児童、3枚目の写真は女子です。

素晴らしい演技でした。

 

 

最後は盆踊り。今夏踊り納めです。(笑)



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る