教育が大きく変わります

総務教育常任委員会で予算審議。

午前中は12時半に終了、全て

終わったのが16時半でした。

 

 

委員会では、新規事業だけでなく、

これまでの取り組みの効果や課題、

改善策などについても確認します。

 

教育費だけで2時間を費やしました。

いじめや不登校の未然防止を図るための

アセス(学校環境適応感尺度調査)の

問題点を指摘、改善を求めました。

 

「協同的探究学習」は、31年度はさらに

推進するため、東京大学の藤村教授が

加古川に21回指導に来られます。

その積算根拠を確認しました。

 

「協同的探究学習」にこだわるのは、

2020年からの教育がこれまでとは

大きく変わるからです。それに伴い、

高校、大学入試も変化します。

 

高校入試は、「自分で考える力」や

「学んだことを生かす力」を、

大学入試は、思考・判断・表現力が

重視される試験になります。

 

自身の考えやその根拠を説明し、他者と

理解を共有し、本質を深く捉える力を

育てるのが「協同的探究学習」です。

 

教育改革の背景は、社会の急激な変化。

ITの発達、産業のグローバル化、AIの

進化に対応する力が求められています。

 

予算審議の後は、市内教員の体罰に係る

懲戒処分の報告がありました。今朝の

神戸新聞社会面にも掲載されました。

 

 

昨日のブログに、学校での体罰禁止に

ついて書いたばかりで、決してあっては

ならない行為です。厳しく追及しました。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る