淡路島生田村へ

今日はエコ炭銀行研修旅行で淡路島へ

向いました。毎年恒例で、年度末の

最終日曜日に実施しています。

 

最初にバスを降りたのは、淡路花さじき。

菜の花が綺麗です。NHKの連続テレビ小説

「あさが来た」の最終回のシーンは、

ちょうどこの時期に撮影されました。

 

 

今日の研修は、そばカフェ生田村での

取り組みを聴かせて頂きました。

 

 

生田村は、堺雅人さんの「パンドラ」や

満島ひかりさんの「夏の終わり」等の映画や

CMなどでも舞台になったところです。

 

生田村は、淡路氏の北端の3集落で構成、

世帯数は約140戸、人口は約400人、

高齢化率は約40%です。

 

3集落は元々、寺も宮も違い、交流もなく、

何をしてもまとまらない地域と言われて

いましたが、過疎化の進行で、地域活性化を

始めようと生田村地域活性協議会を結成。

 

平成19年から、国の補助事業を活用して

全世帯が参加して蕎麦の栽培を始めました。

 

最初は蕎麦を食べるのではなく、花を楽しむ

イベントを開催、人口の10倍以上の方が

参加する一大イベントに発展しました。

 

そして、平成23年廃園になった保育園を

改修して「生田村交流ひろば」が誕生、

コミュニティ発展の場になりました。

 

週2回のコミュニティカフェは、隣の

小学校のグランドを借りて楽しむ

グランドゴルフや100歳体操の後は

大勢の人で賑わっているそうです。

 

そして、そばカフェと、この取り組みを

きっかけに誕生したホタルカフェや古民家

カフェに約2万5千人の人が訪れるそうです。

 

ホタルカフェや古民家カフェの経営は

東京からの移住者です。

 

交流施設に太陽光パネルで、売電収入は

年間85万円、ホタルカフェの家賃収入、

蕎麦打ち体験やレストランなどの収入で

補助金に頼らない運営をされています。

 

 

帰り道、バスから夕陽を撮りました。

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る