災害時支援ボランティアとして

午前中は市役所前広場等で開催された

加古川市総合防災訓練に災害時支援

ボランティアとして参加しました。

 

避難者役として障がいのある人と

一緒に、防災士さんや消防団の方々の

誘導のもと、避難しました。

 

 

聴覚に障がいのある人には、

手話通訳だけでなく、筆記通訳が

付きます。総合防災訓練に初めて

障がいのある人が参加されました。

 

 

避難した後は、救援物資を避難所に

運ぶ訓練や、給水訓練も行いました。

 

 

消防団による土のう作成訓練。

 

 

救出救護訓練です。

 

 

議員仲間と撮って頂きました。

右端の防災士さんは同じ会派の

松本議員です。

 

 

小ホールでは様々な展示がありました。

 

 

右の男性が持っているのは新たに

作成されたコミュニケーションボード。

 

 

知的障がいのある人や聴覚障がいの

ある方など、言葉でうまく意思や

状況を伝えられない場合に使用する

ボードです。外国人の方にも使用できます。

 

防災訓練の会場にほぼ毎回参加される

ちびっこ特別救助隊。頼もしい3兄弟です。

名刺まで頂きました。

 

 

負けじと娘たちから今日届いた写真。(笑)

 

 

 

今夜はテレビの前でラグビー観戦。

残念ながら終わってしましましたが、

よく頑張りました!にわかファンを

楽しませて頂きました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00000005-maiph-spo.view-000


健康に気を付けると幸せになれない?

福祉会館で開催された

「人生100年時代の幸福論」。

 

 

講師は福井県おおい町国保名田庄診療所

所長の中村伸一氏。おおい町は人口

約2,500人、高齢化率38%、医療機関は

診療所のみです。

 

在宅ケアと看取りを約20年間に渡って

進めてこられ、これまでにもテレビ等で

何度も取り上げられました。

 

 

中村先生をモデルにした漫画は

平成23年1月から週刊現代に連載

されました。当時は髭を生やして

いたそうです。

 

 

先生の本が原案になった「ドロクター」。

小池徹平さんが主演されました。

 

 

今日のテーマは「幸せ」です。

先生の先輩名郷直樹Drは講演で

「健康に気を付けると人は幸せに

なれない」とされたそうです。

 

 

健康の定義は色々ありますが・・・

 

 

中村先生のお気に入りはこれ。

順天堂大学スポーツ健康科学部

島内憲夫教授の言葉です。

 

 

病気や障がいを持っていても、

いきいきと生きている、生きようと

している状態とのこと。

 

先生がこれまで接して来られた

高齢者の方々は末期でも自分らしく

過ごされていました。

 

 

年齢毎の主観的幸福感のアメリカとの

比較では、日本は15歳をピークに下がり

続けますが、アメリカは年齢が上がるにつれ

幸福感も上がっています。

 

 

福井県は長寿と幸福度が高い県です。

最初は理由がわからず「なぜか長寿!?」と

いうキャッチフレーズでしたが、その後

「健康長寿な福井です!」としています。

 

 

その秘密は福井県人の生活習慣力と

地域絆力にありました。

 

 

将来老後の収入でストレスを

感じている人の割合47位という

結果もあります。

 

 

幸福度まで日本一、素晴らしいです。

一番の鍵は「絆」ということを

様々な例を出して説明されました。

 

 

中村先生は様々な映像を活用して

説明して下さいました。

これは必見です。最後までご覧下さいね。

http://www.youtube.com/watch?v=tIudBRsTOw8

 

中村先生の講義は本当に素晴らしく、

多くの方に聴いて頂きたい内容でした。

 

14時からは兵庫大学で開催された

「大学と地域との連携推進懇談会」を

傍聴しました。

 

 

パネリストの一人は西村先生、

テーマは「人生の最後をよりよくするために

エンドオブライフ期のケアを考える」です。

 

 

それぞれの先生方の報告は興味深く

聴かせて頂きました。

今日一日たくさんの学びを頂きました。

 


指定ごみ袋制度のパブコメ結果は

今朝は保護司会の一員として、

加古川刑務所の運動会に出席させて

頂きました。

 

 

開会前に雨が降りだし、開会宣言、

選手宣誓、準備体操と進むにつれ、

本降りになり、とうとう中止になりました。

 

大きな声で堂々とした選手宣誓、

準備体操の手本をされた方の

一生懸命さが伝わってきました。

 

男区には750人の方がおられます。

高齢の方も多く、車いすの方が

5人ほどおられました。

 

その後は福祉環境常任委員会を

傍聴、指定ごみ袋制度の導入に係る

パブリックコメントの実施結果の

報告を聞きました。

 

応募人数は126人、意見総数は302件で、

賛成が22人、反対及び現状維持が84人、

その他が20人でした。

 

賛成の意見は、指定ごみ袋の使用により、

家庭でごみ減量やごみ出しのマナーについて

考えるきっかけになる、ごみ減量がさらに

進むのであればよいことだ、というものでした。

 

