人生最後の迎え方は

平日のヤマトヤシキ7階の18時頃の

写真です。閑散としています。

 

 

以前はレストラン街で賑わう階でしたが、

客足が減り、現在は2店のみです。空いた

スペースに子育てプラザの拡張と、将棋

プラザが入りましたが、寂しい風景です。

 

駅前の賑わいは、街の活気を表しているように

感じます。私たちを含め、みんなで知恵を

絞らなければなりません
 

神戸新聞夕刊に6月10日から毎週月曜日に

掲載されている石飛幸三医師のコラム、

「人生最期の迎え方〜平穏死のすすめ」。

 

 

石飛幸三氏は、東京都済生会中央病院

副院長を経て、2005年から世田谷

区立の特養「芦花ホーム」の常勤医です。

 

著書に「平穏死のすすめ」があり、来月

福祉会館で講演される阿曽沼医師は、この

著書に共感、最先端医療から看取り医療に

転身されました。

 

 

石飛氏の「人生最期の迎え方」は、

医学が進歩しても生かし続けることは

できないこと、どうしたら自分らしく、

いい形で最期を迎えられるかとホームでの

経験を綴られています。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る