心に雨がふるときは

市民会館で開催された人権フォーラムに

行ってきました。

 

 

ロビーには、人権マークや人権標語等の

優秀作品が展示されていました。

 

 

人権マークは7,016点、人権標語・キャッチコピーは

なんと19,213点、人権ポスターは1,272点の中から

それぞれの優秀賞5人の表彰式が行われました。

 

 

今日のタイトル「心に雨が〜」は、約2万点の

中から優秀賞に輝いた野口北小学校4年生の作品、

「心に雨がふるときは 君の言葉がかさになる」からです。

素敵な標語ですね。

 

講演は落語家で僧侶の露の団姫(まるこ)さんで、

『一隅を照らす〜自分の持ち場で一生懸命』でした。

 

 

「一隅」とは、それぞれの持ち場、役割のこと、

それぞれにしかできない大切な役割がある、

一人一人が明るく光り輝くことで世の中が

明るくなる、ということです。

 

団姫さんは比叡山延暦寺の僧、厳しい修行を

経て正式な天台僧となり、天台宗のキャンペーン

ガールも務めておられます。

 

ご主人はクリスチャン、互いの信仰を認め合うことも

「一隅を照らす」ことに通じているとのことでした。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る