明石市長選公開討論会

今日も代表質問がありました。施政方針をいろんな角度から会派代表が聞いていきます。それ以外にも、
市長のこれまで8年間の市政を振り返って、マニフェストを実行してきたかというものもありました。
午後は会派で予算審議に対する勉強会をしました。

明日はいよいよ私の一般質問です。万全の準備をしなくてはいけないのですが、明石市長選の
公開討論会があると神戸新聞に載っていたので行ってきました。

これは、『明日の明石市政をつくる会』が主催で、「市民マニフェスト」を立候補者に対して問うものです。
元県民局職員宮野氏と元衆議院議員で弁護士の泉氏の2人が名乗りを上げています。
どんな討論になるか楽しみに行ってきたのですが、宮野氏は欠席でした。


泉氏と「明日の明石市政をつくる会」の代表者だけで討論が始まりました。会が「市民マニフェスト」を
作り、それを泉氏に問うという方法でした。事前の打ち合わせは全くなく、すべてアドリブで行われました。

初めに泉氏に対し明石市をどうしたいのかを尋ねると、「日本一暮らしやすい、元気なまち」にしたいと言われました。
そして、何をやるのかを3つにまとめて言うように求められると、一瞬考えてから、
「,金の使い道の問題、△泙舛鮓亀い砲垢詭簑蝓↓市民がまちを創る問題」と答えられました。

明石市は昨年4月に「自治基本条例」を制定されています。市民主体の市政とまちづくりを進めていける
リーダーを選ばなければなりません。市民参画という言葉は最近どこの市町でも使われていますが、
形だけのことが多く、一般市民は参画できないと感じているという意見もありました。

厳しい質問にも、わかりやすく丁寧に答えられた泉氏は素晴らしかったです。
宮野氏は本当に残念です。こんな場にこそ来て、堂々と討論して頂きたかったです。
帰宅が遅くなりました。今から明日の原稿を読む練習をします。


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る