女性活躍時代、応援団長も

今日は一般質問の準備をしていました。

明日が通告期限です。

 

質問内容は以前ブログに書いた

高齢者救急医療の現状と課題。

 

心肺停止状態で搬送される傷病者は

年々増え、高齢者の割合は77%です。

 

終末期をどう迎えるのか、家族や医師と

十分話し合っておくことが大切です。

 

患者の意思を尊重する医療・ケア体制、

特に在宅療養における事前指示を整備し、

それを機能させる体制の構築を求めます。

 

議会棟の洗面所に梅の花が活けてありました。

春の訪れを感じます。

 

 

 

私のHPを見て、大学の後輩になります、と

話しかけて下さった職員さん、嬉しいです。

 

私が大学で応援団だったことを伝えると、

応援団には怖いイメージがあると言われたので、

現在の団長が女性であることを伝えました。

 

 

応援団のTwitterでアップされていた新聞、

リーダー部11人中6人が女性。関大や阪大でも

女性応援団長が誕生しているとありました。

 

平昌オリンピックといい、女性の活躍には

目を見張ります。

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る