反対及び現状維持を希望する意見は、

「わずかでもごみ袋の価格が上昇するのは

困る」「指定ごみ袋を使わないごみ出しが

予想され、その対応に町内会の仕事が

増える」等でした。

 

指定ごみ袋の価格は、現在市販されている

ポリ袋とほぼ同価格を見込まれていますが、

厚みや形状、印字する文字など市独自の

仕様で製造するため、数円程度高くなる

ことも考えられるとのこと。

 

導入する場合は、広報での特集記事やチラシの

各戸配布、説明会の実施等、約1年間周知し、

その後半年程度試行期間を設けるとのこと。

 

現在でも、透明のごみ袋で出すことが規定

されていますが、青色や紙袋、段ボール箱でも

収集されるため、指定ごみ袋に抵抗感を

示す人があるのではないでしょうか。

 

周知期間中に、現在でも透明のごみ袋に

規定されていることを改めて伝えていく

必要があります。

 

午後からは10月31日の会派報告会の

練習。パワーポイント資料ができました。

まだここから修正します。

 

 

私は13時半から労働者福祉協議会の

懇談会に出席。働き方改革や業務の

効率化の課題の他、公共交通の課題など、

1時間半たっぷり話し合いました。

 

 


教員のメンタルヘルスは

今日は総務教育常任委員会でした。

教育委員会から重要な報告がありました。

 

1つは給食への異物混入についてです。

スライサーの刃が欠けて、給食に混入

したというものです。

 

6年生の児童が食べる前に異物に気づき、

大事には至りませんでしたが、1年生なら

気付かずに口にして大きな事故に繋がった

可能性があります。

 

委託事業者の責任の重さや、教育委員会の

認識について、厳しい意見が多く上がりました。

 

次に、教育に関する事務の管理及び執行の

状況の点検及び評価についてでは、教員の

メンタルヘルスについて質問しました。

 

成果目標をストレスチェックを受けることと

希望者に医師の診断を受けさせることに

しており、それは100%の達成でしたが、

高ストレスの教員数について確認したところ

把握されていませんでした。

 

東須磨小学校の教員によるいじめが明らかに

なったところですが、大切なのはストレス

チエックを受けさせることでなく、それを

解決できる体制です。今後、成果目標について

改めて検討すると答弁されました。

 

午後から東播認知症連携協議会に、

加古川元気会として出席しました。

 

 

この度、いるか診療所が認知症疾患

センター(連携型)に指定されたという

報告がありました。

 

基幹型の認知症疾患医療センターは

加古川中央市民病院が指定されていますが、

より身近に対応できるセンターとして

診療所などが指定されるようになりました。

 

期待される役割は、アウトリーチ型診療や、

各市町村が実施する認知症初期集中支援事業と

連携することなどが挙げられます。


濃い時間でした

午前中は市長要望の最終確認。

ギリギリまで修正をしていました。

 

説明の前に、市長に政策提言及び

予算要望書を渡しました。

 

 

最初に「はじめに」を説明します。

昨日のブログに書いた通り、市の

独自性を高め、広めることを求めた

内容であることを伝えました。

 

 

それぞれの分野のテーマも会派の

思いを込めています。

 

福祉は「こどもが健やかに育ち、障がいの

ある人もない人も、『生涯』住み慣れた

地域で安心して心豊かに暮らせるまちを

目指して。」です。

 

環境は「持続可能な開発目標(SDGs)を

掲げ、環境保全、再生可能エネルギーの

拡大やごみ減量・リサイクルを推進する

循環型社会を目指して。」

 

安全・安心は「行政と市民との協働による

安全・安心のまちづくりを推進し、

『災害に強い』『犯罪のない』『交通事故のない』

まちづくりを目指して。」と、端的なメッセージに

しています。

 

市長、両副市長、幹部に会派の考えを

しっかり伝えられたと思います。

濃い時間でした。

 

夜は安心地域劇の練習。全体練習以外に

パート練習も実施。私は、デイサービスで

「もしバナゲーム」をするシーンに出ます。

 

出演するメンバーで、台本を作り直します。

なかなか面白いものが出来上がりそうです。

 

 

練習場はにしむらのデイサービスの2階。

入口には月替わりで工夫された飾りが

あります。今月はコスモスと赤とんぼ。

可愛らしいですね。

 

 

 


予算要望は

会派定例会。主には予算要望の

内容について改めて確認します。

 

 

予算要望は会派のカラーを

出します。「はじめに」で

会派の考え方を示しています。

 

 

加古川市はICTを活かしたまちづくりや

協同的探究学習など、他市にはない

独創的で先進的な取り組みを進めています。

 

今後市が進むべき道は、都市間競争の渦に

巻き込まれず、独自性を高め、広めること。

 

ほどよく都会でほどよく田舎、住むには

ちょうどいい街です。

 

