政治の世界にもPDCAを

午前中は会派定例会。

午後は東播懇話会に出席しました。

 

講師は、元三重県知事で早稲田大学

名誉教授の北川正恭氏です。

 

 

知事時代は、ゼロベースで事業を評価し

改革を進める「事業評価システム」や

情報公開を推進、また、政策の達成目標、

手段、財源を住民に約束する「マニフェスト」を

提言されました。

 

講演テーマは、「2018・地方に求められる

抜本的な構造改革」、「固定観念を破る」ことを

戦後73年の歴史を辿りながら説明されました。

 

終戦直後の総理大臣、吉田茂氏の判断は、

単独での日米安保条約。敵国と手を結ぶと

いう「固定観念」破る思い切った政策判断を

されました。

 

政治家は、その時代にあった使命があり、

現実に対応せざるを得ない宿命があると

言われました。

 

高度経済成長後、1995年の地方分権推進法、

2014年の地方創生法で、中央集権からの

脱却を目指しますが、まだまだ陳情に頼る

体質が自治体には残っています。

 

自治体が本気になって独自の政策を考え、

多様な事業者等と一緒に変えていくしか

ないと言われました。

 

そして、政治家の掲げる「マニフェスト」も

達成したかどうかをきちんと評価していく

PDCAサイクルが必要であるとされました。

 

議会棟入り口のツツジ、8分咲きでしょうか。

 

 

その後は、加古保護司会の総会に出席。

記念講演は神戸保護観察所の西岡純子氏から

「再犯防止について」でした。

 

 

今日も濃い一日でした。


2つの認知症カフェに

毎月第4日曜日に志方公民館で

開催される「あさがおカフェ」に

行ってきました。

 

 

志方公民館の喫茶は現在休止中なので、

今日はボランティアさんだけです。

以前の喫茶の方から教わって何度も

練習されたそうです。

 

 

来月から障がい者の就労事業所さんと

このボランティアさんの協働が始まります。

 

中心になって進められているのが、社協時代から

親しくさせて頂いている山崎さん。この方の

熱意に多くの方が心を動かされました。

 

 

今日は市長も来られていました。

 

 

毎月同じ日に開催されるのが野口の

「ノット」。元気会代表の吉田さんの

お庭をお借りしています。

 

 

今日のメニューは、やきそばとおにぎり、

お味噌汁。

 

 

折紙で作る菖蒲。教えて下さるのは、

私の中学校の恩師、鳥越先生です。

 

 

加古川を代表する2つの認知症カフェ。

どちらもボランティアさんの力が

すごいです。

 

その後は「みなの会」の総会。

場所は「やすむら」さんの

「もく和センター」です。

 

 

兵庫県産の木で作られた椅子やおもちゃ、

気持ちのいい空間です。

 

 

美しい女性は、臨床心理士の中村経子

(のりこ)さん。市内の中・高校で

スクールカウンセラーもされています。

今後、みなの会の活動にご協力頂きたいと

考えています。

 

こんなオブジェもありました。

手が込んでいます。

何時間でも過ごしたくなる場所です。

 

 


新緑の中で

今日は親しい人たちに誘って頂いて

太市にタケノコ掘りに出かけました。

 

 

新緑に包まれながら、地面から顔を出す

たくさんのタケノコ見つけると、思わず

歓声が上がります。

 

 

新緑の中で、吹く風が心地よく、美味しい

タケノコの天ぷらとバーベキューに

会話も弾みます。

 

ヤギリンゴさんのウクレレに合わせて

大合唱。初夏を満喫しました。

 

 

お世話下さった皆さま、有難うございました。

 

 

読売新聞夕刊の「シングルスタイル」。

第1、3、5週の土曜夕刊に掲載されます。

 

 

今日はマーケティング・アナリストの

三浦展(あつし)さん。著書には

「中高年シングルが日本を動かす」が

あります。

 

今後さらに増える中高年シングルの

消費が社会に影響を及ぼすと語ります。

 

なかなか面白いこのシリーズ。ぜひ、

お読みくださいね。シングルスタイル

1回目のことを書いたブログ、こちらもぜひ。

http://blog.kitanimari.com/?eid=2905

 

 


市議選説明会に37陣営

今朝の神戸新聞東播版の記事。

ふるさと納税返礼に今月からスタートした

「親孝行代行サービス」です。

http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201804/0011179581.shtml

 

1万円以上の寄付で、約2か月間に週2回の

ペースで見守り兼ねてごみ出しを請け負います。

 

「墓参り代行サービス」も追加され、

墓掃除や草引き、花の取り換えや

選考のお供えも代行するとありました。

 

市役所前のツツジ、紅白の対照が綺麗です。

例年より2週間くらい早いようです。

今日は半袖で過ごせる暑さでした。

 

 

午後からは6月17日告示の市議会議員

選挙立候補予定者説明会でした。

 

定数31人ですが、今日は37陣営が出席、

新人の方が12人来られたようです。

 

私の住む中学校区はこれまで私1人

でしたが、新人の方4人が立候補

予定者として出席されたようです。

 


