AYA世代を知って

日々、様々な相談を受けます。最近はメールの

相談も増えましたが、今日はお手紙を頂きました。

地域の顔見知りの方からです。

 

 

彼女の手紙によると、ご主人が3年前に悪性腫瘍に

なり、現在も治療中です。ご主人が発症時のこどもの

年齢は5歳と0歳だったそうです。

 

夫やこどもたちと重なります。夫が亡くなったのは

もう30年前、こどもたちは1歳、3歳、4歳でした。

 

今は、若年成人のがんを「AYA(アヤ)世代」と

言うことをこのお手紙で知りました。

わかりやすいサイトを見つけました。

http://oncolo.jp/dictionary/aya%e4%b8%96%e4%bb%a3

 

彼女の願いは「AYA世代」のことを市民の方に

知ってもらいたい、ということと、AYA世代の

対策に取り組んでもらいたい、というものでした。

 

この世代のがんは、就学、就職、結婚、出産など、

人生で重要なイベントが集中し、治療だけでなく、

小児・成人のがんとは異なる様々な社会的な問題に

直面しているということです。

 

認知症の支援についても、高齢者と比較して、

若年性認知症と診断された方に対する支援が

遅れている、ということと同じようです。

 

この課題についてしっかり取り組みます。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る