リーダーシップとイニシアチブの違い

今朝は小学校の卒業式に行かせていただきました。私の子供たちが卒業した学校です。
子どもたちの時代とは違って、座席が対面式だったこと、舞台の中央は日の丸や校章ではなく、
スクリーンになっていました。卒業証書授与の時に、それぞれの赤ちゃんの時の写真が映し出されていました。


夜は『安心できる地域ケアを考える会』でした。今日の参加者は新しく来られた方も含めて20名でした。
最近の進め方は、初めにリレートークをします。毎月1人ずつ、自分が今感じていること等を話すのです。
これが結構面白くて、その後に続く意見交換会のウォーミングアップ的な役割を果たします。

今日のリレートークのテーマは、
『地域づくりと地域福祉の違い、リーダーシップとイニシアチブの違い』でした。


『地域づくり』は、住民が「こんな町にしたい」という主体的な活動であり、その『地域づくり』に対して、
住民の主体性を奪うことなく、活動の支援をするのが専門職の役割の一つであるということです。

『地域福祉』は、行政や専門職がリーダーシップを発揮して実現する要素が強く、『地域づくり』と
混同してはいけないということでした。

専門職は、住民を支援することだけでなく、住民が気付かないことに気づき、その必要性を訴えたり、
社会資源を創出するなど、強いリーダーシップが必要なのです。

『リーダーシップ』は、「あるべき姿を周りの人々が見えるようにし、そこへ向かう行動を促すもの」で、
『イニシアチブ』は、自らの主体性に基づいて、率先して行動するもの」という意味だそうです。

今回の大震災でもそうですが、求められているのは政府の強いリーダーシップで、
復興を実現していくのは、国民の力、イニシアチブだと思います、といった内容でした。

加古川市が推進する『地域の絆づくり』にも役立つような話でした。


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る