久しぶりのよってこカフェ

福祉環境常任委員会を傍聴。

福祉部からは、高齢者福祉施設

サービスの基盤整備と自殺対策

計画の説明がありました。

 

介護施設は順調に整備されていますが、

定期巡回・随時対応型訪問介護看護や

看護小規模多機能居宅介護などは

まだまだ不足しています。

 

委員から、介護人材確保の取り組み

強化を求めました。

 

環境部からはごみ処理広域化やごみ

減量の進捗状況などを確認しました。

 

市役所前のツツジ、奥は白いツツジが

咲き始めています。

 

 

鹿児の庭では八重桜が満開です。

 

 

 

夜は久しぶりの「よってこカフェ」。

安心できる地域ケアを考える会と

連携した活動です。

 

3年前の4月から多職種連携や地域

ネットワーク作りに取り組んでいます。

 

今夜の講演は、外林鍼灸接骨院の外林

先生から「肩こり腰痛のワンポイント

療法」でした。

 

 

自分でできるエクササイズや

ストレッチを教えて頂きました。

肩こりがスッキリしました。


勤務時間中は禁煙に

総務教育常任委員会でした。

終了は12時、活発な審議でした。

 

 

企画部からは「東市民病院跡地整備事業の

落札者について」と、「まちづくりオープン

ミーティングについて」です。

 

市長が説明するオープンミーティングは

市内全域で実施されます。

 

テーマは昨年と同様、新年度予算について

ですが、具体的なものに絞ってもらいたいと

意見を付けました。

 

教育委員会から「教育アクションプラン」

「児童クラブの運営」「有形文化財の指定」等、

盛り沢山でした。

 

総務部の所管事務調査は、当初予定されて

いなかった「庁舎敷地内禁煙の実施」に

ついて説明を求めました。

 

「健康増進法の一部を改正する法律」の

施行、兵庫県「受動喫煙の防止等に関する

条例」の改正に伴い、7月1日から官公庁の

庁舎について、敷地内禁煙になる予定です。

 

市役所敷地内の範囲は、鹿児の庭や市民

会館が含まれるとのこと。市職員さんは

事実上、勤務時間中禁煙になることも

確認しました。

 

市役所内における禁煙対策については

平成26年9月と平成29年12月に質問を

重ねています。

 

26年は「職員と市民を守る受動喫煙対策」

29年は対策の進捗状況や「執務時間中

喫煙禁止」についても質しました。

 

29年当時でも、加古川市職員の喫煙率は

13.8%、大半が喫煙していません。

 

当時の勤務中喫煙禁止自治体は、県内では

宝塚市、加西市、尼崎市で、神戸市は定めて

いませんが、庁舎内禁煙、周辺は路上喫煙

禁止区域で事実上勤務中は喫煙できません。

 

敷地内禁煙は播磨町が平成27年から実施、

ようやく加古川市で実施されることになり、

嬉しく思います。

 

午後から、会派報告会の練習でした。

まだまだ改善が必要です。

 

 

15時から認知症キャラバンメイトの

活動で、(株)オークラさんの新人

研修の一環で認知症サポーター養成

講座を行いました。

 

 

講義の紙資料はなく、全員がパソコン

画面を見ています。

 

 

本社では約30名、3つの支社ではテレビ

会議システムで講義を受けて頂きました。

 

 

講義の後はグループワーク。メンバーは

全員18歳、伊丹市出身の方や加西市から

通っている人もおられました。

 


気になる市長選の行方

統一地方選の後半戦が始まっています。

大変気になるのが姫路と芦屋の市長選。

http://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201904/0012242100.shtml

 

姫路は後継指名を受けた方と元副市長、

市内を真っ二つにしかねない状況に

なっているのではないでしょうか。

 

芦屋の候補者の一人は、何度か勉強会で

一緒にさせて頂いた方です。戦後初めて

女性による一騎打ちの選挙戦、本当に

気になります。

 

市議選、町議選も気になります。姫路は

定数47人に対して57人、明石は30人に

対して39人が立候補、厳しい戦いです。

 

女性候補者が増えています。お隣の

播磨町は、定数14人に対し、16人が

立候補、7人が女性です。ポスターが

出揃う前の写真です。

 

 

私は日頃から親交のある候補者のもとへ。

丁寧に活動を重ねられ、本当に尊敬できる

女性です。

 

 

女性の躍進と言えば、この人を抜きに

して語れません。東京大学名誉教授、

上野千鶴子さんの祝辞が話題になっています。

 

初めて上野さんを知ったのは20年程前、

福祉の仕事をしている頃に講演を聴いた

記憶があります。著書や新聞等に寄せられる

コラムもよく読んでいました。

 

