あの日から7年

3.11.この日を決して忘れない。

映し出された信じがたい光景、

1年後、被災地で目にしたものを。

 

大切な人失った悲しみは、年月が経つほど

募ってくるものです。同年齢の人をみると、

重ね合わせてしまうことでしょう。

 

だからといって、日々の暮らしの中で、

ずっと打ちひしがれていることはできません。

突然、何気ない時に、悲しくて仕方がない、

そんな繰り返しだったのではないでしょうか。

 

今日はその悲しみを感じることが、犠牲に

なられた方の追悼になるような気がします。

 

市民会館大会議室で開催された、外国人による

日本語スピーチ発表会を聴いてきました。

国際交流協会理事として強く関心があります。

 

プライベートレッスンや日本語クラスの

28人の方が一生懸命スピーチされました。

 

自分の国のこと、日本に来て感じたこと、

嬉しかったこと、楽しかったことなど、

笑顔で語りました。

 

トップバッターは、ナイジェリアの女性。

 

 

ベトナムの方が多いです。

民族衣装も素敵です。

 

 

この衣装はインドネシアです。

 

 

中国の方々です。右側は中部中学校を先日

卒業した生徒さんで、高校に合格した喜びを

語りました。

 

 

トリニーダド・トバコ、国名を初めて知りました。

リンボーダンスの発祥の地、カーニバルはリオより

楽しいと言われました。

 

 

国際交流センターで日本語を学ぶのは、来日

1〜3年の方々、支えるのは、ボランティアが

中心です。生徒さんらは一様に感謝の言葉を

伝えていました。

 

外国の方から、改めて日本の素晴らしさに

気付かされました。また、様々な国の魅力も

知りました。楽しくて素敵な時間でした。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る