せいりょう園で夏休みのこども預かり

福祉環境常任委員会でした。

 

市民部から、斎場の指定管理者の募集、

福祉部から、障害者自立支援協議会等、

環境部は、家庭からの剪定枝・草の分別

収集等の説明がありました。

 

障害者自立支援協議会に、障害者差別解消

地域支援協議会の機能が追加されます。

 

障がい者差別解消に関する事例などの情報

共有や、合理的配慮の普及・啓発などです。

 

協議会のメンバーには、これまでのメンバーに

加え、弁護士、中央市民病院、養護学校PTA、

人権擁護委員、商工会議所、神姫バス、民生・

児童委員さん等で構成されます。

 

また、専門部会も2部会から5部会に拡充、

基幹相談支援センターが事務局となり、

障害福祉サービス事業者との連携を深めて

いくとのことでした。

 

家庭からの剪定枝・草の分別収集は、

7月から開始、かんとびんの日の月2回、

12月~4月はかんの日のみの月1回で、

これによる減量効果は1,500~2,000tとの

ことでした。

 

 

午後からは議会改革検討会。一般質問の

時間や、議会選出の監査委員についての

審議でしたが、改選までに間に合わないため

継続して検討していくという結論になりました。

 

せいりょう園キッズクラブが夏休みに

始まります。夏休み中の8~17時(月〜金)

1日1,000円、半日は500円で利用できます。

 

 

保育士などの資格を持つ支援員さんとは

別に、ボランティアさんを募集中です。

未来を担う子供たちに、みなさまのお力を

お貸し下さいね。


JR日岡駅リニューアル計画

会派の折込が入った日に合わせたかのように

神戸新聞東播磨版にJR日岡駅リニューアル

計画の記事が掲載されました。

http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201804/0011172981.shtml

 

会派が要望して反映された予算として、

日岡駅の改修を入れています。

 

 

日岡駅のトイレの問題については、

利用される市民の方々から要望を

受けていました。

 

会派の松本裕之議員が、トイレを含めた

全面改修について一般質問で取り上げて

いたので、大きく前に進んだことは嬉しいです。

 

今日は、総務常任委員会を傍聴、人事異動があり

新しい体制でのスタートです。

 

主なものとしては、市長のオープンミーティング、

協働のまちづくり推進事業、ウェルネス施設の指定

管理の募集、教育アクションプラン、スポーツ推進

計画などです。

 

市長のオープンミーティングは、5月9日の

志方公民館を皮切りに、6月13日まで各公民館

(加古川は人権文化センター)で開催されます。

 

申し込み不要でどなたでも参加できます。

後日HPで公開されるので、最寄の公民館に

参加してくださいね。

 

午後からは、ICT活用事業の説明を聞き、

早速アプリをダウンロードしました。

http://www.city.kakogawa.lg.jp/soshikikarasagasu/kikakubu/jouhouseisakuka/kakogawa_app.html

 

安心・安全機能として、重要なお知らせが

届くことや、既存のスマイルメールに写真

投稿機能を追加しています。

 

また、かこバスが現在の位置を表示する

バスロケーションシステムがあり、バス停で

待つストレスの軽減になります。

 

 

見守り機能をONにすることで、見守りタグの

情報を検知することができ、見守りサービスの

ボランティアとして活動することもできます。

 

デジタル本棚は、広報かこがわや議会だより、

暮らしのガイド、防災マップ、介護保険

ガイドブックや総合計画等々、どこでも

すぐに閲覧できるのは便利です。

 

 

ぜひ、登録してくださいね!

 


在宅ひとり死は孤独死でない

午前中はケアつうしんを持って市内を

回ります。デイサービスの玄関で咲く

牡丹。手入れをしていないのに毎年

自然に咲いてくれるそうです。

 

 

立ち寄ったマックスバリュで見かけた

「ば・と・ん」。最近リニューアル

されたのでしょうか。よく目立ちます。

 

 

毎月15日頃に発行しているようです。

HPで写真を見ることができます。

ほとんどが無料、希望者引き取りです。

http://www.city.kakogawa.lg.jp/soshikikarasagasu/kankyobu/genryo/gomigenryokashisaku/batongenryo/1513736270710.html

 

今年の安心地域劇のテーマ

「おひとりさまでも大丈夫」の発案者から、

この本を貸して頂きました。この本を読んで

劇にできないかと思われたそうです。

 

 

「はじめに」から抜粋しますね。

 

「これから先、おひとりさまはますます

増える。こどもがいても遠くに住んでいたり、

超高齢化でこどもに先立たれる逆縁もある。

 

これまでの日本人の老後の幸せは、家族の

中の老後。こどものない老後ほど、みじめな

ものはない、と考えられてきました。

 

おひとりさまはの最期は病院か施設で、

在宅死は家族のいる人たちの特権と

思われてきましたが、おひとりさまにも

在宅で死ねる選択肢が登場してきたようです。

 

それを「在宅ひとり死」と呼んでいます。

たとえ血がつながらなくても周囲の人たちに

支えられていれば決して孤独死ではありません。

 