最近では、去年取り組んだ安心地域劇

「おひとりさまでも大丈夫」の参考にと、

市職員さんからお借りした本です。

 

 

 

上野さんの祝辞の中で、テレビなどで

特に取り上げられているのは以下の部分です。

 

『貴方たちの頑張りを、どうぞ自分が

勝ち抜くためにだけ使わないで下さい。

(中略)恵まれない人々を助けるために

使って下さい。』

 

本当に素晴らしい言葉だと思いますが、

それ以外のメッセージもとても素敵です。

 

『女性学を生んだのはフェミニズムという

女性運動ですが、それは決して女も男の

ようにふるまいたいとか、弱者が強者に

なりたいという思想ではありません。

 

フェミニズムは弱者が弱者のままで

尊重されることを求める思想です』

 

そんな社会にしていくために、上野さんは

頑張って来られました。その続きを若い人に

託された、バトンタッチのような祝辞だと

感じました。

 


もしバナを加古川で

桜は終わりに近づいていますが、

市役所前では市花のツツジが

咲き始めました。鮮やかな色です。

 

 

午後から久しぶりにケアつうしんを

持って市内を回りました。行く先々で

可愛いもの、季節のものを撮らせて頂きました。

 

 

夜は安心地域劇のワーキング。

緩和ケア医が人物設定やあらすじを

考え、それを元に話し合いを進めました。

終了は21時半、形が見えた気がします。

 

 

今回のテーマは「人生会議」、

ACP(アドバンスケアプランニング)です。

 

人生の最終段階をどう生き、締めくくるか、

その人らしさを反映した終末期の医療や

生活についての話し合いのことです。

 

終末期の話し合いをするきっかけに

活用できる「もしバナゲーム」を

劇の中で取り入れます。

http://www.i-acp.org/game.html

 

終末期にどう過ごしたいかを考える、

35枚のカードから選んでいくのです。

1人でもグループでもできます。

 

終末期にどんなケアをしてほしいのか、

1人でする時は10枚を選びます。

私が選んだのはこれです。

 

 

「痛みがない」「呼吸が苦しくない」

「不安がない」「信頼できる主治医がいる」

「大切な人とお別れをする」・・・。

 

ペアでする場合は、私の意思決定の

代理人となる家族や大切な人と行います。

「もしバナゲーム」、加古川で広めます!


指揮者が歌い出して

姫路文化センターで開催された

ライオンズクラブ国際協会の

第65回地区年次大会に参加しました。

ステキな清流のメンバーです。

 

 

この地区は加古川から西部と北部、

クラブ数は60、会員は約2,000人です。

地区ガバナーのご挨拶です。

 

 

1年間取り組んで来られたことを

DVDで紹介、糖尿病予防活動の

取り組みでツーデーマーチに参加、

地区のライオンズメンバーが一斉に

歩き、啓発しました。

 

 

アトラクション1つ目は、姫路

ウインドアンサンブル。アンコールの

美空ひばりメドレーでは、指揮者が

歌い出して会場は大盛り上がりでした。

 

 

もう1つは姫路工業高校の演劇部に

よる寸劇「薬物乱用防止」です。

 

 

ライオンズクラブは「薬物乱用防止」

キャンペーンにも参加しています。

 

高校生の寸劇はとても素晴らしく、

わかりやすい内容でした。中学校などで

上演するといい啓発になると思いました。


法的に問題がないとしても

神戸新聞夕刊の記事に驚きました。

「奇策?選挙区入れ替わり」です。

http://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201904/0012238227.shtml

 

統一地方選前半の県議選で落選

した新人2人が後半の市議選に、

選挙区を移って立候補する意向です。

 

その2人が東京都に本部を置く政治

団体に所属していることが気になります。

 

同じ選挙区で続けての立候補は禁止、

別の選挙区であれば法律上問題は

ないということですが・・・。

詳しくは紙面をご覧下さいね。

 

 

今日は少し足を伸ばして花見三昧。

枝垂れ桜が見事でした。

 

 

こちらも綺麗です。

 

 

夜桜まで堪能しました。

明日は雨、見納めになりそうです。

 

 


面白いリンカーン伝を

今朝の教信寺の桜。寒い日が続いた

こともあって、まだまだ見頃です。

本当に見事です。ぜひどうぞ。

 

 

朝日新聞夕刊に掲載されている

『三谷幸喜のありふれた生活』を

毎週楽しみに読んでいます。

 

昨日の「リンカーン伝を面白く」も

面白かったです。

http://www.asahi.com/articles/DA3S13974709.html

 

