LINEで要支援者の安否確認

一般質問3日目。3日間続くのは

初めてではないでしょうか。

 

今日は会派から2人続いて質問。

織田議員は「高齢者の自動車事故対策」と

「加古川市地域公共交通プラン」です。

 

以前ブログにも書きましたが、免許返納

だけでなく、高齢者が安全に運転できる

対策も必要だとして、もみじマークの

配布や、踏み間違え防止装置の補助を提案。

 

答弁は、運転適性相談の充実や、安全運転

サポート車の啓発等を上げられ、補助制度に

ついては国の施策が必要とされました。

 

大野議員は「見守りカメラ及び見守り

サービス」。国土交通大臣賞を受賞した

サービスをもっと広げていかなければなりません。

http://www.city.kakogawa.lg.jp/soshikikarasagasu/kyodo/shiminseikatsuanshinka/ICT/mimamori.html

 

4月からの3カ月間のお試しも含めて

タグを保有しているのは約1,000人。

 

加古川の規模から考えると保有率は

かなり低いです。せっかくのサービスが

活かされなければ意味がありません。

 

加古川市がモデルにした伊丹市では、

小学生のタグの保有率は51%との

こと。今後は学校園に計画的に

広報していきたいと答弁されました。

 

少し前のニュース、伊丹市が災害時に

LINEで安否確認、全国初の取り組みです。

http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201906/0012396185.shtml

 

地域のアジサイ、可愛らしいです。

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る