人が一番嬉しいことは

私や娘の母校、中部中学校の卒業式に

今年も出席させて頂きました。

 

男子135人、女子121人が卒業証書を

授与されました。

 

 

校長先生は、通算して18年間も中部中学校に

在籍され、自身の卒業式のようだと、

会式前から涙ぐむような場面がありました。

 

校長先生の式辞の中で、やなせたかしさんの

言葉を卒業生に贈られました。

 

「人が一番嬉しいことは、人を喜こばせることだ」

人を喜ばせることで、自分が嬉しくなる、

そういう生き方をしてほしい、と語りかけました。

 

卒業生が歌った「さくら」で、ジーンと

なりました。最後は校歌斉唱。ほぼ、

歌詞を見なくても歌えます。

 

作詞は中部中学校初代校長先生です。

戦後、志方から野口に自転車で通う

道すがらの風景を描いたものだそうです。

 

爽やかな風を感じる歌詞です。

最初のフレーズだけ紹介しますね。

 

1番:風さやかなる播磨野に 真白(ましろ)き雲の輝きて

2番:野行き丘行き林行き 草の小道を友垣と

3番:水上(みなかみ)遠き加古川の 清き流れのせせらぎは

 

市役所ロビーでは障がい者製品フェア、

12時半過ぎにはほとんどが売り切れでした。

 

 

いつものお味噌と、今日は手すきの紙で

作ったハガキやポチ袋を買いました。

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る