伝記に描かれる人たちは、皆何かを

成し遂げた人。結末はどれも主人公が

大成するものばかりで、三谷少年は

物足りなく思っていたそうです。

 

伝記を読み物として面白くする方が、

こどもたちはリンカーンの人生に

より興味が湧いてくるはずだと様々な

エピソードを紹介されていました。

 

足がかなり大きかったこと、身長が

193僂發△辰燭海函⊆磴ず△魯譽好蕁

だったこと、自分の容姿に自信がなくて

顔を隠すために髭を生やしていた説・・・。

 

面白いことにこだわり続ける三谷監督。

「ギャラクシー街道」は理解不能でしたが、

自身も出演した「ステキな隠し撮り」は

監督の「地」ではないかと思いました。

こちらも観て下さいね。


こどもを不幸にする方法は

今日は孫の入園式へ。こども園まで

歩いて5分も掛かりません。

 

 

孫の通うこども園の歴史は姫路市で

一番古く、大正5年創立、平成28年に

100周年を迎えています。親鸞聖人の

お寺のこども園です。

 

4月生まれの孫は誕生日のプレゼントと

して冠を被せてもらいました。ふざけて

こんな表情です。婿のお母さんも一緒です。

 

 

入園式の後はお寺へお参り。

 

 

こども園の説明会で保護者会の役員に

なった娘は早速ママ友ができたようで、

こども同士も仲良しになったようです。

 

 

副園長先生から保護者に向けた言葉は

「こどもを一番不幸にする方法」。

それは、いつでも、何でも親がしてやる

ことだと言われました。

 

成長して問題がだんだん難しくなって

手に負えなくなってから、親が放り出すと

見捨てられたと思うようになります。

 

失敗しても、自分で考える、いつか社会に

送り出す、自立させるための子育てを一緒に

やっていきましょうとされました。

 

孫の健やかな成長を願います。


雨上がりの夜桜に

母校の野口小学校の入学式へ。

歴史ある小学校、私の父や、おそらく

祖父もこの小学校を卒業しています。

 

 

学校の沿革を見てみると、明治5年に

現在の野口町に3校が設置、明治6年に

野口村に2校が合併して野口小学校と

改称されたとありました。

 

明治6年は西暦1873年、今年は創立

146年となります。明治5年から数えると

後3年で150周年ということになります。

 

校歌は「加古のうまやの〜」から

始まります。野口には加古のうまや(駅)

山陽道最大の宿泊所がありました。

http://kako-navi.jp/media/92ed491b5af10a71913208707c0afef31.pdf

 

新一年生は141人、校長先生の式辞では

色とりどりのチューリップの鉢を演題に

置き、会場全員でチューリップの歌を

歌いました。

 

 

新入生にお祝いの言葉を掛けている

写真を頂きました。

 

 

それにしても今日は寒かったです。

http://tenki.jp/forecaster/deskpart/2019/04/10/4243.html

全国で季節外れの雪、県内でも降った

ところがあったようです。

 

そんな寒い夜でしたが、雨上がりの

夜桜を観に姫路城へ。こんなに桜が

似合うお城はないのではないでしょうか。

 

 


孔子とイチローの言葉を

母校である中部中学校の入学式。

門の前にある桜の花が見事です。

 

 

新入生は256人、久しぶりに7組に

なりました。校長先生の式辞は

論語の学而第一を引用されました。

 

「子曰く学びて時に之を習う・・

人知らずして慍みず亦君子ならずや」

 

学ぶ姿勢や、人の評価に一喜一憂せず

成すべきことに努めることは立派であると

説明された上で、今後のAI時代では、一人

ひとりが社会で根を張り、知恵を持つこと、

深い学びが必要だとされました。

 

 

PTA会長の祝辞はイチローの言葉を紹介。

「熱中できる、夢中になるものを見つければ

それに向かってエネルギーを注げる、

そういうものを見つけてほしい。

 

それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる

壁に向かっていくことができる。」と。

 

午後からは元気会へ。研修には間に合いません

でしたが、親しい人との会話は大切です。

 

 

会場は春の花で溢れています。

これはつぼみの状態のフリージア、

何とも可愛らしいです。

 

 

花たちの横には、ツバメも止まっています。

 

 

昨日オープンした障がい者支援センター

「おむすび」。新神野からリバティの前に

引っ越して来られました。

 

 

美味しいお弁当は定評があります。

全て手作り、季節の野菜がタップリで

470円です。ぜひどうぞ!

 

 

夕方は控室でアンケートの最終作業。

議場棟には素敵な生け花。ずっと

続けて下さることに感謝です。

 

 

お世話になっている方のお庭に咲く

大きな桜。明日は朝から強い雨風と

いう予報、これで見納めでしょうか。

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る