100人以上の福祉職が

今日は議会事務事業評価対象事業の

説明会。来月の決算審査と合わせて

行う評価に向けての事前勉強会です。

 

 

総務はトライやる・ウィーク、福祉は

子育て世代包括支援センター、建設は

交通安全対策です。

 

トライやるは、平成10年から始まって

20年が経過しています。兵庫県独自の

事業で、県内の全公立中学校2年生を

対象にしています。

 

トライやるのトライはチャレンジと

学校・地域・家庭のトライアングルで

関わっていくところから来ています。

 

実施後に、生徒、事業者、家庭から

アンケートをとっていますが、概ね

良好のようです。

 

子育て世代包括支援センターは、

平成28年4月に市役所育児保健課内に、

平成29年6月から東加古川市民総合

サービスプラザ内に設置されています。

 

特に東加古川サービスプラザに設置

されてから、相談件数は顕著に増加

しています。

 

交通安全対策事業は、高齢者の交通

事故が増えている背景から、評価の

対象に選びました。

 

加古川市の交通事故件数は多く、

人身事故発生件数(人口1万人あたり)

県下ワースト3位です。

 

事故原因は横断等禁止や一時不停止、

安全運転義務違反などですが、ルール

違反、マナー違反を起こす理由は

把握されていません。

 

交通安全対策をしていても、事故が多い、

マナーが悪い状況が続いているのであれば、

その対策そのものを再点検する必要が

あると考えます。

 

今日は現状をある程度確認できましたが、

改善策に繋がる質問を考えます。

 

万里の道令和元年夏号が完成しました。

来週から比較的涼しい時間になってから

地域にポスティングする予定です。

 

 

夜は毎年恒例の安心地域を考える会

主催のビアガーデン。100人以上の

方が参加下さいました。

 

 

市長の激励も頂きました。

 

 

医療・介護の専門職だけでなく、

タクシーや住宅関連など様々な専門職が

集います。高齢者分野は安心です。

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る