利他の心と共感力

先日届いたプレジデント7月5日号。

 

 

タイトルの『稲盛和夫が教えてくれた

「人間の器」の広げ方』に惹かれます。

 

稲盛氏が大切にしているのが「利他の心」。

商売で考えるのは自分(会社)が得する

ことでなく、お客さんのメリットでした。

 

「利他の心」と似ていると感じたのが、

アダム・スミスの「共感」です。

 

プレジデントの中で斉藤孝氏がコラム

「古典の名言」で紹介されていたものです。

 

アダム・スミスの「道徳感情論」から、

「人間本性のなかには、他人の運命に

関心を持ち、他人の幸福をかけがえのない

ものにするいくつかの推進力が含まれている」。

 

斉藤氏は、心の中に公平な観察者を持ち、

他人の運命に関心を持つことで一人一人が

共感力を磨いてほしい、と締めくくりました。

 

「利他の心」と「共感力」。現代の

格差社会を是正するにも、今一度

この考え方に立ち返る必要があります。

 

詳しくはプレジデントをお読み下さいね。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る