ひとりで生きてきたように、ひとりの暮らしの

場で死んでいく。・・・・」

 

著者の上野千鶴子氏は社会学者。福祉を学んだ

人なら、知らない人はないのではないでしょうか。

多くの人に読んで頂きたい本です。


会派新聞完成しました

毎週月曜日は会派定例会。18日からの

各常任委員会で審議される施策などの

共通認識を図ります。

 

その他、次回報告会の案内チラシの内容や、

議会改革検討会で審議する項目について

会派の考え方を整理しました。

 

午後、完成した会派新聞平成30年春号が

控室に届きました。

 

 

表は、予算や代表質問の内容、裏面は、

3月議会の一般質問や請願に対する会派の

意見、会派視察等を掲載しています。

 

政務活動費を使わせて頂くので、議会だよりに

掲載されない、会派の考え方を書いています。

(同じ内容であると二重の支出になるので)

 

18日に新聞に折り込まれるので、ぜひ

お読み下さいね。

 

市役所前のツツジ、赤はもう満開に近い

状態です。

 

 

小児期救急医療電話相談「♯8000」の

受付時間が今月から延長、深夜・早朝にも

対応可能になっていました。これまでは

午前0時まででした。

 

 

こどもの急な病気やけがに対し、医療機関で

受診する方がよいかを尋ねる電話相談です。

安心に繋がりますね。


90歳を超えてもなお

毎月第3日曜日は尾上朝市。

タコや海苔、赤飯、野菜、お菓子、

焼きそばなどが並べられます。

 

タコ売り場には大漁旗がひらめいています。

 

 

わかば学園さんのクッキーは素朴でとても

美味しいです。手作り味噌も大好きですが、

今日は販売していませんでした。

 

わかば学園さんといえば、今日の神戸新聞の

東播版「きらりひと巡り」に久保田先生が

大きく掲載されていました。

 

 

現在93歳、初めてお会いしたのは20年程前、

わかば学園に通う、弱視で知的障がいのある

男性の支援会議で、情報交換をさせて頂きました。

 

男性はひとり暮らし、週に2回訪問介護を利用、

掃除や調理を支援していました。

 

わかば学園には、毎月ケアつうしんを届けており、

その男性をお見掛けするたび、安心した気持ちに

なります。

 

半年ほど前でしょうか、久保田先生が入院された時は

本当に心配しましたが、今もご健在で、新たな施設の

構想を持っておられます。本当に頭が下がります。

 

 

岡田本家さんの春の蔵開きに行ってきました。

ふるまい酒を頂きました。

 

 

美味しそうなお店も並んでいました。

 

 

新たなギュッとメシも登場。中華の点心?

シャーピン(餡餅)を頂きました。

 

モチモチの皮に、具がタップリ入っていて、

半分くらい食べたら梨ソースで味を変えます。

とても美味しく頂きました。

 

帰り道に見つけた藤の花、例年より早い気がします。

 

 


なんだか気になる人になろう

多くの犠牲があった熊本地震から2年、

県内では今も3万8千人以上の人が

仮住まいでの生活を続けられています。

 

一日も早い復興を願うことと、同時に

教訓を生かさなければなりません。

 

災害に強いまちとは、自分の命を守るための

一人一人の備えと、地域で顔の見える関係作りの

大切さに気づく人を増やすことです。

 

午後からは、県民局で開催された平成29年度

東播磨地域づくり活動応援事業「報告会」に

出席しました。

 

報告は5団体、トップバッターは播磨町の

団体で「ロコモ撲滅大作戦」。

 

 

兵庫大学と連携した取り組みの他、東播磨

全域で講習会などを実施、参加者は2千人

近くに達し、活発に展開されていました。

 

健康やまちづくりの他、文化・芸術・スポーツ、

環境保全、子供の健全育成など様々です。

 

鶴林寺を舞台にした「光とアートフェスタ」は、

こどもたちが創作活動に親しめる機会と、芸術に

関心を持って頂くために、まち全体を美術館に

見立てて巡る楽しさを提供する団体の取り組み。

 

 

私が所属する「安心できる地域ケアを考える会」

「元気会」もこの助成を受けています。元気会が

助成を受けて作成した冊子「介護の知恵袋」です。

 

 

交流会の講師は、「あそびの工房もくもく屋

事務局長コミュニケーションデザイナー」の

田川雅規氏。

 

 

講演テーマは『レレレのおじさん流

「なんだか気になる人になろう」』です。

講演と言っても、大半が遊びです。

 

遊びながら、いつも見ている景色とは

違った見方ができるようにすることや、

活動がマンネリにならないための工夫を

楽しく体験しました。

 

『レレレのおじさん流』とは、天才バカボンの

キャラクターの一人である「レレレのおじさん」が、

なぜいつも掃除をしているのだろうと気になる、

色んな想像を掻き立てられる人になろうという

ことだと思います。

 

ちなみに、「レレレのおじさん」は電気屋さんの社長、

こどもが25人(五つ子が五組)、こどもが多いので

箒で履くようにこどもを動かしていたそうです。

 

夜は、地域の総会に出席しました。

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

上に戻る