麦秋の頃と秋の金色に輝く田園や、加古川に

掛かる橋と夕焼けの風景は本当に素晴らしいです。

 

 

橋は北から、加古川線トラス橋(国包鉄橋)、

上荘橋、池尻橋、水管橋、JR山陽本線

加古川鉄橋、加古川大橋、新幹線の鉄橋・・・

自慢できる風景です。

 

 

「暮らしやすいまち」「安全安心のまち」

「教育のまち」として、市民が誇りに思う

まちづくりを進めて頂くことを求めます。

 

明日最終チェックをして、市長に届けます。


1人に10人も

今日は上の孫の運動会。降水率50%の

予報でしたが、曇りから晴れになりました。

 

 

運動会には私の2人の妹夫婦、2人の娘と

2人の孫、孫の両親を入れて総勢10人、

1対10と大人数です。

 

最初の演技は「かえるのたいそう」。

ダンスのノリがいい孫は、一番前、

おどけた表情もなかなかいいです。

 

 

下の孫2人は運動会そっちのけで遊びます。

お寺の幼稚園、こどもたちにとっては

お堂も遊び場です。

 

 

来年から入園する孫、はりきってます。

 

 

バルーンや組体操、ポンポン、ガード、

鼓笛もありました。孫の世話で後半は

見られませんでした。

 

 

夜は曽根の秋祭りに。迫力満点でした。

 

 

 

 


初の決勝進出!

台風19号の被害が甚大です。

多くの方が犠牲になりました。

心からお見舞い申し上げます。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO50952990T11C19A0MM8000/

 

全車両の1/3が水に浸かった北陸新幹線、

ショッキングな映像でした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00000075-mai-soci

 

この辺りは大きな被害がなく、朝から

秋祭りの神輿の声が聞こえてきます。

 

下の孫は高砂、祭りが賑やかなところです。

法被姿が似合います。

 

 

私は日岡神社へ。崇敬会に入れて頂いて

いるので、ここでご祈祷を受けます。

 

 

勇壮なお神輿です。参道を進んでくる姿に

心が躍ります。

 

 

この後に頭人行列が続きます。

 

 

夜はテレビの前でラグビー観戦。

特に後半は力が入りました。

そして勝ち取った初の決勝進出!

素晴らしいです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20191013/k10012122681000.html?utm_int=all_contents_just-in_001


1都10県で大雨特別警報

今日の新聞折り込みに入っていた

「Kak�・」にお気付きになりましたが?

 

 

私は広告類をほとんど見ないので

スルーしていたのですが、神戸新聞

東播版を読んで探しました。

 

 

他の広告に紛れて少し探しにくかったです。

私たちの会派新聞も探しにくいと言われます。

他の広告と紙質や色合いが似ているのです。

多くの人に読んで頂くにはどうしたらいいでしょう。

 

「Kakō」は、加古川の「加古」と「描こう」を

合わせて名付けられたそうです。

「加古川の未来を描こう」というメッセージが

含まれています。

 

今回の特集は「くらす、みまもる」。

見守りカメラの設置台数は日本一、

見守りサービスも紹介されています。

 

 

ぜひ、読んで下さいね。

 

地域の田んぼは、台風19号に備えて、

早めに稲刈りを済まされていました。

 

 

 

この辺りは台風の影響はほとんど

ありませんでしたが、首都圏を直撃、一時は

1都10県に大雨特別警報が発令されました。

 

22時半過ぎに気象庁が発表したニュースは、

多摩川が世田谷区玉川で氾濫したとのこと。

 

また、23時のニュースでは、神奈川県の

城山ダムが30分前倒しして緊急放流をすると

報道がありました。

 

多くの方が不安で眠れない夜になると

思います。無事を祈ることしかできません。


痺れる試合展開でした!

今朝の神戸新聞東播版に掲載されたのは

安心地域劇の座長でした!嬉しいことです。

 

 

http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201910/0012779018.shtml

 

播磨の名品展が開催されている

ヤマトヤシキに行ってきました。

http://www.kobe-np.co.jp/news/odekake-plus/news/detail.shtml?news/odekake-plus/news/pickup/201910/12776315

 

時間がなくてゆっくり選べませんでしたが、

たつの市と言えば、お醤油や揖保乃糸。

菜もろみとヒガシマルのそばスープを

買いました。

 

 

来月のオープンを控えたスーパーホテル。

ガラス張りで開放的なイメージです。

 

 

夜は加古川中央ライオンズと清流

ライオンズクラブの合同例会でした。

 

 

 

阪神CSファイナル初勝利!

崖っぷちの中で、壮絶な

シーソーゲームを制しました!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000236-spnannex-base

 

大山選手のホームランも

すごいですが、何といっても

藤川選手!今夜も素晴らしかったです。

 

 

台風19号が接近中。家の中にいても

風の唸るような音が聞こえます。

どうか被害が出ませんように。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る