本気の元気の源は

朝日新聞、今日の「折々のことば」。

後半のことばにドキリとさせられます。

 

政治家の演説は、

「意味の曖昧と、まるで雲を掴むような

一般論の掃きだめ場所」になってはならないと。

 

曖昧な表現をできるだけ避けようと、

「〜思います」という言葉は、文章では

使わないよう意識していますが、言葉では

出てしまっているかもしれません。

 

また、一般論にならないよう、できるだけ

具体的な文言を選んでいるつもりですが、

常に意識しておく必要があります。

 

折々のことば、いつも深い言葉です。

ぜひ、お読み下さいね。

 

午後は元気会に参加。会場のリバティは、

季節毎のディスプレイで楽しませてくれます。

 

右の写真には可愛らしいカタツムリや

雨靴が置いてあります。

 

 

今日は「元気になる音楽体操」、講師は

ジュンコ先生。元気会では3回目となります。

スタイル抜群です。

 

 

コミュニケーション技術の講師としても

医療・福祉業界から依頼され、昨日も

明日も東京出張だそうです。

http://universaldance.jp/activity/asaihospital

 

「本気の元気」を目指すこと、その源は、

「声」を出すことだと言われました。

 

前半は、声の出し方のレッスン。

まずは最初の言葉を強く発声します。

「おはようございます。」

 

次は、語尾を「っ」「〜」を意識し、

サ行をハッキリ発音します。

はようございまっ」

はようございま〜っ」

 

そして、自分の声を意識的に聞こうと

すること。声が変わってくるそうです。

 

最後は、声を出しながらの体操や、

ダンスを行いました。

 

写真は、万歳三唱をしているところ、

この動きが体にいいそうです。

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る