シニア住宅選びの鍵は

各地で猛暑日、外に出ると日差しと

熱気にクラクラします。こんな日に

外で活動されている方が心配です。

 

商業施設の屋根のある駐車場、車外

温度は37℃、道路上では、39℃に

上がっていました。

 

 

今日の神戸新聞「新ひょうごの医療」の

『シリーズ14 最期を生きるー第2部』を

読みました。

 

 

シニア住宅は様々あります。最近増えて

いるのがサービス付き高齢者住宅。

食事の提供や安否確認、生活相談が

受けられます。

 

元気な時から住むことができ、介護が

必要になれば、介護保険でデイサービスや

ヘルパー、医療のサービスを組み合わせば、

最期まで暮らし続けることができます。

 

在宅医療に長年取り組まれた、春日野会

病院理事長吉田氏は、シニア住宅選びの

鍵を挙げていました。

 

医療の選択肢と連携体制、ライフスタイルの

自由度、入居者の看取り方と実績等です。

 

シニア住宅は、すぐ駆け付けられる距離にいる

主治医と信頼を築き、主治医不在時に代わりの

医師が診る体制を敷くことや、多様な希望を

汲み取るチーム力が問われる、とありました。

 

詳しくは新聞をご覧下さいね。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る