貴重な体験でした

今朝は鶴林寺親子文化財教室へ。

9時〜11時限定で、普段は非公開の

お堂の見学や撮影ができると知り、

参加させて頂きました。

 

すっきゃ加古川とかこがわ人の会の

メンバーがガイド役を務めて下さいます。

代表のご挨拶です。

 

 

5~6人のグループに1人のガイドさん、

夏休みの自由研究に参加される小学生の

ためにわかりやすく説明下さいました。

 

 

左は菩提樹の実、右は三重の塔の

鬼瓦です。この鬼瓦だけ、どこから見ても

正面に見えるようになっています。

 

 

兵庫県内には国宝が6つありますが、

その内2つが鶴林寺にあるとのこと、

左の本堂と右の太子堂が国宝です。

 

 

本堂は折衷洋式の最高傑作と言われ、

「和様」「禅宗用」「大仏様」の

3様式を取り入れて建造されています。

 

本堂の内陣の板戸には、日本最古の

鶴の絵、室町時代初期のものです。

こんな絵があることも知りませんでした。

右は本堂から見た山門を撮ったものです。

 

 

日本は古くから「神」と「仏」は

同体であるという思想があり、

鶴林寺にも鳥居があります。

 

 

鳥居をくぐると行者堂があり、この

前庭で3月のお彼岸に大護摩が炊かれます。

 

 

鐘楼は、袴をはいているように

見えることから「袴腰鐘楼」と

呼ばれています。

 

 

鐘楼の中まで入らせて頂きました。

急な階段を上がっていったところに

鐘があります。

 

 

太子堂の中や宝物館でも写真を撮らせて

頂きました。普段は撮影禁止なので、

SNSでの公開はできません。

 

宝物館では、重要文化財で復元された

九品来迎図、太子堂壁画の他、あいたた

観音さまなど、たっぷり見せて頂きました。

 

宝物館の前庭の池に咲く睡蓮です。

 

 

大変な暑さの中、丁寧に説明して下さった

ガイドさんに感謝です。普段見られない

文化財を観られた貴重な体験でした。

 

その後は、コミュニティカフェノットへ。

 

 

昼食はちらし寿司。ボランティアさんの

手作り、有難いです。

 

 

ノットのアイドル、きょうかちゃんも

歌ってくれます。天使の声です。

風船アートのプレゼントがありました。

 

 

グループホームから参加された男性も

飛び入りで歌って下さいました。

 

 

続けて、ウェルネージ加古川で開催された

自殺対策講演会へ。

 

講演はカウンセラー芸人鮎川ヒロアキ氏。

左奥に見えるのが鮎川氏、右は構成作家の

高田豪氏で、トークショースタイルでした。

 

 

鮎川氏はカウンセラー芸人です。

お笑いコンビ「なぎさ」で20年前から

活動する傍ら、心理カウンセラーの資格を

取得、相談や講演活動をされています。

 

精神疾患の妻に寄り添い、「支える側の

当事者」として、悩み、歩みを進めて

こられました。

 

様々な経験の中でたどり着いたのは、

「生きているだけで有難う」と思い、

「期待しないで見放さない」ことです。

 

事前にとっておいた対策として、

身近な人に家庭の事情の共有を

しておくこと、緊急時に駆けつけて

くれる人を見つけておくこと。

 

また、相談に応える側としては、

「評価しない」ことや、同じ病気で

あっても症状や環境は固有のものであり、

あてはめないことが大切です。

 

参加者は120人程、満席でした。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る