平和とは

世界連邦運動協会加古川支部の

第24回総会でした。

支部長の開会のご挨拶です。

 

 

世界連邦運動は、原子力の研究者で、

日本人最初のノーベル賞受賞者である

湯川秀樹博士らの苦悩から発案されました。

 

苦悩とは、自らが研究に取り組んできたことが、

広島・長崎の原爆投下に繋がったことに対する

自責の念です。

 

「世界連邦は昨日の夢であり、明日の現実である。

今日は昨日から明日への第一歩である」と。

 

世界連邦を求めたエメリー・リーブスの言葉にも

心を動かされました。

 

「平和とは、法律に基づいた秩序である。

それ以外の定義は考えられない。平和についての

他の観念は、見えすいたユートピアに過ぎない。」

 

来月の選挙のポスター掲示場が設置されました。

いよいよ、という感じです。

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る