失敗の流儀を身につける

午前中は、ケアつうしんを持って

市内を回りました。今月引っ越しを

する事業所が2つもありましたが、

今後も継続して届けます。

 

午後からは会派定例会。12時半から

15時まで休憩なしで話し合いました。

 

みんなで課題を共有する、一人一人の

意見を大切に受け止める、それが私たち

会派の流儀です。

 

流儀と言えば、今月号のプレジデント

山中教授の「自分を変える」に

流儀という言葉が使われていました。

 

 

山中教授とユニクロ社長・柳井正氏の

対談記事、どちらもたくさんの失敗から、

様々なものを生み出してこられました。

 

山中教授は、自分の人生も実験している、

だから新しいことをなるべく試すように

していると話しておられました。

 

また、失敗をどう考えるかも大切で、

失敗して頭にきて投げ出すのと、

失敗の原因を調べて対策を考えるのでは

大きく結果が違ってくるとありました。

 

いい結果を得るには、「失敗の流儀」を

身につけることが大事なのだと思う、と

ありました。ぜひ、読んで下さいね。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る