明石では共生型支援施設の新設

今日は久しぶりにわが家にみんなが

揃いました。上の孫、妹のスカート付きの

レギンスを着ると言ってききません。

 

 

私の妹が下の孫にと届けてくれたお雛様の

壁掛け。右が去年届けてくれたものです。

 

 

神戸新聞明石版に掲載されていたのは

福祉センターの隣に共生型支援施設を

新設するという記事です。

http://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201802/0010972080.shtml

 

加古川市の高齢者福祉計画・介護保険事業計画の

パブリックコメントをあげる際、明石市の計画案を

参考にしたのですが、その中に「共生型支援」に

ついても触れられていました。

 

こどもや高齢者、障がいのある人を総合的に支援する

「共生型支援施設」では、こども食堂や認知症カフェ、

障害者就労支援事業等に使える空間も備えるとありました。

 

読売新聞の播磨姫路版では、姫路市の市立障がい者

支援センターで、育てた野菜をホテル日航姫路の

レストランの食材として活用されるという記事。

 

 

ホテル日航姫路といえば、姫路駅前のシンボルにも

なっている一流のホテルです。無農薬の野菜を

安定的に提供できることが取引に繋がったとのこと。

詳しくは読売新聞を読んで下さいね。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る