加熱式タバコでも受動喫煙

第12回禁煙・防煙、いのちを守るフォーラムに

参加しました。9回目から小・中学校も参加、

新たな喫煙者を作らない取り組みです。

 

会場には禁煙啓発ポスター・標語の優秀作品が

展示してありました。

 

 

最初は、播磨小学校と陵南中学校で取り組む

「健康」「安全」活動の発表です。

 

 

講演は7人の開業医で結成する「禁煙ひろめ隊」で

中心的に活動をされている猪俣先生。テーマは

「電子タバコは本当に安全なのか?」です。

 

 

受動喫煙や禁煙対策については大きな関心があり、

これまでにも2回、一般質問で取り上げてきました。

 

日本の受動喫煙対策は先進国の中で最も遅れています。

東京オリンピック開催に向け、この対策を強化することは

重要ですが、国会議員の喫煙者が多く、なかなか進まない

現状です。

 

同じことが市議会にもあり、議員の喫煙者が多いことで

進みにくいと感じています。喫煙所についてはずいぶん

改善されましたが、喫煙後に排出され続ける呼出煙に

悩まされる人は少なくありません。

 

タバコの煙には400種類以上の化学物質が含まれ、

その内200種類以上は有害物質、防腐剤や防カビ剤、

漂白剤なども含まれています。

 

喫煙者が直接吸い込む「主流煙」より、副流煙の方が

2〜100倍多いとされ、この影響で毎年1万5千人が

亡くなっています。

 

講演は加熱式タバコに対する注意喚起です。

加熱式タバコは臭いや煙が少ないように見えますが、

受動喫煙の影響はかなりあるとのこと。

 

また、『有害物質を90%カット』と宣伝していますが、

タバコの箱には小さな文字で、「健康に及ぼす悪影響が、

他製品と比べて小さいことを意味するものではありません」と

記載されているそうです。

 

加熱式タバコが安全だと証明されたデータはなく、

日本人で影響があるかを実験されている、と

言われました。

 

それを証明するかのように、「悪魔のマーケティング

タバコ産業が語った真実」を紹介されました。

 

欧米のタバコ会社の宣伝に出演していた俳優が、

その会社の役員に「なぜあなたは吸わないのか」と

聞くと、

 

「もちろんそんなもの吸わない。ただ売るだけ。

タバコを吸う権利は、こどもや貧乏人、黒人、

それからその他のおバカな方々にさしあげますよ」と

答えたとのこと。アジアもターゲットにされているそうです。

 

日本人に知らされていない真実があるようですね。

 

夜は娘たちがバースディパーティを企画してくれました。

 

 

平昌オリンピックは女子の活躍が目立ちましたね。

睫攸手金メダル!!カーリング女子銅メダル!!

素晴らしいです。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6273321

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00010002-spht-spo



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る